選抜高校野球 ドラフト候補大阪桐蔭 高山優希投手の活躍を予想

毎年、ドラフト会議では多くの高校生がプロからの指名を受けています。

中には大学生、社会人といった即戦力を押しのけて、

ドラフト1位指名されるほどの逸材もいます。

3月に行われる選抜高校野球では、

ドラフト1位指名候補という高い評価もある

強豪大阪桐蔭高校・高山優希投手が出場します。

なぜ!?

高山優希投手はスカウトから熱い視線を注がれているのか、

そしてどんな活躍を見せるのか、迫ってみましょう。

生年月日 :1998年5月17日
 出身地  :大阪府大阪市
 身長   :180cm
 体重   :70kg
 投打   :左投げ/左打ち
 ポジション:投手
 高校   :大阪桐蔭(大阪)

スポンサーリンク
アドバンク大

大阪桐蔭 高山投手がプロのスカウトに注目された訳?出身中学校?身長?球種、球速は?

今やプロスカウトの注目を集める存在になった高山優希投手は、

大阪市出身で、お母さんはフィリピン人のハーフ投手。

城陽中学校時代はボーイズリーグである大阪東ボーイズに所属していました。

中学3年のときには、あの野茂英雄さんが総監督を務めている

NOMOベースボールクラブの日本代表にも選ばれ、アメリカにも遠征したほど。

それほどまでに中学時代からその高い素質はプロも認めるほどだったのです。
高山優希投手は、今や高校球界では最強ともされる大阪桐蔭高校に進学し、
ベンチ入りするだけでも大変なライバル争いの中、
1年生のときからベンチメンバーに選ばれ、秋には試合にも登板するほど。

強豪校のエースとしての階段を上り、

2年秋には背番号1をつけるまでになりました。

そんな高山優希投手の最大の魅力はMAX150キロのストレート。

左腕からこのスピードを繰り出す投手はプロにもそうはいません。

180センチのすらっとした長身投手だけに、

その剛速球には角度もあり、

高校生ではなかなかはじき返すことは出来ないでしょう。

この速球にスライダー、カーブ、フォークを操り、

緩急をつけながら相手を抑えていくピッチングスタイルもまた魅力です。

大阪桐蔭 高山優希 甲子園での活躍を予想!

選抜高校野球は気候が温暖な春に行われるとあって、

良い投手がいるチームは有利だとされています。

打線も活発で、しかもMAX150キロ左腕の高山優希投手がいる…

それだけでも優勝候補であることは間違いありません。

高山優希投手自身は抜群のコントロールがあるわけではありません。

しかし、ストレートに自信があり、変化球を上手く交えながら、

相手になかなか連打を許さない粘りのピッチングが持ち味です。

ランナーを出しても粘ることが出来るかどうか、

そして自慢のストレートがより唸りを上げて、

キャッチャーのミットに収めることが出来るか…

これらが出来れば、センバツの舞台でも十分に活躍できるでしょう。

まとめ

プロ野球の世界でも150キロに届くストレートが

投げ込める左腕は数少ないのが現状です。

つまり、プロでも持っていない特徴を持っているだけに、

プロスカウトからの注目も高くなります。

どの球団も左腕がほしいという気持ちは強いもの。

選抜高校野球の舞台で150キロに届くストレートが飛び出すか、

その投球に注目です!

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク