侍ジャパン監督小久保裕紀の経歴は?

侍ジャパン監督小久保裕紀の経歴は?2013年10月、野球日本代表・侍ジャパンの監督として小久保裕紀監督が誕生しました。

監督はおろか、コーチなどの指導者としても経験もなかったものの、それでも日本代表の監督に選ばれたのはなぜでしょうか?

小久保裕紀監督の経歴から振り返るとともに、その素質に迫ってみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

小久保裕紀の性格・現役時代の経歴

侍ジャパン・小久保監督

小久保 裕紀(こくぼ ひろき)

生年月日 1971年10月8日(44歳)
出身地 和歌山県和歌山市
身長 182cm
体重 87kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り 青山学院大〜1993年 ドラフト2位(逆指名)

小久保裕紀監督は1971年10月8日、和歌山県出身の44歳。

日本代表監督としては非常に若い青年監督です。

侍ジャパン歴代監督

名前 出場 当時年齢 成績
王 貞治 WBC2006 65 優勝 5勝3敗
原 辰徳 WBC2009 50 優勝 7勝2敗
山本 浩二 WBC2013 66 ベスト4 5勝2敗
小久保 裕紀 44

高校は、甲子園春夏合わせて4回の出場を誇る和歌山県・星林高等学校。

小久保裕紀監督自身の甲子園経験は、ありません。

東都の青山学院大学に進学し1993年には小久保裕紀監督が主将となり、初の大学野球日本一に貢献。

1992年開催のバルセロナ五輪にも大学生では唯一、バルセロナ五輪の日本代表に選出され、2本塁打を記録し銅メダルを獲得に貢献。

侍ジャパン・小久保監督バルセロナ五輪出場

青山学院大打撃成績

 試合数 打率 本塁打 打点
40試合 .291 8 23

青山学院大在籍時の1993年のドラフト2位で、当時の福岡ダイエーに入団しました。

1993年 ドラフト

1位 渡辺 秀一 投手 神奈川大学
2位 小久 保裕紀 内野手 青山学院大学
3位 吉本 一義 投手 大阪経済法科大学
4位 吉武 真太郎 投手 国東高
5位 澤田 剛 投手 函館有斗高

その後2004年には巨人に無償トレードで移籍し、2007年からは福岡ソフトバンクに復帰し、2012年まで18年間にわたってプレーしました。

プロ2年目の1995年には早くも28本塁打で本塁打王を獲得。

1997年には打点王も獲得し「ミスターホークス」の愛称で多くのファンから親しまれました。

ダイエー小久保

年度別打撃成績

1993年 (22歳) ドラフト2位(逆指名) 契約金1億6000万円

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 年俸
1994年(23)ダイエー 78 .215 20 6 2 1200万
1995年(24) 130 .286 76 28 14 1500万
1996年(25) 126 .247 82 24 7 5000万
1997年(26) 135 .302 114 36 4 5000万
1998年(27) 17 .225 11 2 0 9500万
1999年(28) 130 .234 77 24 4 8000万
2000年(29) 125 .288 105 31 5 7600万
2001年(30) 138 .290 123 44 6 1億8000万
2002年(31) 136 .292 89 32 8 2億4000万
2003年(32) 2億1000万
2004年(33)巨人 125 .314 96 41 0 2億1000万
2005年(34) 142 .281 87 34 1 2億4000万
2006年(35) 88 .256 55 19 1 3億0000万
2007年(36)Sバンク 124 .277 82 25 2 3億0000万
2008年(37) 106 .253 56 20 1 3億0000万
2009年(38) 144 .266 81 18 2 3億0000万
2010年(39) 112 .279 68 15 1 3億0000万
2011年(40) 98 .269 48 10 0 3億0000万
2012年(41) 103 .239 34 4 0 3億0000万
プロ通算:18年 2057 .273 1304 413 58

そんな小久保裕紀監督は、現役時代から強いリーダーシップがあり、野球に対しては非常に真面目でストイックであると言われていまた。

小久保 裕紀リーダー・主将

チームメイトからも慕われ、2006年には移籍先の巨人でも主将を務めたほどでした。

巨人小久保 裕紀

歴代巨人主将

選手 年齢 期間
13代 長嶋 茂雄 35 1971
14代 王 貞治 32 1972〜1975
15代 柴田 勲 32 1976
16代 吉村 禎章 35 1998
17代 小久保 裕紀 35 2006
18代 阿部 慎之助 28 2007〜2014
19代 坂本 勇人 25 2015〜

2004年に巨人へ無償トレードで移籍した際は、当時ダイエーのチームメイトから不満や怒りが噴出するだけでなく、チームの優勝旅行ですら選手がボイコットするほど。

小久保 裕紀無償トレード
▲小久保裕紀選手のトレードを発表するダイエーの中内正オーナー

それくらい、小久保裕紀監督は多くの選手から厚い信頼を得ていたのです。

「小久保移籍」のニュースはダイエーナインにも大きな傷跡を残した。この日、主砲を無償で巨人に放出するという前代未聞のトレードを伝え聞いた選手たちには驚きと怒りを隠せなかった。
選手会長の松中は、球団の対応に「ふざけるなと言いたい」と怒り心頭の様子だった。優勝パレード翌日に選手間に走った衝撃は、球団に対する不満の声として一気に噴出した。

野球に関してはとにかく練習の虫で、選手の中でもとりわけ早く球場入りし、最後の最後まで練習に明け暮れていました。

その練習の成果が、プロ通算413本塁打という生涯成績にも現れているのです。

妻(奥さん)と子供(息子・娘)の年齢・職業?

小久保 裕紀

小久保裕紀監督は現在独身です。

しかし、かつてはない結婚していました。

1995年に結婚した奥さんとの間に一男一女をもうけましたが、2009年に離婚し、2人のお子さんは奥さんが引き取りました。

実は、離婚した原因は小久保裕紀監督自身の不倫にあったとされています。

当時、女子アナと不倫していましたが、その後も何かと女性とのウワサはあるようです。

立花麻理
▲噂のお相手TVQ九州放送のアナウンサー立花麻理さん。

現在、独身だけに、女性との交際は問題ありませんが、何かと女性のウワサが多いだけに、再婚に至ることもあるかもしれません。

指導者としての素質は?

小久保裕紀監督は侍ジャパンの監督に就任して、丸3年となりました。

就任当時は監督・指導者の経験もないままに、いきなり大役を任されたわけですが、それはプロ野球界から絶大な信頼を得ていること、そして多くの選手からの人望も厚いということが大きな理由だったのでしょう。

侍ジャパン・小久保監督

侍ジャパンの采配に関しては、とりわけ投手起用に関して、「なぜそこで好投している投手を交代させるんだ」と批判を浴びたこともありました。

確かに野手出身の選手だけに、投手の起用に関しては難しい側面もあったかもしれませんが、交代させる投手も信頼して送り出していると強く強調するほど、選手との信頼関係が出来ていたのでしょう。

采配に関しては批判を浴びることはあっても、選手との信頼関係が出来ているという点では、監督として有能と言えるかもしれません。

2015 WBSCプレミア12

順位 試合数 得点 失点
3位 8 7 1 51 18

就任3年を過ぎたこともあって、そろそろ采配面での能力があるかどうかが見えてくる時期でもあるでしょう。

2017年には、ワールド・ベースボール・クラシックも控えているので是非頑張って頂きたいですね!

まとめ

若き代表監督である小久保裕紀監督。

41歳で侍ジャパンの代表監督に就任するくらいですから、よほどプロ野球界では人望が厚いのでしょう。

それは現役時代からもうかがい知ることができます。

その人望の厚さ、そして選手との信頼関係の充実ぶりが、めったに一堂に会することがない日本代表メンバーの心を1つにすることが出来るのでしょう!

それが可能な監督となると、やはり小久保裕紀監督しかいないのかもしれません。

采配面で新境地を見せることが出来れば、侍ジャパンはチームとして飛躍することが出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク