明徳義塾高校野球部2017年夏の甲子園

甲子園常連校の明徳義塾。

2017年の今年も順当に予選を突破し、夏の甲子園出場を決めました!

高知県の代表と言えば、明徳義塾と言っても過言ではないほどの実績を誇るだけに大会本戦でもその活躍に注目が集まるところです。

夏の甲子園 結果 ( 2017年成績 )

 回戦・対戦校
一回戦 日大山形(山形) (延長12回)6-5
二回戦 前橋育英(群馬) 1-3
スポンサーリンク
アドバンク大

明徳義塾高校の実績は?

明徳義塾(高知)8年連続19回目の出場

全国大会の戦績 -明徳義塾(高知県)8年連続19回目の出場

大会 出場回数 勝敗 優勝 準優勝 ベスト4
春の選抜 17回 24勝17敗 0 0 2
夏の選手権 19回 33勝18敗 1 0 3
甲子園通算 36回 57勝35敗 1 0 5

明徳義塾は春の選抜17回、夏の甲子園今回で19回を含む計36回の出場実績があります。

優勝こそ2002年夏1回だけですが、甲子園常連校であることは疑いようもありません!

2017年の今年はプロ注目の西浦選手を始めとしたバランスのとれた布陣。

西浦颯大(明徳義塾)

春センバツ【明徳義塾】2年連続選抜出場!注目メンバーは?
高校野球の常連校である高知・明徳義塾高校。 2年連続17回目の出場となりました。 昨年の秋季四国大会を圧倒的な強さで制覇...

高知大会で投打ともに安定感を見せ、危なげなく順当に勝ち進んできた印象ですね。

チームとしての能力の高さもさることながら、甲子園通算48勝を記録している名将・馬淵史郎監督が務めていることもチームからすれば、非常に心強い部分ではないかと思います。

馬淵史郎監督(明徳義塾・四国・高知)

春の選抜では1回戦で姿を消しましたが、早稲田実業相手に接戦を演じ強豪校としての存在感は十分に示してくれました!

春センバツ【早稲田実 VS 明徳義塾】 選抜・勝敗予想!
第5日 -第2試合-3月24日(金)一回戦 11:30〜 早稲田実 (東京) 5 VS (延長10回)...

県内ではもはや敵なしの明徳義塾だけに今回の大会では優勝という結果も視野に入れて戦っていきたいところではないでしょうか?

高知南高戦 ( 準々決勝 )

準々決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
● 高知南 0 0 0 0 0 0 0 0
○ 明徳義塾 0 0 0 2 2 2 1x 7

岡豊高戦 ( 準決勝 )

準々決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
● 岡豊 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
○ 明徳義塾 0 0 0 1 0 1 0 0 X 2

梼原高戦 ( 決勝 )

準々決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
● 梼原 0 0 0 0 1 1 1 0 0 3
○ 明徳義塾 0 0 1 4 0 1 0 1 X 7

選手権高知大会 ( 2017年成績:優勝 )

回戦・対戦校
二回戦 高知商 10-4
準々決勝 高知南 (7回コールド)7-0
準決勝 岡豊 2-0
決勝 梼原 7-3

明徳義塾高校の注目選手は?

明徳義塾の注目選手は投手ではエースの北本佑斗選手、打者ではプロ注目の西浦颯大選手ですね。

北本投手は今夏からエースナンバーを背負った選手で、140kmに迫るストレートとスライダーを軸に組み立てる左腕です。

北本佑斗(きたもと ゆうと)3年 – 明徳義塾:170cm70kg 左左 投手

北本佑斗(明徳義塾)

タイプ的には打たせて取るスタイルで、粘り強さに定評があります。

相手をねじ伏せるような投球は難しいものの、試合を作ってくれる投手という点では十分な働きが期待できるのではないでしょうか?

打線も強力なチームですが、優勝を狙う明徳は、北本投手の働き如何で本大会の結果も変わってくるのではないかと思われます。

注目の打者・西浦選手は走攻守が揃った外野手。

西浦颯大(にしうら はやと)3年 – 明徳義塾:178cm72kg 右左 外野手

西浦颯大(明徳義塾)

明徳では4番も務めるパワーも魅力ですね!

足が速く、守備も上手いので監督からの信頼も厚く、チームでも中核を担う存在であるのは疑いようもないでしょう!

長打力に俊足、好守といったバランスのとれた能力はプロからの評価も高く、高校生の中ではトップクラス。

ドラフトにかかる逸材であるのは確かです。

まとめ

当然、本大会の優勝候補としても名前が挙がる明徳義塾。

優勝を視野に入れていく中ではやはり投手力が気になるところですね。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク