木更津総合VS.大阪桐蔭の見どころ・勝敗予想・試合結果 2016選抜高校野球 2回戦好カード

木更津総合VS.大阪桐蔭の見どころ・勝敗予想・試合結果 2016選抜高校野球 2回戦好カード2016選抜高校野球 大会7日目の3月26日(土)2回戦 第3試合14:00

試合結果 大阪桐蔭(大阪) 1 – 4 木更津総合(千葉)

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
木更津総合 0 0 4 0 0 0 0 0 0 4 8 1
大阪桐蔭 1 0 0 0 0 0 0 0 X 1 5 1

木更津総合は1点を追う3回表、1死満塁から小池の2点適時打が飛び出し、逆転に成功。続く鳥海、山下も適時打を放ち、この回さらに2点を追加した。投げては、先発・早川が9回1失点の快投。敗れた大阪桐蔭は、中盤以降に好機をつくれず、ベスト8入りはならなかった。

2016選抜高校野球 日程決定・試合結果はこちら

以下、試合前の見どころ・分析記事です。

昨年の秋季地方大会、優勝校同士の対決となった木更津総合VS.大阪桐蔭。

1回戦、木更津総合は2年連続の初戦突破!

大阪桐蔭はエース・高山投手が8回無失点、打線は12安打9得点で快勝!

昨年の明治神宮大会で対戦した時は大阪桐蔭が勝利しています。

木更津総合は昨年の雪辱を果たせるか!?

スポンサーリンク
アドバンク大

木更津総合(千葉)の1回戦 戦評 注目の選手

2年連続3度目の出場となった木更津総合高

1回戦の相手は春の選抜では初出場の札幌第一高でした。

4回までは札幌第一・上出拓真投手、木更津総合早川隆久投手の投げあいで

スコアボードにはゼロが並びます。

5回表、早川投手自身が内野安打を放ち、

犠牲フライで先制のホームを踏みました。

さらに6回には2、3塁のチャンスで早川投手が2点タイムリーヒット。

早川投手は投げては球威のある130キロ台中盤のストレートを軸に、

最終回に2点を奪われましたが、

それでも最後まで粘り強く投げぬきました。

早川投手の力強い投球もさることながら、

自分自身の投球を自分自身の打撃で援護し、

投打にわたり大活躍を見せ、2年連続で2回戦進出を決めました。

2回戦でも左腕から繰り出す球威あるストレートが

チームの勝利を左右することになるでしょう。

1回戦 札幌第一(北海道) vs. 木更津総合(千葉)の結果

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
木更津総合 0 0 0 0 1 1 2 0 0 5 9 0
札幌第一 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 6 2
 早川隆久投手
 9回 打者38 投球数130 被安打6 被本塁打0 奪三振10 与四死球7 失点2 

 チーム打撃成績
 打数32 得点5 安打9 打点4 三振11 四球6 犠打3 盗塁3 失策0 本塁打0

注目の2選手

木更津総合・早川隆久投手
左投左打 178センチ72キロ

木更津総合・峯村貴希選手
右投左打 184センチ75キロ

大阪桐蔭(大阪)の1回戦 戦評 注目の選手

今や高校野球界では抜擢の強さと安定感がある大阪桐蔭高

2年連続8回目の出場となった今大会でも優勝候補の筆頭に挙げられていますが、

1回戦の高知・土佐高との試合からいきなりそれにふさわしい強さを見せ付けました。

大阪桐蔭高のエースで、最速150キロのストレートが

プロ野球からも注目されている左腕の高山優希投手は、

これから度重なる登板があることを想定してか、

球速は130キロ中盤までと抑え気味だったものの、

ピンチらしいピンチは2回の1死満塁くらいで、

打線の援護を受けて8回無失点のピッチングを繰り広げました。

打線も3回に3番・吉沢一翔選手

5番・古寺宏輝選手にタイムリーが飛び出し3点を先制すると、

その後もチャンスを次々と活かし、土佐高を突き放しました。

さすがの試合運びで完勝した大阪桐蔭高

やはり優勝候補にふさわしい戦いを見せました。

1回戦 大阪桐蔭(大阪) vs. 土佐(高知)の結果

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
土佐 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3
大阪桐蔭 0 0 3 0 0 2 2 2 X 9 12 1
 高山優希投手
 8回 打者29 投球数126 被安打2 被本塁打0 奪三振8 与四死球4 失点0 

 チーム打撃成績
 打数34 得点9 安打12 打点7 三振4 四球5 犠打2 盗塁1 失策1 本塁打0

注目の3選手

大阪桐蔭・高山優希投手
左投左打 180センチ70キロ

大阪桐蔭・徳山壮磨投手
右投右打 181センチ69キロ

大阪桐蔭・古寺宏輝選手
右投右打 176センチ76キロ

木更津総合VS.大阪桐蔭の見どころ

木更津総合高大阪桐蔭高も、左腕エース同士の投げあいになることでしょう。

木更津総合高早川投手は勝利を目指し、思い切り投げ込み、

球威のある力強い投球を見せました。

その一方、大阪桐蔭高高山投手は初戦ということもあってか、

感触を確かめるような投球。

その投球は速球派のイメージからは遠いものでした。

この両校の左腕エース同士の戦いが最大の注目となることは間違いありません。

2回戦となり、高山投手が徐々に本来の剛速球を取り戻してくれば、

木更津総合打線もなかなか得点を奪うのが難しくなります。

木更津総合高としては序盤のうちに、ワンチャンスをモノにしておきたいところ。

大阪桐蔭高は持ち前の強力打線があるだけに、

1回戦同様に徐々に得点を積み重ねたいところでしょう。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク