巨人ドラフト1位 立命大・桜井俊貴(さくらい としき)身長、体重、家族、生い立ちなど 2016シーズン活躍を予想!  

巨人ドラフト1位 立命大・桜井俊貴(さくらい としき)身長、体重、家族、生い立ちなど 2016シーズン活躍を予想!  2015_draft_sakurai_toshiki-1
出典:http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/

桜井 俊貴(さくらい としき)
ポジション     投手
生年月日     1993年10月21日
身長/体重     181cm/82kg
投打     右右
所属     北須磨高-立命館大
侍ジャパン選出歴     2014U-21

スポンサーリンク
アドバンク大

桜井 俊貴(さくらい としき)選手のプロフィール(身長、体重、家族、生い立ちなど)

20160229-00000107-nksports-000-2-view
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/
巨人の期待の新人である桜井俊貴(さくらい としき)投手は、

兵庫県神戸市出身で、ご両親とお姉さんの4人家族という環境で育ちました。

身長181cm、体重82kgという恵まれた体型の持ち主ですが、

お父さんも身長180cmあるそうで、体型は親譲りのようです。

小学4年のときから野球を始め、中学時代は軟式野球部に所属していました。

兵庫県下では進学校として知られる北須磨高校のエースとして、

抜群のコントロールと、完投できるスタミナでプロスカウトからも注目を集めていました。

立命館大学時代の成績は?(実績、注目された訳)

立命館大学に進学した桜井俊貴(さくらい としき)投手は

1年次からその力を発揮します。

同じリーグに所属する京都大学を相手に初勝利をいきなり初完封で達成します。

いきなり1年秋のシーズンで4勝負けなしという素晴らしい投球を繰り広げたのです。

その成果が認められ、2年次には早くも立命館大学のエースになりました。

高校時代から注目された完投能力の高さは、

2年春の関西学院大学との試合で15イニングを投げて、

実に227球を投げたことで証明されました。

3年の春のシーズンでは4つの完投勝利を含む6勝をマークし、

4年の春は5勝1敗、秋には何と7勝負けなし。

巨人の2016年ドラフト1位指名を受けた直後の明治神宮大会では

東北の強豪・東北福祉大学を相手に何と18奪三振という、

18年ぶりに大会タイ記録に並ぶ記録を作りました。

このように桜井俊貴(さくらい としき)投手はMAX150キロのストレートは

もちろんのこと、カーブ、スライダー、チェンジアップと緩急を自在に、

しかもコントロール良く決めてくる技巧派投手と言えるでしょう。

それでいて完投能力もあります。

その点が即戦力の先発候補として活躍できるのではないかと注目されたと言えるでしょう。

桜井 俊貴(さくらい としき)投手の2016年の活躍予想

巨人の戦力は非常に分厚いものの、

先発投手陣に関しては不確定要素が多いのも事実です。

確かに実績のある投手は多くいますが、故障などにより、

果たしてシーズンを投げ切れるだけの能力があるかどうかは微妙…

そんな投手も多いのです。

そこでドラ1・桜井 俊貴(さくらい としき)投手にかかる期待は大きなものとなっています。

抜群のコントロールとスタミナ。

ストレートの最速は150キロですが、

それでも緩急を自在に操って打者を抑える実戦的な投球ができるという点で、

十分に即戦力として計算できる存在になるのではないでしょうか。

速球とコントロール、さらに完投能力を兼ね備えているだけに、

1年目から10勝出来る可能性も秘めており、

新人王のダークホースと言ってもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク