パ新人王最有力候補の茂木栄五郎とはどんな選手?

パリーグの新人王争いが混沌とする中で、最有力候補とも言われているのが東北楽天・茂木栄五郎選手です。

1年目から1軍のショートのレギュラーとして活躍している茂木選手ですが、果たしてどのような選手なのでしょうか。

そして野手では18年ぶりとなるパ新人王は獲得できるのかを探ってみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

茂木栄五郎とはどんな選手・経歴は?

茂木栄五郎

茂木 栄五郎(もぎ えいごろう)

生年月日 1994年2月14日(22歳)
出身地 東京都小金井市
身長 171cm
体重 75kg
ポジション 内野手
投打 右投左打
プロ入り 早稲田大〜2015年 ドラフト3位

選手は1994年2月14日、バレンタインデー生まれ。

東京都小金井市出身です。

小学校1年のときに地元のリトルリーグに参加したことが野球との出会いとなりました。

その後、中学に進学してもシニアリーグに所属しこの頃、左打者に転向しました。

神奈川の名門・桐蔭学園高校に進学。

強豪校の野球部に所属し、1年の秋からサードのレギュラーをつかんだ茂木選手ですが、激戦の神奈川県だけに、甲子園出場へはあと一歩及びませんでした。

茂木栄五郎高校時代

高校を卒業し、早稲田大に進学した茂木選手。

いきなり1年目の春のリーグ戦でチームの優勝に貢献するだけでなく、いきなりベストナインも受賞しました。

茂木栄五郎大学時代

順風満帆の大学生活かと思いきや、2年の秋、元々持病だった不整脈のために、ドクターストップがかかり、手術を受けることになったのです。

しかし、その甲斐があって、3年の春のリーグからは復帰し、秋には驚異の打率.514で首位打者も獲得しました。

4年次には全日本大学野球では打率.615など驚異の成績で、チームを優勝に導き、MVPも獲得しました。

早稲田大学打撃成績

 試合数 打数 安打 本塁打 打点 四死球 盗塁 打率
79試合 277 85 10 58 12 .307

茂木栄五郎選手は、けして恵まれた体格ではありません。

身長は171cmと、プロ野球では非常に小柄なタイプ。

しかし50m6秒と俊足で、打撃には確実性があり、病気から復活を遂げるだけの精神力もある…そういったところがプロから注目されたのでしょう。

昨年のドラフト会議で東北楽天の3位指名を受け、入団に至りました。

茂木栄五郎ドラフト

2015年 ドラフト

1位 オコエ瑠偉 外野手 関東第一高
2位 吉持 亮汰 内野手 大阪商業大
3位 茂木 栄五郎 内野手 早稲田大
4位 堀内 謙伍 捕手 静岡高
5位 石橋 良太 投手 Honda
6位 足立祐一 捕手 奈良・高田商業高
7位 村林 一輝 捕手 パナソニック

新人1年目の今季活躍はどうだった?

大学時代まではサードを守る機会が多かった茂木選手ですが、プロに入ってから俊足を活かしてショートが守備の中心となりました。

ルーキーでありながら、キャンプ、オープン戦で結果を残し、いきなり開幕戦から6番・ショートでスタメン出場を果たしました。

茂木栄五郎

東北楽天でのルーキー野手のスタメン出場は史上初の快挙でした。

開幕から1ヶ月ほどは、打率も2割3分前後と、けして打撃で持ち味を発揮したという感じではありませんでした。

6月にはセカンドに盗塁したランナーと交錯し、相手のスパイクが右手に直撃し、裂傷を負うという思わぬアクシデントで1軍を離れた時期もありました。

しかし、1ヵ月後には1軍に復帰し、持ち味の打撃を1軍でも発揮できるようになり、打率も2割8分前後まで上昇してきました。

年度別打撃成績

2007年 (21歳) ドラフト3位 契約金6000万円

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 年俸
2016年(22) 113 .280 38 7 11 1200万

2016.10.01

パワーよりも巧打が持ち味の茂木選手。

8月下旬までに放った本塁打は1本だけでしたが、8月25日にはランニングホームランという、俊足の茂木選手ならではの2号ホームランを放つと、9月19日にもシーズン2本目のランニングホームランを放ちました。

茂木栄五郎 ランニングホームラン

1シーズンに2本以上のランニングホームランは、1992年、巨人・川相昌弘選手以来、24年ぶりのことで、しかも新人選手となると史上初の記録となりました。

川相昌弘

川相 昌弘(かわい まさひろ)

生年月日 1964年9月27日(52歳)
出身地 岡山県岡山市南区
身長 176cm
体重 74kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り 岡山南高〜1982年 ドラフト4位

最多ランニングホームラン記録

木塚 忠助(南海〜近鉄) 5本
杉山 悟(中日) 5本

また3塁打も7本放っており、いかにも俊足巧打の選手らしい打者であり、チームへの貢献度も非常に高いと言えるでしょう。

ゆくゆくはヤクルトの主軸で「小さな大打者」と呼ばれた若松勉氏のような選手になるのではないかと期待されます。

若松 勉(わかまつ つとむ)

若松 ヤクルト
▲ ヤクルト監督時代(1999年-2005年)

生年月日 1947年4月17日(69歳)
出身地 北海道留萌市
身長 168cm
体重 76kg
ポジション 外野手
投打 右投左打
プロ入り 1970年 ドラフト3位
プロ通算:19年 試2062 率.319 本220 点884 盗151

新人王は確定的?

新人王の資格

・海外のプロ野球リーグに参加した経験がない選手
・初めて支配下登録を受けてから5年以内の選手
・前年までの出場が・・・30イニング以内(投手)/60打席以内(野手)

現時点でパリーグ新人王が有力視されている茂木選手。

規定打席にも到達しており、打率も2割8分を超えています。

茂木栄五郎 ランニングホームラン

2本のランニングホームランを放つなどインパクトの面でも十分、新人王に値する成績であるといって良いでしょう。

しかし、確定的かといえばそんなことはありません。

北海道日本ハムの高梨裕稔投手が最大のライバルとなります。

高梨裕稔投手

高梨投手はシーズン中盤以降は先発に回り、自身初の二桁勝利をマークしました。

しかも、北海道日本ハムは4年ぶりのパリーグ制覇を達成しており、大逆転優勝に大きく貢献しました。

茂木選手にとって、高梨投手は新人王レースの手強いライバルとなるでしょう。

ただ、高梨投手は3年目の選手であるため、その点では茂木選手に優位に働くかもしれません。

パ・リーグ新人王最有力候補

選手 球団 ポジション  成績
茂木 栄五郎 楽天 内野 率.280 試113 安115 本7 点38 盗11
高梨 裕稔 日本ハム 投手 防2.38 登37 10勝2敗1H 投109.2 振86

2016.10.01

パリーグでは1998年の西武・小関竜也選手以来、ルーキーでは1997年のロッテ・小坂誠選手以来となる野手の新人王になれるか注目です。

過去10年 パ・リーグ歴代新人王

年度 選手 球団 ポジション  成績
2015 有原 航平 日本ハム 投手 防4.79 登12 8勝6敗 投72.2 振74
2014 石川  歩 ロッテ 投手 防3.43 登25 10勝8敗 投160.0 振111
2013 則本 昂大 楽天 投手 防3.34 登27 15勝8敗 投170.0 振134
2012 益田 直也 ロッテ 投手 防2.76 登68 2勝3敗33s9H 投60.2 振66
2011 牧田 和久 西武 投手 防2.61 登55 5勝7敗22s1H 投127.2 振86
2010 榊原  諒 日本ハム 投手 防2.63 登39 10勝1敗6H 投72.0 振54
2009 摂津  正 ソフトバンク 投手 防1.47 登70 5勝2敗34H 投79.2 振102
2008 小松  聖 オリックス 投手 防2.51 登36 15勝3敗3H 投172.1 振151
2007 田中 将大 楽天 投手 防3.82 登28 11勝7敗 投186.1 振196
2006 八木 智也 日本ハム 投手 防2.48 登26 12勝8敗 投170.2 振108

まとめ

パリーグでは実に18年ぶりの野手の新人王になれるか注目される茂木栄五郎選手。

野手は獲得が難しいとされる新人王ですが、ルーキーながら見事にプロ野球の世界に適応しました。

将来は小さな大打者を目指して、東北楽天を引っ張っていく存在となることでしょう。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク