落合博満GM解任はあるのか?オレ流は失敗?

選手時代は華やかな成績ばかりが並ぶ落合博満選手。

そして引退後は中日を常勝軍団に導いた手腕が光りました。

しかしその後、中日のGMに就任してからというもの、チームは低迷続きで、解任、そして落合博満の代名詞である「オレ流」は失敗…そういった言葉が踊るようになりました。

果たしてそれらの言葉は本当なのか、迫ってみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

名選手・名監督からGMへ。その手腕はどうだったのか?

落合博満GM

落合 博満(おちあい ひろみつ)

生年月日 1953年12月9日(62歳)
出身地 秋田県南秋田郡若美町
身長 178cm
体重 80kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り 東芝府中〜1978年 ドラフト3位

2013年10月9日から中日の新GMとなった落合博満CM。

就任直後の落合博満GMは、選手の高騰した年俸に対してメスを入れ、チーム全体として大幅な年俸の節減を果たしたことが話題となりました。

球団の経営を考えても、無駄な人件費は節約しなければならない…

その点では、実際の成績を考えた上で査定を下す手法は、チームに波紋を広げただけでなく、経営面の健全化につながりました。

就任1年目の大減俸政策

選手 成績 前年 年俸
吉見一起 1勝4敗 2億9000万 →1億7400万
和田一浩 率.275本18 3億3000万 →2億5000万
荒木雅博 率.222本0 1億7000万 →1億0200万
浅尾拓也 2勝3敗1s 2億2000万 →1億6500万

しかし、その一方で選手のモチベーションを低下させることにもつながりました。

また、ドラフト会議の席上では、当初の予定とは違う選手を鶴の一声で指名し現場が本当に必要としている人材を獲得しようとしなかったことで、現場との意見の食い違いが生まれただけでなく、あくまでも「オレ流」を貫いたことで、現場の要望よりも自分自身の方針を押し通したのです。

しかしながら落合博満GMの監督時代の手腕は卓越したものでした。

8年間の監督生活の中で、中日を4度の優勝!

徹底した練習とぶれない采配で一度もBクラスに転落したことなく、安定した強さを発揮しました。

落合博満監督 中日時代

落合博満監督成績

セ順位 試合数 勝率 貯金
1位(2004年)※ 138 79 56 3 .585 23
2位(2005年) 146 79 66 1 .545 13
1位(2006年) 146 87 54 5 .617 33
2位(2007年)※ 144 78 64 2 .549 14
3位(2008年) 144 71 68 5 .511 3
2位(2009年) 144 81 62 1 .566 19
1位(2010年)※ 144 79 62 3 .560 17
1位(2011年) 144 75 59 10 .560 16
通算:8年 1150 629 491 30 .562 138

※日本シリーズ制覇

しかし、落合世代の選手たちが高齢化し引退していくことで、GMとして世代交代を上手く推し進めることができず、低迷の要因を作ってしまいました。

監督としては優れた手腕を発揮しましたが、GMとしては「オレ流」を押し通した結果、チームは低迷のどん底に沈ませてしまったのです。

GM解任は濃厚か?

落合博満GMが誕生したのは2013年10月。

しかし、監督時代には現場でその手腕をいかんなく発揮した反面で、GMに就任してからと言うもの、チームはBクラスが続いています。

落合博満GM後の成績

順位 試合数 勝率 貯金
4位(2014年) 144 67 73 4 .479 -6
5位(2015年) 143 62 77 4 .446 -15
6位(2016年)9/26 141 58 80 3 .420 -22
通算:3年 428 187 230 11 .448 -43

今季は中日球団としては節目である80周年の年であったにもかかわらず、チームは最下位という位置にいるのが現状です。

GMに就任してもなお「オレ流」を貫く落合博満GM。

しかしそのやり方に現場は不満を持ち、谷繁監督との確執も深まったと言われています。

谷繁元信 監督

谷繁 元信(たにしげ もとのぶ)

生年月日 1970年12月21日(45歳)
出身地 広島県比婆郡東城町
身長 176cm
体重 81kg
ポジション 捕手
投打 右投右打
プロ入り 江の川高〜1988年 ドラフト1位

中日・谷繁監督、事実上の解任 落合GMの意中の人は
「最低4年は考えてます」2013年10月、落合博満氏の中日ドラゴンズGM就任と谷繁元信捕手の兼任監督就任が決まった。その会見の席上で、谷繁監督の契約年数を問われた落合GMはこう応じていたのだが、その言は反故にされた。8月9日、中日は谷繁監督の休養を発表した。
「事実上の解任です。チーム史上初となる“4年連続Bクラス”の危険性が高まり、責任を被されました」と大手紙デスクが語る。「就任当初は両者の関係は良好だったんです。亀裂が入ったのは、14年のドラフト。谷繁監督の要望が無視され、GMの独断で指名選手が決められたのです」このとき谷繁が要望したのは、山崎康晃(現DeNA)と高木勇人(現巨人)の両投手とされる。いずれも敵チームの主力として活躍中だが、翻って中日が獲得した選手はパッとしない。「さらに15年のオフ、FA権を取得していた西武・炭谷銀仁朗捕手の獲得に失敗したことも、溝を深める一因となりました。谷繁は、炭谷に来てもらって監督業に重きを置きたかったのですが、落合GMは獲得に乗り気ではなかった」そんな二人の関係が修復不可能になったのが、今季のコーチ人事である。
「監督が招聘した波留コーチが二軍に降格し、腹心の佐伯二軍監督がクビになりかけた。監督の反発でクビは回避されたのですが……」佐伯に与えられたのは“守備コーチ”という、他球団では聞いたこともない屈辱的な窓際ポストだった。「今季のコーチ陣は“落合派”で固められ、監督は思うような采配が振れなかった。そもそも谷繁が監督専任になったのは今季から。たった数カ月で見限るというのはどう見てもおかしい」後任は、小笠原道大二軍監督の昇格が有力。意外にも中日の二軍は、ウエスタン・リーグでソフトバンクと優勝争いの真っ最中だ。「現役時、巨人に棄てられた小笠原を拾ったのが落合GM。もちろんゴリゴリの“落合派”です。佐伯コーチも退団が決まり、“反落合派”は一掃されました」
最後に、3年前に話を戻そう。就任会見で落合GMはこうも語っていた。「(GMは)監督以上に責任は重い」人はこれを「ブーメラン」と呼ぶ。

引用:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/

結果的にチームの成績不振を理由にシーズン途中で監督退任に追い込まれ比較的関係が良好とされる監督時代の参謀役・森繁和コーチに監督代行を任せることとなりました。

森繁和

森 繁和(もり しげかず)

生年月日 1954年11月18日(61歳)
出身地 千葉県長生郡一宮町
身長 181cm
体重 81kg
ポジション 投手
投打 右投右打
プロ入り 住友金属〜1978年 ドラフト1位

しかしチームを時間が経過するにつれて、その状態が悪くなり今季はついに最下位の座が見えてきました。

球団内からも、2017年の年明け早々に切れるGMとしての契約を更新しないとする向きが強くなっているようです。

GM就任後も、チームとして結果が出ていないだけにそれも当然の話でしょう。

しかしその一方で球団としては功労者であり、監督としての手腕は認められているだけに、将来的に監督として復帰する可能性はけして否定は出来ません。

または他の球団内部の要職に就く可能性もあるでしょう。

ただしGMに関しては、目下の成績を見ても解任が濃厚なのではないでしょうか。

スラッガー落合博満の現役時代

年度別打撃成績

1978年 (25歳) ドラフト3位 契約金2700万円

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 年俸
1979年(26)ロッテ 36 .234 7 2 1 360万
1980年(27) 57 .283 32 15 1 360万
1981年(28) 127 .326 90 33 6 540万
1982年(29) 128 .325 99 32 8 1600万
1983年(30) 119 .332 75 25 6 5400万
1984年(31) 129 .314 94 33 8 5940万
1985年(32) 130 .367 146 52 5 5940万
1986年(33) 123 .360 116 50 5 9700万
1987年(34)中日 125 .331 85 28 1 1億3000万
1988年(35) 130 .293 95 32 3 1億3000万
1989年(36) 130 .321 116 40 4 1億3000万
1990年(37) 131 .290 102 34 3 1億6500万
1991年(38) 112 .340 91 37 4 2億2000万
1992年(39) 116 .292 71 22 2 3億0000万
1993年(40) 119 .285 65 17 1 2億5000万
1994年(41)巨人 129 .280 68 15 0 3億8000万
1995年(42) 117 .311 65 17 1 3億8000万
1996年(43) 106 .301 86 21 3 3億8000万
1997年(44)日ハム 113 .262 43 3 3 3億0000万
1998年(45) 59 .235 18 2 0 3億0000万
プロ通算:20年 2236 .311 1564 510 65

落合博満選手は長嶋茂雄氏に憧れを抱く反面で、先輩・後輩の上下関係といった野球部ならではの風習を嫌い、当時は高校野球でも無名だった秋田工業高校を選択しました。

高校を選ぶ段階で、すでに「オレ流」が出来上がっていたと感じさせるエピソードです。

その「オレ流」は社会人になってからも続き、東洋大学に進学するも、下級生が上級生のタバコを火をつけるという行為に嫌気が差し、大学を中退。

東芝府中の臨時工員として働きながら、親会社の東芝府中の野球部に所属していました。

そのときの打撃が注目され、ドラフト3位でロッテに入団するのです。

落合博満 現役 ロッテ時代

プロになっても、あくまでも自分自身のスタイルを貫きました。

コーチの助言も、自分にプラスになるものだけを参考にしながら、自分が着になる先輩のフォームを真似ながら、その打撃を磨いていきました。

その結果、入団からわずか4年目の1982年に史上最年少の三冠王に輝いたのです。

1985年には自身が前回三冠王を記録した成績を上回る打率.367、52本塁打、146打点という成績で2度目の三冠王、翌86年も史上初3度目の三冠王を樹立!

歴代三冠王

年度 選手 球団 打率 本塁打 打点
1938年 中島 治康 巨人 .361 10 38 最多安打・長打率
1965年 野村 克也 南海 .320 42 110 最多得点・最多安打 他
1973年 王 貞治 巨人 .355 51 114 最多得点・最多安打 他
1974年 王 貞治 巨人 .332 49 107 最多得点・最多塁打 他
1982年 落合 博満 ロッテ .325 32 99 最多安打・最多塁打 他
1984年 ブーマー 阪急 .355 37 130 最多安打・最多塁打 他
1985年 バース 阪神 .350 54 134 最多安打・最多塁打 他
1985年 落合 博満 ロッテ .367 52 146 最多塁打・長打率 他
1986年 バース 阪神 .389 47 109 最多塁打・長打率 他
1986年 落合 博満 ロッテ .360 50 116 出塁率・長打率 他
2004年 松中 信彦 ダイエー .358 44 120 最多得点・最多塁打 他

落合博満 現役 中日時代

1986年オフにトレードで中日に移籍し、打点王2回、本塁打王2回とタイトルを獲得し、1993年オフに巨人へFA移籍。

そして1997年には日本ハムでプレーしました。

落合博満 現役 巨人時代

選手としては超一流の成績を残してきた落合博満選手。

内角球の芸術的なさばき方には定評があり、それが数多くの本塁打を生み出すことにつながりました。

独特な神主打法から繰り出されるヒットメーカーであり、スラッガーでもあったのです。

まとめ

落合GMの成否はどうか…と言われれば、現状ではその成果は出ていないと言わざるを得ません。

なんせ、GM就任後に獲得した選手たちは1軍で結果を残していないのですから。

しかも即戦力が中心となれば、そのことをとがめられても仕方がありません。

その結果から解任のウワサは耐えません。

確かにすぐに結果が出るものではありません。

「オレ流」は選手、監督しては成功でも、GMとしては通用しないと見る向きもあります。

GMとして3年が経過しただけに、解任となるか続投となるか注目です。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク