プロ野球埼玉西武ライオンズの助っ人外国人 新加入バース・マーティン・ 2016シーズン活躍を予想!

プロ野球埼玉西武ライオンズの助っ人外国人 新加入バース・マーティン・ 2016シーズン活躍を予想!2015年シーズンは3位とわずか2ゲーム差で

4位に終わってしまった埼玉西武

巻き返しのためにオフには、わずか2勝に終わったルブラン投手、

4試合の登板で防御率14.73という成績だったミゲル投手、

そして33試合で打率.183という低打率に終わったセラテリ内野手

を自由契約としました。

一方、中継ぎで34試合に登板したバスケス投手と

過去2年で61本塁打と打線の中核を担うメヒア内野手の2選手が残留に、

2016年シーズンに向けて新たに2人の助っ人を確認しました。

埼玉西武の新助っ人の活躍期待度をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

アンディ・バンヘッケン投手(36歳)

20160217-00000022-spnannex-000-0-view
出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/

2016シーズン活躍度 C

アンディ・バンヘッケンのプロフィール
  ポジション:投手
  年齢:36歳
  利き腕:左投げ右打ち
  身長:193cm
  体重:90kg
  韓国プロ野球2015シーズン
  32試合 196.2回 防御率3.62 15勝8敗 奪三振193

昨季、規定投球回数をクリアしたのは十亀投手のみというほど、

先発投手陣が故障や不振で、苦しいやり繰りを強いられた埼玉西武にあって、

先発補強は急務でした。

そんな中で先発として期待でき、しかも左腕であるのがアンディ・バンヘッケン投手です。
バンヘッケン投手は2012年から昨季まで韓国プロ野球のネクセン・ヒーローズで

プレーし、2014年には20勝をマークして最多勝にも輝くなど、

4年間で58勝を挙げました。

193センチの長身投手で140キロ中盤のストレートに

スプリットやカーブといった変化球を持っています。

韓国時代は奪三振率が非常に高いというデータが残っていますが、

しぶとい打者が多いだけに、なかなか三振を奪いまくるというのは難しいかもしれません。

ストレートもけして速いわけではないだけに、

技巧的な投球が出来るかがカギを握りそうです。

C.C.Lee(李振晶)投手(29歳)

201511232152497c2
出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/

2016シーズン活躍度 B

C.C.Lee(李振晶)のプロフィール
 ポジション:投手
 年齢:28歳
 利き腕:右投げ右打ち
 身長:180cm
 体重:86kg
 メジャー通算 47試合 34.0回 防御率4.50 奪三振33

台湾出身のC.C.Lee(シーシーリー)投手は

昨季、米大リーグのインディアンスで2試合に登板しました。

3Aでは48試合に登板し4勝3敗5セーブの成績を残しました。

C.C.Lee投手の武器は何といってもサイドスローから

最速156キロというストレートと決め球のスライダーです。

このスライダーで次々と三振を奪ってきた実績があります。

グイグイと押していくピッチングが持ち味で、

クローザーかセットアッパーとして期待できるでしょう。

ただ日本でプレーするなら、

もう少し緩急とコントロールがほしいところ。

またサイドハンドだけに、

右打者には手強い相手となりそうですが、

左打者に対しても持ち味が出せるかがポイントとなりそうです。


まとめ

先発投手がほしい埼玉西武にあってバンヘッケン投手が

果たして機能するかどうかは、チームの成績にも大きく左右してきそうです。

打線は強さを感じるだけに、2016年は投手を2人補強しました。

投手力を高めて、Aクラス、

そして優勝を狙えるラインまで底上げを図りたいところでしょう。

助っ人投手がその力になれるかもカギを握ることでしょう。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク