岩手・不来方(こずかた)21世紀枠で選抜出場!部員はたったの10人?

岩手・不来方(こずかた)21世紀枠で選抜出場!部員はたったの10人?

今年春の選抜高校野球大会で21世紀枠に選ばれた岩手・不来方高校。

春夏通じて初の甲子園出場となりましたが、なんと野球部員はたったの10名。

もちろん今大会の出場校の中で最小部員数となります。

厳しい東北の冬には雪の中でも練習を続け、21世紀枠で掴んだ憧れの甲子園の切符。

そんな不来方高校はどんな戦いをして甲子園出場を決めたのか、そして選手にも注目してみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

岩手・不来方(こずかた)高校の秋季実績は?

不来方 ( 岩手 )

「不来方(こずかた)」とは岩手県の県庁所在地・盛岡市のことを指します。

盛岡市不来方

不来方高校は盛岡市の南、矢巾町にある公立高校で、今まで甲子園に出場したことは春夏通じて1度もありません。

今回、21世紀枠に選ばれたことで、嬉しい初出場となりました。

不来方高校( 選抜出場)

全国大会の戦績 -不来方(こずかた)高校(岩手県)

大会 出場回数 勝敗 優勝 準優勝 ベスト4
春の選抜 0回 0勝0敗 0 0 0
夏の選手権 0回 0勝0敗 0 0 0
甲子園通算 0回 0勝0敗 0 0 0

秋季岩手大会

不来方高校は昨年秋・岩手地区大会の初戦で、盛岡一高に完封負けを喫し、いきなり敗退となりました。

続きを読む

しかし、敗者復活戦では打線の奮起で勝率すると、地区大会代表決定戦で平舘高校に13対3で大勝し、岩手大会本戦にコマを進めました。

岩手・不来方( 選抜出場)

岩手大会本戦では自慢の打線が繋がり、攻撃力を前面に押し出して勝利を積み重ねました。

決勝では岩手の強豪・盛岡大付属高校に0対9の完敗となりましたが、見事準優勝を手にています。

岩手・不来方( 選抜出場)

秋季岩手大会 ( 2016年成績:準優勝 )

 回戦・対戦校
地区予選一回戦 盛岡一 0-6
敗者復活 江南義塾盛岡 9-5
地区予選決定戦 平舘 13-3
一回戦 遠野 11-0
二回戦 福岡 2-1
準々決勝 盛岡市立 7-1
準決勝 花巻農 6-4
決勝 盛岡大付 0-9

秋季東北大会

秋季東北大会では初戦の八戸学院光星高校に0対2と善戦しながらも完封負けとなりました。

岩手・不来方( 秋季東北大会)

秋季東北大会 ( 2016年成績:初戦敗退 )

 回戦・対戦校
準々決勝 八戸学院光星(青森) 0-2

21世紀枠に選ばれた訳は?

そんな不来方高校の野球部は、わずか10人。

故障者が2人出たら、野球が出来ないという厳しい状況です。

しかも実戦形式の練習も出来ません。

岩手・不来方( 21世紀枠)

それでも、徹底的に打撃練習を強化。

攻撃的な野球を目指し、それを貫いたことが、21世紀枠に選ばれた大きなポイントとなりました。

岩手・不来方( 21世紀枠)

出場が決まってからも、追加で野球部員を募集していたようですが、新たなメンバーは集まらず、選抜も10人で臨む事に。

でも、チームは10人でやるつもりだったと、その結束をより強めたようです。

岩手・不来方( 21世紀枠)

不来方(こずかた)高校の戦績 -初出場

チーム成績
試合数 9 打 率 .273
勝 利 6 本塁打 0
敗 戦 3 犠打飛 10
得 点 1試合平均 5.3 盗 塁
11
失 点 1試合平均 3.4 失 策 6

岩手・不来方 (こずかた)高校の注目選手は?

徹底的に打撃力をみがいてきた打線には繋がりがあります。

一度、打線が繋がると大きな得点力があるのが特徴です。

そんな打線の中心にいるのが4番の小比類巻圭汰選手。

しかも小比類巻選手はチームのエースでもあり、4番でもあります。

小比類巻 圭汰(こひるいまき けいた)3年 – 不来方高:170cm74kg 右投右打

小比類巻 圭汰(不来方高校)

登板 投球回 自責点 安打 三振 四死球 防御率
8 67.0 21 59 33 27 2.82

ピッチャーとしては、最速137キロのストレートに、スライダーやチェンジアップを投げ込みます。

エースで4番しかも主将、まさにチームの顔です。

小比類巻 圭汰(岩手・不来方)

不来方高校 主なスタメン -(2016年秋季成績)

打順 選手 守備 身長/体重 投打 学年 打撃成績
1番 鷹觜 零志 遊撃手 162/65 右投右打 2年 率.450(40打数18安打) 0 3
2番 桜井 琉太郎 二塁手 173/70 右投右打 3年 率.143(35打数5安打) 0 4
3番 菊池 康太 捕手 174/70 右投右打 3年 率.258(31打数8安打) 0 1
4番 小比類巻 圭汰 投手 170/74 右投右打 3年 率.256(39打数10安打) 0 9
5番 菊池 勇輝 中翼手 174/68 右投右打 3年 率.257(35打数9安打) 0 9
6番 吉田 圭太 一塁手 169/70 左投左打 3年 率.296(27打数8安打) 0 4
7番 岩間 龍輝 右翼手 167/62 右投左打 2年 率.290(31打数9安打) 0 2
8番 菅原 岳人 左翼手 170/91 右投右打 3年 率.321(28打数9安打) 0 3
9番 舟山 純平 三塁手 174/77 右投右打 3年 率.241(29打数7安打) 0 6

まとめ

部員はわずか10人でも、徹底的な打撃練習を積むことで、攻撃的野球を貫いてきた不来方高校。

昨年秋の秋季岩手大会の地区予選では初戦敗退しながらも、敗者復活戦で勝ちあがってきた粘りと集中力があります。

たとえ部員が10人でも選抜に出場できることを証明した不来方高校。

強豪ひしめく選抜の舞台で、客観的に見れば、非常に厳しい戦いとなるのでしょうが、雪国で鍛えた打撃とチームの結束力で、好試合を見せてくれるのではないでしょうか。

閉じる

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク