中日・石岡諒太は2017年今季覚醒するか?

中日・石岡諒太は2017年今季覚醒するか?左の即戦力スラッガーとして期待されながら、1年目は1軍に昇格することすらできなかった中日・石岡諒太選手。

プロの世界ではまだ目覚めていない将来の主軸候補は、果たして2年目の今季覚醒するでしょうか。

スポンサーリンク
アドバンク大

石岡諒太の経歴・生い立ち

石岡諒太選手は1992年5月25日生まれ、兵庫県神戸市出身です。

石岡 諒太(いしおか りょうた)-中日ドラゴンズ (2016 – )

石岡諒太(中日ドラゴンズ)

生年月日 1992年5月25日(歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 187cm
体重 90kg
ポジション 一塁手・外野手
投打 左投左打
プロ入り 神戸国際大附〜JR東日本〜中日2015年 ドラフト6位
2016年ファーム成績 試26 率.289(76打22安打)本0 点2 盗1

小学2年の時に地元の少年野球チームに入ったのが野球を始めたきっかけでした。

中学でも野球を続け、高校は地元の神戸国際大付属高校に進学。

神戸国際大付属時代  – ( 2008 – 2011)

2年の秋には1番・ファーストとしてレギュラーとなり、秋の大会では打率3割4分4厘というハイアベレージをマーク。

リードオフマンとして近畿大会優勝にも大きく貢献しました。

石岡諒太(神戸国際大付)

3年春の選抜大会に出場したのが、石岡選手にとっては唯一の甲子園での経験。

自身は打席で結果を残すことができず、チームも初戦敗退となってしまいました。

第82回選手権京都大会 -石岡選手 神戸国際大付3年時 ( 2010 )

回戦 対戦校 勝敗
一回戦 帝京(東京) 2-3

甲子園成績 – ( 選抜:帝京戦 )

年度 試合 打率 安打 本塁打 打点 三振 四球 出塁率
2010 1 .000 4/0 0 0 2 0 .000

JR東日本  – ( 2011 – 2015 )

高校時代は目立った成績を収めることはできませんでしたが、その後入社した JR東日本では1年目からレギュラーに定着。

石岡諒太(JR東日本)

その年の都市対抗野球ではチームの優勝に大きく貢献し若獅子賞を受賞しました。

翌年も都市対抗でチームは準優勝を果たし、その時は3番打者として活躍。

JR東日本打撃成績 – ( 公式戦 )

年度 試合 打率 安打 本塁打 打点 三振 四球 出塁率
11〜15 23 .213 89/19 0 10 23 7 .271

国際大会打撃成績

年度 試合 打率 安打 本塁打 打点 三振 四球 出塁率
13〜14 8 .556 9/5 0 3 0 5 .714

ドラフト会議 – ( 2015 )

社会人となり急成長をしたことがプロからの注目を集め、入社5年目の2015年ドラフト会議で中日から6位指名を受け入団することになりました。

石岡諒太(JR東日本)中日ドラフト

ドラフト指名選手 – ( 中日ドラゴンズ )

1位 小笠原 慎之介     投手 東海大学付属相模高
2位 佐藤 優 投手 東北福祉大学
3位 木下 拓哉 捕手 トヨタ自動車
4位 福敬 登 投手 JR九州
5位 阿部 寿樹 内野手 Honda
6位 石岡 諒太 内野手 JR東日本

ちなみ石岡選手はプライベートではまだ独身で、彼女の噂も特にありませんでした。

石岡諒太プロ入り後の活躍は?

1年目の石岡選手は故障との戦いでした。

石岡諒太(2016)中日ドラフト

入団直後の新人合同自主トレの際に腰痛を発症し、その後の検査の結果椎間板ヘルニアであることが発覚。

プロのスタートはいきなり手術となってしまいました。

そのため1年目のシーズンは1軍に合流することは一度もなく、2軍でもわずか26試合の出場にとどまりました。

石岡諒太(中日ドラフト)ウエスタン

ウエスタン・リーグ打撃成績 -2016年

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 出塁率
2016年(24) 26 .289(76打数22安打) 2 0 1 0 15 .329

しかし2年目の今シーズンは春季キャンプで1軍メンバーに呼ばれ、オープン戦ではホームランを放つなど、徐々に1軍の首脳陣にもアピールを見せています。

石岡諒太(中日ドラフト)

オープン戦打撃成績 -2017年

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 出塁率
2017年(24) 18 .267(45打数12安打) 5 1 2 1 11 .353

そんな石岡選手の守備力はチームでも屈指で、一塁だけでなく外野を守ることも出来ます。

また50m5秒9という俊足も魅力です。

打撃も本来はミート力があり、走攻守三拍子揃った素質の高い選手です。

石岡諒太(2016)中日ドラフト

石岡諒太2017年の覚醒はあるか?

昨季即戦力と期待されながら、故障の影響で、戦力となることが出来なかった石岡選手。

まだその素質をプロの世界で見せることができていません。

石岡諒太(中日ドラフト)

今季春季キャンプでは1軍メンバーに選ばれ、オープン戦ではホームランを放つこともできました。

1軍の首脳陣に石岡選手という存在をアピールできたのは確かでしょう。

もともと走攻守三拍子揃った選手ですし、シュアな打撃をアピールできれば左の代打からでも、徐々に戦力となっている可能性はあるでしょう。

石岡諒太(中日ドラフト)

そこから少しずつ積み上げていけば、今シーズン、覚醒する要素は十分に持ち合わせています。

中日ドラゴンズ打線 (2016年度)

1番 大島 洋平 センター 試143 率.292(599打数175安打)本3 点27 盗26
2番 荒木 雅博 セカンド 試93 率.246(289打数71安打)本1 点16 盗13
3番 平田 良介 ライト 試118 率.248(416打数103安打)本14 点73 盗4
4番 ビシエド ファースト 試119 率.274(416打数114安打)本22 点68 盗1
5番 ナニータ(退団) レフト 試92 率.299(319打数91安打)本8 点35 盗0
6番 福田 永将 サード 試89 率.267(270打数72安打)本10 点37 盗0
7番 堂上 直倫 ショート 試131 率.254(456打数116安打)本6 点46 盗1
8番 杉山 翔大 キャッチャー 試104 率.260(269打数70安打)本3 点27 盗1
9番 大野 雄大 ピッチャー 登19 防3.54(7勝10敗)投129.2 振85

まとめ

1年目は故障の影響で、即戦力の期待に応えることが出来なかった石岡選手。

悔しい思いと焦りが交錯していることでしょう。

しかし、素質の高さは注目されています。

俊足で守備も定評があるだけに、1軍では様々な起用法が考えられる選手でもあります。

わずかなチャンスから1軍定着できれば、覚醒の日もけして遠くはありません。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク