前橋育英高校野球部2017夏の甲子園

群馬県下で近年めきめきと力をつけているのが前橋育英高校。

2013年初出場した夏の甲子園でいきなり初優勝を成し遂げました。

2016年夏そして今年の春の選抜を経て、春夏通じて3連続での甲子園出場を果たしました。

そんな前橋育英高校の今年の戦力、そして出場前の経緯をみていきましょう。

夏の甲子園 結果 ( 2017年成績 )

 回戦・対戦校
一回戦 山梨学院(山梨) 12-5
二回戦 明徳義塾(高知) 3-1
三回戦 花咲徳栄(埼玉)  ● 4-10
スポンサーリンク
アドバンク大

前橋育英高校の実績は?

前橋育英(2年連続3回目の出場)

全国大会の戦績 -前橋育英高(群馬県)2年連続3度目の出場

大会 出場回数 勝敗 優勝 準優勝 ベスト4
春の選抜 2回 1勝2敗 0 0 0
夏の選手権 3回 8勝2敗 1 0 0
甲子園通算 5回 9勝4敗 1 0 0

群馬予選の戦い ( 2017年 )

2回戦からスタートした群馬県大会での前橋育英高校は、初戦は高崎経済大学付属高校を相手に接戦を制します。

前橋育英(2年連続3回目の出場)群馬代表

常磐高戦 ( 準々決勝 )

前橋育英(2年連続3回目の出場)群馬代表

準々決勝を終えて、4試合で失点はわずか2という磐石の試合運びを見せました。

準々決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
● 常磐 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
○ 前橋育英 0 0 0 0 0 0 0 4 x 4

明和県央高戦 ( 準決勝 )

準決勝は明和県央高校戦。

先制点を許すも、前橋育英高校は、着実に得点を重ね終わってみれば8回コールド。

前橋育英(2年連続3回目の出場)群馬代表

準々決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
● 明和県央 1 0 0 0 0 0 2 0 3
○ 前橋育英 0 0 3 0 1 4 0 2x 10

健大高崎高戦 ( 決勝 )

決勝戦は近年の群馬県下では2強といっても過言ではない、最大のライバル校である健大高崎高校。

今年共に選抜へ出場し全国ベスト8になった強敵です。

春センバツ【健大高崎】選抜出場!2017年も機動破壊は健在か?
2年ぶり3回目の出場となった群馬・健大高崎高校。 歴代の健大高崎は「機動破壊」と呼ばれるほど、機動力を前面に押し出した攻撃が最...

3回に2点ずつ取り合う接戦でしたが、前橋育英高校が粘る健大高崎高校を振り切っての群馬大会夏連覇を達成しました。

前橋育英(2年連続3回目の出場)群馬代表

健大高崎高校といえば、「機動破壊」が代名詞。

そんな相手の良さを見事に封じての勝利となりました。

準々決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
○ 前橋育英 0 0 2 1 1 1 0 0 1 6
● 健大高崎 0 0 2 0 0 1 0 0 1 4

前橋育英(2年連続3回目の出場)群馬代表

前橋育英、2年連続甲子園!“ライバル”健大高崎に決勝5連勝/群馬 2017.7.28
第99回全国高校野球選手権大会群馬大会(27日、前橋育英6-4健大高崎、上毛新聞敷島)群馬決勝で前橋育英が高崎健康福祉大高崎に6-4で勝ち、2年連続3度目の甲子園出場を決めた。ライバルとしてしのぎを削る両校は昨春から5季連続で県の決勝で対戦。因縁の対決で前橋育英が5連勝を飾った。
3-2の四回から登板した背番号8の丸山和郁外野手(3年)が6回4安打2失点の好投。「健大高崎には1年生のときに負けて、そこからは(この代では)一度も負けずにこれた」と満足そうな表情を見せた。荒井直樹監督(52)は「投手中心の守りが9回トータルでできた。最高の気持ちです。健大がわれわれを成長させてくれた」と切磋琢磨(せっさたくま)してきた強豪校に感謝した。甲子園では4年ぶりの全国制覇を目指すが「先輩の記録を超えることはできないけど、並びたい」と丸山。頂点への視界は開けている。

選手権群馬県大会 ( 2017年成績:優勝 )

回戦・対戦校
二回戦 高崎経済大付 3-1
三回戦 新田暁 (7回コールド)8-1
四回戦 高崎商大付 (7回コールド)8-0
準々決勝 常磐 4-0
準決勝 明和県央 (8回コールド)10-3
準決勝 健大高崎 6-4

前橋育英高校の最大の特徴は豊富な投手陣。

それは今年春の選抜出場時に比べて、より戦力は強固なものとなっています。

センバツ【前橋育英】2017春選抜甲子園出場!注目の選手は?
他を圧倒するような投手の選手層の厚さを武器に6年ぶり2回目の選抜出場を決めた群馬・前橋育英高校。 昨年夏の高校野球でも甲子園に...

攻撃力はまずまずですが、豊富な投手陣は、炎天下が続く暑い夏の甲子園では大きな武器となることでしょう。

前橋育英(2年連続3回目の出場)群馬代表

前橋育英高校の注目選手は?

前橋育英高校は高い投手力が魅力です。

その中でも一気にプロも注目する投手に急成長したのが、今やエース格の皆川喬涼投手です。

ストレートの球速は149キロに伸び、スライダーとチェンジアップといった変化球も組み合わせます。

スタミナ面では課題はありますが、先発として群馬大会優勝の大きな原動力となりました。

5試合に先発し防御率0.68。

また打者としても5番を打ち、県大会では一発を放つなどの活躍を見せています。

皆川 喬涼(みなかわ きょうすけ)3年 – 前橋育英:178cm79kg 右右 MAX149km

皆川喬涼(前橋育英)群馬

前橋育英最大の強みは、他に3人のエース級を抱えています。

県大会ではリリーフ中心の起用となった左腕・丸山和郁投手も注目選手。

今年の選抜では、エースナンバー1を背負っています。

最速143キロのストレートを活かしたピッチングが持ち味ですが、その一方で野手としては1番打者を任されています。

丸山 和郁(まるやま かずや)3年 – 前橋育英:171cm72kg 左左 MAX144km

丸山 和郁(前橋育英)群馬

さらに先発・吉沢悠投手がいます。

昨年秋季大会ではエースナンバー1の投手でしたが、3月に故障し選抜に出場できませんでした。

群馬県大会・準決勝では、先発完投し最速144キロのストレートを持つ投手です。

吉沢 悠(よしざわ ひさし)3年 – 前橋育英:174cm65kg 右右 MAX144km

吉澤悠(前橋育英 )

皆川選手・丸山選手・吉沢選手は、投手陣の中核的存在ですが、一方で打者としても重要な打順をまかされており、投打にわたる活躍が目立ちます。

また、ひときわ大きい193cmの長身から角度あるストレートを投げる根岸崇裕投手もいます。

根岸投手は、今年の春季大会では、エースナンバーを背負っていました。

根岸 崇裕(ねぎし たかひろ)3年 – 前橋育英:193cm96kg 右右 MAX141km

根岸 崇裕(前橋育英)

4人全員が速球派の140キロ超と地力が高く、抜群の層の厚さで県大会を勝ち抜いてきました。

野手では、扇の要、戸部魁人捕手も注目の打者です。

戸部 魁人(とべ かいと)3年 – 前橋育英:181cm77kg 右右  捕手

戸部魁人(前橋育英)

まとめ

暑い陽射しの中で行われる夏の甲子園。

投手への負担は非常に大きいものがあります。

しかし、前橋育英高校は140キロを超の速球派投手が4人、左腕に長身投手とバラエティー豊かです。

皆川投手が急成長しエースとして、優勝も狙えるチーム力になりました。

強力な投手陣を前面に押し出して、4年ぶり2度目の全国制覇を狙います。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク