東京ヤクルトドラフト1位 東洋大・原樹理(はら じゅり) 身長、体重、家族、生い立ちなど 2016シーズン活躍を予想!  

2015_draft_hara_juri
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

原 樹理(はら じゅり)
ポジション 投手
生年月日 1993年7月19日
身長/体重 180cm/75kg
投打 右右
所属 東洋大姫路高-東洋大

スポンサーリンク
アドバンク大

原樹理(はら じゅり)選手のプロフィール(身長、体重、家族、生い立ちなど)

swa16030105010001-p1
出典:http://www.sanspo.com/

2016年の各球団のドラ1ルーキーたちの中で最も即戦力として

期待できるのではないかと前評判が高い東京ヤクルト原樹理(はら じゅり)投手。

兵庫県加古川市出身で、ご両親と3兄弟の5人家族で、原投手自身は末っ子です。

一番上のお兄さんは玲奈さん、2番目のお兄さんが理恵(ちさと)さんと、

一見すると女性の名前と勘違いしてしまいそう。

お父さんはなんと80歳で、

声楽家。野球にはまったく縁がなかったものの、

原樹理(はら じゅり)投手の投げる球が速かったことから、

一緒に野球を学んだそうです。

自身は小学1年のときから野球を始め、

中学では軟式野球をし、地元の強豪・東洋大姫路高校に入学し、

1年の秋には先発投手としてマウンドに上がり、

いきなり完投勝利もマーク。

その後、完投能力のあるチームのエースとして、

年の夏には甲子園にも出場し、

ベスト8まで進出した実績もあります。

身長180センチ、体重75キロとすらっとした、

それでいて即戦力らしい恵まれた体型の投手です。

東洋大学時代の成績は?(実績、注目された訳)

東都大学リーグに所属する東洋大学に進学した原樹理(はら じゅり)投手は

入学早々の春のリーグ戦でいきなり初登板を果たします。

惜しくも1年目は1勝に終わり、

東洋大学もリーグ2部に陥落してしまいますが、

それでも2年では開幕投手を務め、

早くもチームの中心投手となりました。

プロスカウトから一際注目を集めるようになったのは4年のときで、

春のリーグ戦では2部ながら8勝1敗、

さらに秋も6勝3敗と、

抜群の安定感と他を寄せ付けない投球でチームの大黒柱となりました。

ややスリークオーター気味の投球フォームで、

ストレートは最速148キロ。

カットボールにスライダー、フォークなど変化球も多彩で

技巧的な投球が持ち味です。

何と言っても、大学時代に巨人2軍を相手に9回を投げ抜き、

打たせて取る投球で凡打の山を築いたピッチング…

たとえ2軍とはいえプロを相手に、手玉に取るような投球で、

一気にプロスカウトの注目の的となり、ドラ1候補に上り詰めたのです。

原樹理(はら じゅり)選手の2016年活躍予想

昨季、セリーグを制覇した東京ヤクルトですが、

投手陣には課題があります。

先発投手陣もベテランが多い中で、

若手の台頭が連覇のカギの一つとなるのは間違いありません。

すると、やはり原樹理(はら じゅり)投手はクローズアップされる存在であり、

1年目から先発の一角に加わってくる可能性は十分にあります。

けして速球派ではなく技巧派の投手だけに、

緩急を上手く使い、よりコントロールを高められれば、

十分に10勝も視野に入ってくるのではないでしょうか。

東都大学リーグでは2部が中心だった点は懸念されますが、

新人王も十分に可能性がある投手です。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク