中日・井領雅貴!2017年に活躍が期待出来る若手野手の経歴は?

中日・井領雅貴!2017年に活躍が期待出来る若手野手の経歴は?即戦力の期待を受けて入団した中日・井領雅貴選手。

しかし過去2年間はまだその期待に沿うような結果を残せていません。

今シーズン、ファンからの期待も高い井領選手はブレイクできるか、過去の経歴とともに注目してみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

井領雅貴選手の経歴・生い立ち

井領雅貴選手は1989年11月4日生まれ、千葉県四街道市出身です。

なんと今時珍しい6人兄弟で、しかもお母さんは新聞販売店で昼夜を問わず働きながら、その上、家事をこなし女手ひとつで育てあげました。

だからこそ井領選手は家族のために早く稼ぎたいという思いが強かったようです。

そんな井領選手はお兄さんの影響で5歳から野球を始めました。

小学校時代はソフトボールに、そして中学からはシニアリーグに入りました。

井領 雅貴(いりょう まさたか) -中日ドラゴンズ (2015 – )

井領雅貴(中日ドラゴンズ)

生年月日 1989年11月4日(歳)
出身地 千葉県四街道市
身長 173cm
体重 84kg
ポジション 外野手
投打 右投左打
プロ入り JX-ENEOS〜2014年 中日ドラフト6位
2016年成績 試13 率.194(31打6安打)本1 点1 盗0

桐蔭学園高校時代 – ( 2005 – 2008 )

高校は神奈川県の強豪、桐蔭学園高校に進学。

井領雅貴(桐蔭学園)

1年春にはベンチ入りし、その後レギュラーの座をつかみました。

巧みなバッティングコントロールとツボにはまれば長打もある打撃で、2年の頃にはチームの4番を務めるようになりました。

3年夏の甲子園は、県大会5回戦敗退。

県大会4強、関東2回戦が最高成績で甲子園出場実績はありません。

第89回選手権神奈川大会 (2007年)

回戦 対戦校 勝敗
一回戦 生田 6-1
二回戦 藤沢西 10-1
三回戦 横須賀総合 19-0
四回戦 保土ケ谷 15-1
五回戦 慶応 4-6

井領雅貴(桐蔭学園)

桐蔭学園井領 雅貴選手 特大アーチ再現ならず涙
四回の特大アーチの再現を期待された飛球は、フェンス手前でもうひと伸びできず、中堅手のグラブに吸い込まれた。「まだ5回戦。ここで負けたくなかった」。桐蔭学園の最後の打者になった井領雅貴選手(三年)は、一塁ベースを回ったところで崩れ落ち、人目もはばからずに泣いた。甲子園を目指す精鋭をそろえた桐蔭の中でも、井領選手のスイングスピードは群を抜く。0-3の劣勢で向かった四回、カウント0-3からの内角球を振り抜いた打球は右翼席場外へ消えた。「監督のサインは『待て』だったが、自分が何かを変えたくて思い切りいった」。井領選手の一発が口火になり、桐蔭はこの回一挙4得点。試合をひっくり返した。「あそこまでは良かったのに…」とうめくと、また涙。「あの後、いつでも打てるみたいな雰囲気になって、ボール球に手を出して凡退ばかり。自分でつかんだ流れを自分で手放した気がする」土田恵三郎監督は「君は最後まで、あきらめずにやってくれた」と、うなだれるチームリーダーの背中をたたいて労をねぎらった。

JX-ENEOS – ( 2008 – 2015 )

その打撃力はプロからも注目されましたが、プロ志望届は出さず、社会人JX-ENEOSに入社。

7年間にわたる長い社会人経験を積みます。

井領雅貴(JX-ENEOS)

その中でも5年目以降は打線の中心としてチームを引っ張り、随所で1発もあるパワーを見せつけます。

外野守備では強肩もアピールし、2年連続で社会人ベストナインにも選出。

井領雅貴(JX-ENEOS)

JX-ENEOS時代 打撃成績

年度 試合 打率 安打 本塁打 打点 三振 四球 出塁率
08~14 30 .287 101/29 4 17 11 10 .351

またアジア大会の日本代表メンバーに選ばれた経験もあります。

井領雅貴(日本代表)

国際大会 打撃成績

年度 試合 打率 安打 本塁打 打点 三振 四球 出塁率
13~14 17 .313 48/15 0 12 4 4 .365

3拍子揃った野球センスに豊富な経験が評価されて、2014年のドラフト会議で中日が6位指名し、入団したのです。

ドラフト会議 – ( 2015 – 2015 )

井領雅貴(ドラフト)
▲ 契約金4,000万円、年俸1,000万円、背番号は26。

ドラフト指名選手 – ( 中日ドラゴンズ )

2014中日ドラフト会議

1位 野村 亮介 投手 三菱日立パワーシステムズ横浜
2位 浜田 智博 投手 九州産業大学
3位 友永 翔太 外野手 日本通運
4位 石川 駿 内野手 JX-ENEOS
5位 加藤 匠馬 捕手 青山学院大学
6位 井領 雅貴 外野手 JX-ENEOS
7位 遠藤 一星 内野手 東京ガス
6位 山本 雅士 投手 徳島インディゴソックス
7位 金子 丈 投手 大阪商業大学

プロ入り後は?

即戦力と期待されて入団した井領選手ですが、2年目のシーズンを終え、まだ1軍では戦力となっていない状況が続いています。

井領雅貴(中日ドラゴンズ)

ルーキーイヤー – ( 2015 – 2015 )

1年目はわずか9試合の出場にとどまり7打数ノーヒット。

井領雅貴(中日ドラゴンズ)

年度別打撃成績 -2015年

2014年(25歳) 中日ドラフト6位 契約金4000円

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2015年(26) 9 .000(7打数0安打) 0 0 1 0 3 1000万

ウエスタン・リーグ撃成績 -2015年

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 出塁率
2015年(26) 78 .270(241打数65安打) 19 1 0 10 31 .321

入団2年目 – ( 2016 )

2年目は出場試合数をわずかに伸ばしたものの13試合にとどまりました。

井領雅貴(中日ドラゴンズ)

プロ初本塁打をマークしたものの、打率は1割9分4厘と自慢の打撃でアピールできていません。

年度別打撃成績 -2016年

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2016年(27) 13 .194(31打数6安打) 1 1 0 0 7 1000万
NPB通算:2年 24 .158(38打数6安打) 1 1 1 0 10 1000万

ウエスタン・リーグ撃成績 -2016年

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 出塁率
2015年(26) 45 .242(124打数30安打) 17 1 1 0 23 .288

過去2年はプロの壁を乗り越えられなくて苦しんでいるといった状況です。

昨シーズンは2軍でも打率2割4分2厘と、けして満足な数字を残すことはできませんでした。

しかしその中でも2塁打、3塁打を多く放っており、俊足と長打力という潜在能力を随所に見せています。

井領雅貴(中日ドラゴンズ)

左でパワーがあるという点では若手の頃の森野選手やまた高橋周平選手といったようなタイプと言えるかもしれません。

2017年は覚醒に期待出来る?

即戦力で入団しながら、2年間、特に1軍で目立った結果を残すことができなかった井領選手。

しかし中日の打撃投手に聞けば、今季の飛躍が非常に楽しみで、覚醒できる選手ナンバーワンとされています。

打撃投手が選ぶ2017年に活躍しそうな若手野手ランキング!!

社会人JX-ENEOSの選手としてプレイしていた時も、1年目、2年目は苦しみましたが、5年目以降で花が開き、プロへの道も開きました。

井領雅貴(JX-ENEOS)

けしてスタートダッシュがいいわけではありませんが、コツコツと努力を積み重ね伸びていくタイプの選手なのでしょう。

そのためには、ライバルを押しのけていく必要があります。

中日はチームに残留を決めた選手、平田良介選手というレギュラーを担う選手がいます。

大島 洋平(おおしま ようへい) -中日ドラゴンズ (2010 – )

中日FA大島洋平

生年月日 1985年11月9日(歳)
出身地 愛知県名古屋市緑区
身長 176cm
体重 74kg
ポジション 外野手
投打 左投左打
プロ入り 日本生命〜2009年 ドラフト5位

平田 良介(ひらた りょうすけ) -中日ドラゴンズ (2006 – )

中日平田良介

生年月日 1988年3月23日(歳)
出身地 大阪府大阪市城東区
身長 177cm
体重 90kg
ポジション 外野手
投打 右投右打
プロ入り 大阪桐蔭〜2005年 高校生ドラフト1巡目

またシーズン終盤は4番に座った福田選手や藤井選手もいます。

福田 永将(ふくだ のぶまさ)-中日ドラゴンズ (2007 – )

福田永将(中日ドラゴンズ)

生年月日 1988年7月23日(歳)
出身地 神奈川県横浜市青葉区
身長 181cm
体重 80kg
ポジション 内野手、外野手
投打 右投右打
プロ入り 横浜高〜2006年 中日高校生ドラフト3巡目
2016年成績 試89(三塁:37/外野:27) 率.267(270打72安打)本10 点37 盗0

藤井 淳志(ふじい あつし)-中日ドラゴンズ (2006 – )

藤井 淳志(ふじい あつし)中日

生年月日 1981年5月20日(歳)
出身地 愛知県豊橋市
身長 182cm
体重 81kg
ポジション 外野手
投打 右投両打
プロ入り NTT西日本〜2005年 中日大学生・社会人ドラフト3巡目
2016年成績 試87(外野:56) 率.216(167打36安打)本3 点19 盗0

中日の主力選手が多く揃っている外野だけに、ライバルが立ちはだかる壁はけして簡単には乗り越えられません。

しかし、3拍子揃ったその野球センスを試合でも活かせるようになれば、覚醒の期待は十分出来るでしょう。

井領雅貴(中日ドラゴンズ)

中日ドラゴンズ打線 (2016年度)

1番 大島 洋平 センター 試143 率.292(599打数175安打)本3 点27 盗26
2番 荒木 雅博 セカンド 試93 率.246(289打数71安打)本1 点16 盗13
3番 平田 良介 ライト 試118 率.248(416打数103安打)本14 点73 盗4
4番 ビシエド ファースト 試119 率.274(416打数114安打)本22 点68 盗1
5番 ナニータ レフト 試92 率.299(319打数91安打)本8 点35 盗0
6番 高橋 周平 サード 試75 率.251(255打64安打)本4 点29 盗0
7番 堂上 直倫 ショート 試131 率.254(456打数116安打)本6 点46 盗1
8番 杉山 翔大 キャッチャー 試104 率.260(269打数70安打)本3 点27 盗1
9番 大野 雄大 ピッチャー 登19 防3.54(7勝10敗)投129.2 振85

まとめ

女手一つという環境で育ったがゆえに、特にお母さんに恩返ししたいという気持ちは誰よりも強いことでしょう。

その気持ちが井領選手の強いハングリー精神にもつながるのではないでしょうか。

高校、社会人とじっくり経験を積み、じっくり伸びてきた選手だけに、3年目以降をこそ楽しみな選手です。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク