龍谷大平安VS.八戸学院光星の見どころ・勝敗予想・試合結果 2016選抜高校野球 2回戦好カード

2016選抜高校野球 大会7日目の3月26日(土)2回戦第1試合9:00~

試合結果 龍谷大平安(京都) 2 – 0 八戸学院光星(青森)

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
八戸学院光星 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
龍谷大平安 1 0 0 0 0 1 0 0 X 2 5 0

龍谷大平安は初回、西川藍畝選手の適時二塁打で幸先良く1点を先制。

そのまま迎えた6回裏には、橋本和樹選手の犠飛で貴重な追加点を挙げた。

投げては先発・エース市岡奏馬投手が9回を完封。

敗れた八戸学院光星は、打線が8回まで毎回走者を出しながらも、

好機であと1本が出なかった。

2016選抜高校野球 日程決定・試合結果はこちら

以下、試合前の見どころ・分析記事です。

選抜高校野球1回戦、

明徳義塾との名門対決を序盤から打線が機能し制した龍谷大平安

青森県勢初の3年連続出場となった八戸学院光星

その両者が3月26日(土)2回戦で激突します!

この対戦を1回戦の戦評踏まえ分析してみました。

スポンサーリンク
アドバンク大

龍谷大平安の1回戦の戦評

4年連続40回目の出場となった京都・龍谷大平安高

高知・明徳義塾高に対して、着実にリードを広げ圧倒しました。

ともに強豪同士で1回戦の好カードとされていましたこの試合。

2回表に6番・市岡選手から冨田選手竹内選手の3連打で1点を先制すると、

3回表には4番・橋本選手がレフトスタンドへ、

5番・岡田選手が右中間スタンドへと連続アーチ。

5回表には8番・武内選手の2点タイムリー2塁打も飛び出し、

だめ押しとなりました。

投げては市岡投手が1失点で完投するとともに、

5打数3安打ど打撃でも貢献。

7番・冨田選手は4打数2安打、

8番・武内選手は4打数4安打4打点の活躍と、

下位打線が得点に大きく貢献しました。

終わってみれば合計15安打を放った龍谷大平安打線が非常に目立った試合でした。

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
龍谷大平安 0 1 2 0 2 0 2 0 0 7 15 1
明徳義塾 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0
 1回戦 明徳義塾高戦の成績
 市岡奏馬投手
 9回 打者33 投球数127 被安打6 被本塁打0 奪三振7 与四死球2 失点1 

 チーム打撃成績
 打数38 得点7 安打15 打点7 三振5 四球3 犠打1 盗塁2 失策1 本塁打2

注目の3選手

龍谷大平安・市岡奏馬投手
左投左打 178センチ71キロ

龍谷大平安・岡田悠希選手
右投左打 181センチ77キロ

龍谷大平安・西川藍畝選手
右投左打 175センチ70キロ

八戸学院光星の1回戦の戦評

3年連続9回目の選抜出場となった青森・八戸学院光星高

1回戦で島根・開星高と対戦し、序盤から小刻みに得点を加えていく

磐石な試合運びで3年連続の初戦突破となりました。

1回表に先頭打者の四球からチャンスを作り、

4番・益田選手の内野安打で1点を先制した八戸学院光星高は、

2回表に下位打線から作ったチャンスに9番の徳田選手

そして1番に戻って伊藤選手の連続タイムリーで2点を加え、

試合を有利に進めていきます。

1点差まで攻め寄られますが、

5回表の1番からの攻撃で、

再び4番・益田選手がタイムリーを放ち、

リードを広げると、その後も着実に得点を挙げました。

投げては桜井投手が完投し、

投打ともに噛み合った八戸学院光星高が強さを見せ付ける試合となりました。

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
開星 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 7 2
八戸学院光星 1 2 0 0 1 2 0 0 X 6 10 2
 1回戦 開星高戦の成績

 桜井一樹投手
 9回 打者37 投球数140 被安打7 被本塁打0 奪三振9 与四死球3 失点2

 チーム打撃成績
 打数30 得点6 安打10 打点6 三振3 四球4 犠打2 盗塁1 失策2

注目の3選手

八戸学院光星・桜井一樹投手
右投右打 172センチ73キロ

八戸学院光星・田城飛翔選手
右投左打 178センチ70キロ

八戸学院光星・益田敦成選手
右投右打 178センチ82キロ

龍谷大平安VS.八戸学院光星の見どころ

初戦は龍谷大平安高八戸学院光星高も、

ともに打線がしっかり機能し、エースが失点を最小限にとどめ、

先制、中押し、そしてだめ押しと、堅実な試合運びを見せました。

龍谷大平安高はとりわけ下位打線が元気で、

一方の八戸学院光星高は4番がしっかりとポイントゲッターの

役割を果たした試合でした。

ともに調子が良い打線となっているだけに、

この両校の戦いはそんな打線をいかに抑えるかというのがカギとなるでしょう。

とりわけ龍谷大平安高は1回戦からいきなり

そのパンチ力を見せ付けたクリーンアップの岡田選手橋本選手を、

八戸学院光星高のエース・桜井投手が持ち味のコントロールで

封じることができるか…

打線が全体的に活発であるだけに、

八戸学院光星高としては無駄な失点を防ぎ、

しっかり守りを固めて勝機を伺いたいところでしょう。

龍谷大平安高としては1回戦同様に打線がしっかりつないで、

有利に試合を運んでいきたいところでしょう。

いずれにしても、桜井投手龍谷大平安打線を

抑えられるかが大きな見どころとなりそうです。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク