レッドソックス鉄人上原浩治の経歴、年度別成績

レッドソックス上原浩治
出典:http://blog.livedoor.jp/

上原 浩治(うえはら こうじ)

生年月日 1975年4月3日(41歳)
出身地 大阪府寝屋川市
身長 188cm
体重 89kg
ポジション 投手
投打 右投右打

今年、41歳を迎えた大リーグのボストン・レッドソックスに在籍している上原浩治投手。

1998年のドラフト1位、逆指名で読売ジャイアンツに入団し、

ルーキーイヤーからいきなり20勝をマーク。

同年に奪三振、最多勝、最優秀防御率の投手3冠王を達成し、新人王を獲得すると、

巨人のエースとして通算112勝を挙げました。

2009年からは大リーグのオリオールズ、レンジャース、レッドソックスでプレーし、

特に2013年にはレッドソックスの守護神として、

何と日本人では初めてとなるワールドシリーズの胴上げ投手にもなりました。

そんなベテラン・上原浩治投手の経歴を振り返り、

今後の活躍を占ってみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

上原浩治のプロフィール、年度別成績、年俸推移

年度別投手成績

1998年 (23歳) 逆指名 契約金1億

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 年俸
1999年(24)巨人〜 25 2.09 20勝4敗 197.2 179 1300万→6600万
2000年(25) 20 3.57 9勝7敗 131.0 126 7600万
2001年(26) 24 4.02 10勝7敗 138.2 108 1億0600万
2002年(27) 26 2.60 17勝5敗 204.0 182 2億1000万
2003年(28) 27 3.37 16勝5敗 207.1 194 3億0000万
2004年(29) 22 2.60 13勝5敗 163.0 153 3億5000万
2005年(30) 27 3.31 9勝12敗 187.1 145 3億4000万
2006年(31) 24 3.21 8勝9敗 168.1 151 3億1000万
2007年(32) 55 1.74 4勝3敗32S4H 62.0 66 4億0000万
2008年(33) 26 3.81 6勝5敗1S5H 89.2 72 $5,000,000
2009年(34)BAL〜 12 4.05 2勝4敗 66.2 48 $5,000,000
2010年(35) 43 2.86 1勝2敗13S6H 44.0 55 $4,000,000
2011年(36)TEX〜 65 2.35 2勝3敗22H 65.0 85 $4,250,000
2012年(37) 37 1.75 0勝0敗1S7H 36.0 43 $4,250,000
2013年(38)BOS〜 73 1.09 4勝1敗21S13H 74.1 101 $5,000,000
2014年(39) 64 2.52 6勝5敗26S1H 64.1 80 $9,000,000
2015年(40) 43 2.23 2勝4敗25S 40.1 47 $9,000,000
NPB:10年 276 3.01 112勝62敗33S9H 1549.0 1376
MLB:7年 337 2.42 17勝19敗86S49H 390.2 459

*NPBタイトル
最多勝:2回 (1999年、2002年)
最優秀防御率:2回 (1999年、2004年)
最多奪三振:2回 (1999年、2003年)
最高勝率:3回 (1999年、2002年、2004年)

*MLBタイトル
リーグチャンピオンシップシリーズMVP:1回 (2013年)

上原浩治投手は1975年4月3日生まれで、大阪府寝屋川市出身です。

激戦区の大阪府では強豪校である東海大仰星高に進学し、

野球部に所属しますが、そのほとんどが控え投手で出番はなく、

特に注目されることもなく3年間を過ごしました。

体育の教師になることを夢見て大阪体育大を受けますが、

現役合格はならず浪人生活を余儀なくされました。

予備校に通いながら、アルバイトやトレーニングを行い、翌年には見事に合格。

大阪体育大が属する阪神大学リーグで4年間で通算36勝をマークし、

一躍ドラフトの目玉となったのです。

大阪体育大時代の投手成績
阪神大学リーグ優勝回数 通算5回(1年春、2年春秋、3年秋、4年春)
投手勝敗 36勝4敗
タイトル 最優秀投手賞4回、特別賞2回

※通算36勝と完封13はリーグ記録。

実は常に日の当たる場所にいたわけではなく、目立たず辛い時期を乗り越えてきた…

これが上原浩治投手の代名詞である「雑草魂」と呼ばれた所以なのです。

巨人に入団するやいなや、いきなり20勝を挙げて、投手のタイトルを総なめにしました。

巨人では10年間プレーし、通算112勝をマーク。

2007年には守護神に転向し、32セーブを挙げたこともありました。

大リーグに移籍した当初は先発が主な役割でしたが、

思った結果を残すことができないままでした。

しかし、中継ぎに転向してからは、徐々に大リーグでも結果を残すようになり、

2013年には4勝1敗21セーブ、防御率1.09という抜群の結果を残しました。

特に8月から9月にかけて、37人連続アウトという抜群の安定感を誇ったこともあり、

その年のワールドシリーズの胴上げ投手になったのも記憶に新しいエピソードでしょう。

40代現役メジャーリーガー鉄人上原の評価は?

そんな上原浩治投手ももう41歳。

大学時代にはMAX153キロだったストレートも、今では140キロ代前半。

しかし、微妙にボールを動かして、相手打者を抑える技巧的な投球で、

その投球には円熟味を増すとともに、輝きは衰えていません。

今季もレッドソックスの中継ぎとして、すでに20試合以上に登板し、

中継ぎとして活躍しています。

毎年、安定した投球を見せており、メジャーリーグでも評価は上々で、

40代に入っても、ますます光輝く投球を見せてくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク