織田信成 テレビ 出過ぎな理由とは?スケート現役時代の成績は?

織田信成は仕事を選ばないのか!?

織田信成
出典:http://news.livedoor.com/

元フィギュアスケート選手で、2010年のバンクーバー冬季五輪にも出場した織田信成

フィギュアスケートの選手としては2013年に引退し、

その後は解説者、スポーツコメンテーターとしてだけでなく、

バラエティ番組やCMなどで見かけることも多くなってきました。

2015年にはあるカラオケ関連の企業のCMで、

頭にまるでちょんまげのようにマイクをつけ、

ポニーにまたがっているというシーンが放送されました。

もちろん、これはご先祖様とされている織田信長を意識してのものではありますが、

その姿格好、さらには表情が非常に個性的で、インパクトのあるものでした。

OYSOUNDの新CMでちょんまげ姿を初披露
出典:http://news.biglobe.ne.jp/

このように多岐にわたるテレビ出演を見ていると、

織田信成は仕事を選ばないのか…と思われることもあるようです。

しかし、家族思いの織田信成。

2人のお子さんもいるというパパでもあります。家族のために、

少しでも稼ごうと、出来るだけ仕事を断らずに頑張っているのでしょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

織田信成は愛されキャラ?!身長、体重、性格は?

織田信長の末裔としても知られている織田信成

過去にはフィギュアスケートでオリンピックにも出場しているとあって、

きっと背が高いのではないか…というイメージが強いかもしれませんが、

実は身長164cm、体重は52キロと非常に小柄なのです。

織田信成は最近ではスポーツコメンテーターだけでなく、

バラエティー番組でも引っ張りだこですが、人気が出たのは何と言っても、

「涙もろさ」にあります。

私生活でも、奥様が美味しいご飯を作ってくれていることに感動し、

お風呂で泣いたというエピソードも。

ソチ五輪では高橋大輔選手の演技に感動し、

テレビ中継中であるにもかかわらず、大号泣したことも記憶に新しいところ。

「鳴かぬなら、泣きに泣きます、ホトトギス」という句を読み上げるほど涙もろく、

しかも、顔をくしゃくしゃして号泣する表情は非常に個性的でもあります。

優しさにあふれるその正確こそ、今や「愛されキャラ」となった理由なのでしょう。

スピード違反で捕まった織田信成を検挙した警察官の名字が「明智」さん!?

学生時代に日本史の授業で誰もが習った「本能寺の変」。

1582年、謀反を起こした明智光秀が、

京都の本能寺に宿泊していた織田信長を襲撃した事件ではありますが、

謎である部分も多いとされています。

ところで、そんな織田信長の末裔である、

信長から数えれば17代目の子孫である織田信成ですが、

かつてスピード違反で検挙されたことが話題になったこともありました。

その後、ツイッター上で「織田信成を検挙した警察官が『明智』だった」

という噂が広がったのです。

これが本当ならばまるで現代版の「本能寺の変」のような感じですが、

あくまでもツイッター上で浮かんだ話であり、

その信憑性に関しては疑わしいところがあるのが本当のところのようです。

あまりにも「出来すぎた話」で、もし本当ならロマンを感じさせる話でもありますが、

「実は警察官の名前は『渡辺』さんだった」だの、

様々な憶測が飛び交っているようで、どれも都市伝説に過ぎないというのが正解でしょう。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク