オリックス中島宏之はまだまだやれる?近年の年俸・成績は?

オリックス中島宏之はまだまだやれる?近年の年俸・成績は?かつては埼玉西武でショートのレギュラーを務めていた中島宏之選手。

メジャーリーグに挑戦。

それが不調に終わり、2015年に3年ぶりの日本球界復帰でオリックスに入団。

日本球界復帰後は、全盛期のような結果を残せていません。

中島選手はこのまま終わってしまうのか、それとも再ブレイクできるのでしょうか?

スポンサーリンク
アドバンク大

中島宏之の経歴・生い立ち

中島宏之選手は1982年7月31日生まれ、兵庫県伊丹市出身です。

中島 宏之(なかじま ひろゆき)-オリックス・バファローズ (2015 -)

中島裕之

生年月日 1982年7月31日(歳)
出身地 兵庫県伊丹市
身長 180cm
体重 90kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り 兵庫県立伊丹北高〜西武2000年 ドラフト5位
2016年成績 試96 率.290(314打91安打)本8 点47 盗1

日本球界復帰を果たした2015年の9月にファッションモデルで4歳年上の相沢紗世さんと結婚されました。

相沢紗世(中島嫁)

相沢 紗世(あいざわ さよ) -ファッションモデル

生年月日 1978年7月24日(歳)
出身地 広島県広島市中区吉島
身長 167cm
血液型 AB型
スリーサイズ 80 – 55 – 86 cm

そんな中島選手は小学生の頃から野球を始め、当時は投手でした。

現在はチームメイトとなっている山崎勝己選手とのバッテリーを組んでいた時期もありました。

中学では隣町の宝塚市内のシニアチームに所属。

伊丹北高時代  – ( 1998- 2001 )

高校は全国的には無名の伊丹北高校に進学しました。

強豪校がひしめく兵庫県下にあって、甲子園出場はありませんでした。

第82回選手権大会 (2000年)

回戦 対戦校 勝敗
一回戦 川西明峰 7-5
二回戦 姫路飾西 8-6
三回戦 生野 8-5
四回戦 姫路工 1-2

伊丹北高校では投手としても活躍しながら、一方で高校通算43本塁打を放つほどパンチ力ある打撃も魅力でした。

主な高校生強打者の通算本塁打

名前 通算 経歴
丸 佳浩 49 千葉経大付-広島
内川 聖一 43 大分工-横浜-ソフトバンク
中島 裕之 43 伊丹北-西武-アスレチックス-オリックス
鈴木 誠也 43 二松学舎大付-広島
西岡 剛 42 大阪桐蔭-ロッテ-ツインズ-阪神
森 友哉 41(甲-1) 大阪桐蔭-西武
坂本 勇人 39 光星学院-巨人

プロ入り後は、キレやすい性格のイメージがありますが、高校時代監督は中島選手について、非常に真面目な性格と評しています。

ドラフト会議 – (2000 )

投打にわたる野球センスの高さが魅力の選手。

その一方で性格的に非常に真面目であることが、2000年の西武のドラフト5位という下位指名ながら、プロが指名に至った理由ともされています。

2000年西武ライオンズドラフト

ドラフト指名選手 – ( 西武ライオンズ )

1位 大沼 幸二 投手 プリンスホテル
2位 三井 浩二 投手 新日本製鐵広畑
3位 帆足 和幸 投手 九州三菱自動車
4位 佐藤 友亮 外野手 慶應義塾大学
5位 中島 裕之 内野手 伊丹北
6位 野田 浩輔 捕手 新日本製鐵君津
7位 水田 圭介 内野手 プリンスホテル
8位 福井 強 投手 プリンスホテル

プロ入り後の全盛期

ルーキーイヤー〜 – (2001 – 2003 )

高校時代は投手が中心だった中島選手。

プロに入ってからはショートにコンバートされました。

中島裕之(西武ライオンズ)

2軍では2年目から徐々に頭角を現し、シーズン終盤には初めて1軍昇格。

4試合の出場ながら、プロ初安打も放ちました。

年度別打撃成績 – (2001 – 2003 )

2000年(18歳) 西武ドラフト5位 契約金4000万円

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2001年(19) 600万
2002年(20) 4 .143(7打数1安打) 0 0 0 0 2 600万
2003年(21) 44 .258(89打数23安打) 11 4 1 0 22 600万

西武全盛期時代 – (2004 – 2012 )

3年目からは徐々に1軍に定着するようになり、4年目には開幕スタメンに名を連ね、順調に成長を続けました。

力強いスイングと、高いミート力で、2004円には27本塁打、90打点をマークし、リーグの優勝、日本一に大きく貢献。

中島裕之(西武ライオンズ)

西武のショートのレギュラーとして欠かせない戦力となりました。

2006年には打率3割6厘で、自身初の3割に到達。

2009年にはシーズンではリーグ最多の173安打を放ち、最多安打のタイトルを獲得しました。

中島裕之(西武ライオンズ)

入団当初は、ショートの守備に不慣れだったこともあり、2軍でも失策数が多かったのですが、その守備も年を経るにしたがって安定。

年度別打撃成績 – (2004 – 2012)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2004年(22) 133 .287(502打数144安打) 90 27 18 3 108 1000万
2005年(23) 118 .274(405打数111安打) 60 11 11 3 67 3400万
2006年(24) 105 .306(412打数126安打) 63 16 14 0 66 4400万
2007年(25) 143 .300(533打数160安打) 74 12 9 1 134 7000万
2008年(26) 124 .331(486打数161安打) 81 21 25 0 96 1億1000万
2009年(27) 144 .309(560打数173安打) 92 22 20 0 113 2億1000万
2010年(28) 130 .314(503打数158安打) 93 20 15 0 97 2億5000万
2011年(29) 144 .297(566打数168安打) 100 16 21 0 93 2億8000万
2012年(30) 136 .311(499打数155安打) 74 13 7 1 76 2億8000万

2008年、2011年、2012年と3度、ゴールデングラブ賞を受賞。

さらに2008年からは2010年を除いて2012年まで4度のベストナインに輝きました。

タイトル・表彰

最高出塁率 2回 (2008年、2009)
最多安打 1回 (2009年)
ベストナイン 4回 (遊撃手部門:2008年、2009年、2011年、2012年)
ゴールデングラブ賞 3回 (遊撃手部門:2008年、2011年、2012年)
月間MVP 1回 (野手部門:2012年
日本シリーズ優秀選手賞 1回 (2008年)
オールスターゲーム新人賞 (2004年)
オールスターゲーム優秀選手賞 1回 (2006年第2戦)
オールスターゲームベストプレー賞 1回 (2009年第2戦)

さらに2009年にはWBCの日本代表にも選出。

中島裕之(WBC侍ジャパン)

通算打率は3割6分4厘、出塁率は脅威の5割肥えとなり、大会の連敗にも大きく貢献しました。

WBC打撃成績 – (2009)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 四球 三振
2009年(27) 7 .364(22打数8安打) 6 0 1 3 6 5

まさに中島選手の全盛期だったのです。

バットを高く構えた独特の打撃フォームで、力強い打球をはじき返すのが大きな持ち味の中島選手。

中島裕之(西武ライオンズ)

そのフルスイングが相手に脅威だったのは間違いありません。

メジャー挑戦時代 アスレチックス傘下 -(2013 – 2014 )

中島裕之(アスレチックス)

3A年度別打撃成績 – (2013 – 2014 )

年度 試合数 打率 打点 本塁打
2013年(31) 90 .283(346打数98安打) 34 4
2014年(32) 12 .128(39打数5安打) 4 0

オリックス時代 – (2015- )

中島裕之(オリックス)

年度別打撃成績 – (2015 – 2016 )

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2015年(33) 117 .240(417打数100安打) 46 10 1 0 93 3億5000万
2016年(34) 96 .290(314打数91安打) 47 8 1 0 54 3億5000万
NPB通算:13年 1438 .297(5293打数1571安打) 831 180 143 8 1021 (17年)3億5000万

2017年の活躍は期待出来るか?

中島選手は今季のオープン戦での起用は1塁が中心となっていました。

オープン戦打撃成績 – (2017)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 四球 三振 出塁率
2017年(34) 14 .217(46打数10安打) 3 1 0 3 9 .265

しかし、実際のところ、オリックスの内野で、中島選手が守れるポジションに限定してみると、ショートは安達了一選手、サードは小谷野栄一選手、ファーストはT-岡田選手と、ほぼレギュラーが固まっています。

安達 了一(あだち りょういち)-オリックス・バファローズ (2012 – )

安達了一(オリックス)

生年月日 1988年1月7日(29歳)
出身地 群馬県高崎市
身長 178cm
体重 78kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り 榛名高〜上武大〜東芝〜オリックス2011年 ドラフト1位
NPB通算:5年 試581 率.247(1878打数464安打)本25点173 盗69

小谷野 栄一(こやの えいいち)-オリックス・バファローズ (2015 – )

小谷野栄一(オリックス・バファローズ)

生年月日 1980年10月10日(36歳)
出身地 東京都江東区
身長 177cm
体重 88kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り 創価大高〜創価大〜日本ハム2002年 ドラフト5巡目
NPB通算:14年 試1194 率.266(4065打数1082安打)本64 点502 盗31

T-岡田(ティーおかだ)-オリックス・バファローズ (2006 – )

岡田 貴弘(本塁打王)T-岡田

生年月日 1988年2月9日(29歳)
出身地 大阪府吹田市
身長 186cm
体重 98kg
ポジション 内・外野手
投打 左投左打
プロ入り 履正社高〜オリックス2005年 高校生ドラフト1巡目
NPB通算:9年 試828 率.267(2980打数795安打)本125 点470 盗21

彼らは中島選手にとっては大きなライバルである反面、実際の起用法を考えると、やはり指名打者が中心となってくるのではないでしょうか。

指名打者は打撃優先です。

打力がある選手が指名打者として起用されます。

中島裕之(西武ライオンズ)

かつては打率3割、20本以上の本塁打を放ち、2009年には最多安打のタイトルも獲得している中島選手。

昨年は終盤に本来の打撃を取り戻しつつありました。

その打撃復調が本物であり、今季序盤からその勢いを継続できれば、十分に復活の目はあるでしょう。

すべては打撃次第であるのは確かです。

2017年・オリックス開幕オーダー (2016年成績)

1番 安達 了一 ショート 試118 率.273(403打数110安打)本1 点34 盗6
2番 西野 真弘 セカンド 試143 率.264(538打数142安打)本2 点33 盗16
3番 中島 宏之 指名打者 試96 率.290(314打91安打)本8 点47 盗1
4番 ロメロ ライト 試9 率.235(17打数4安打)本0 点3 盗0(MLB成績)
5番 小谷野 栄一 サード 試50 率.249(177打数44安打)本4 点13 盗1
6番 T-岡田 ファースト 試123 率.284(454打数129安打)本20 点76 盗5
7番 小島 脩平 レフト 試79 率.246(199打数49安打)本0 点9 盗6
8番 若月 健矢 キャッチャー 試85 率.227(229打数52安打)本0 点20 盗0
9番 駿太 センター 試105 率.192(214打数41安打)本1 点9 盗3

まとめ

メジャー挑戦した時期もありましたが、それは失敗に終わりました。

ちょうどその頃から、成績は下降線をたどるようになってしまいました。

しかし、中島選手自身、今年でまだ35歳。

プロ野球選手としてはけして若くはない年齢である反面、まだまだ老け込む年でもありません。

西武時代には輝かしい成績を収め、実績、経験ともに豊富な選手です。

打撃で本来の力を取り戻せば、まだまだやれるはずです。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク