西武監督候補!秋山幸二の経歴・年俸・性格・家族は?

今季、西武は不振が続いたことで来季に向けた編成が行われています。

その中で次期監督候補の一人として名前が挙がっているのが、元西武でもあり黄金時代を支えた一人である秋山幸二さんですね!

今回はそんな秋山幸二氏についてご紹介させていただきたいと思います!

スポンサーリンク
アドバンク大

秋山幸二の経歴・生い立ち

秋山幸二監督ソフトバンク

秋山 幸二(あきやま こうじ)

生年月日 1962年4月6日(54歳)
出身地 熊本県氷川町
身長 185cm
体重 89kg
ポジション 外野手
投打 右投右打
プロ入り 熊本県立八代高〜1980年 ドラフト外

秋山幸二氏は熊本県八代郡宮原町の出身で、今年で54歳になります。

小学校3年の時に母の勧めもあり、地元の少年野球チームに入ったのが、野球を始めたきっかけであるとされていますね。

当時からプロでも良く知られているバック転を得意としていたそうで、この頃から運動神経は優れていたことがわかります。

中学時代は主にサードやセンターを守っていたことが多く、1980年、熊本県屈指の進学校である八代高校の入学となった秋山は主将兼エース兼四番打者と、文字通り大黒柱としてチームを牽引。

3年最後の夏の甲子園は母校を創立以来の県大会決勝戦へと導くものの、伊東勤選手擁する熊本工に決勝で敗れてしまい、惜しくも甲子園出場はなりませんでした。

伊東勤さんとは、高校時代、西武時代、監督時代と常にしのぎを削った良き戦友ですね。

伊東勤 秋山幸二

秋山選手は高校卒業時のドラフトでは本人の大学進学の希望もあって指名はされませんでした。

しかし、ドラフト後にプロ入りを表明、その際、最も熱心に誘ってくれた西武にドラフト外で入団しています。

性格は現役の頃、喜怒哀楽を表に出さない寡黙な選手だったとされています。

不真面目だったわけではなく、練習もしっかりしていたそうで、何でも器用にこなせる身体能力の高さはトリプルスリーを記録したヤクルトの山田選手やメジャーリーグのイチロー選手を彷彿とさせてくれますね!

秋山幸二の輝かしい現役時代

西武秋山幸二

年度別打撃成績

1980年 (18歳) 1980年 ドラフト外 契約金8000万円

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 年俸
1981年(19)西武 3 .200 0 0 0 240万
1982年(20) 360万
1983年(21) 380万
1984年(22) 54 .236 14 4 6 400万
1985年(23) 130 .252 93 40 17 580万
1986年(24) 130 .268 115 41 21 1800万
1987年(25) 130 .262 94 43 38 3600万
1988年(26) 130 .292 103 38 20 5400万
1989年(27) 130 .601 99 31 31 6700万
1990年(28) 130 .256 91 35 51 8400万
1991年(29) 116 .297 88 35 21 9800万
1992年(30) 130 .296 89 31 13 1億4000万
1993年(31) 127 .247 72 30 9 1億7000万
1994年(32)ダイエー 129 .254 73 24 26 2億1000万
1995年(33) 122 .264 66 21 13 2億4000万
1996年(34) 121 .300 66 9 13 1億9200万
1997年(35) 97 .245 52 12 11 1億8000万
1998年(36) 115 .260 49 10 7 1億5000万
1999年(37) 113 .256 44 12 3 1億5000万
2000年(38) 124 .262 48 5 2 1億3500万
2001年(39) 82 .286 32 11 1 1億5000万
2002年(40) 76 .249 24 5 0 1億5000万
通算:22年 2189 .270 1312 437 303

秋山選手が最も輝いていたのは西武黄金期(1982年から1994年)と言われていた時代でしょう!

1985年に王貞治氏に並ぶ最年少(23歳)での40本塁打にこの年から2002年までの間オールスターゲームに出続けるなど、スター街道を走っていた時代ですね!

1987年には落合選手が移籍したこともあって、3年連続となる40本以上の本塁打(43本)を放ち、本塁打王も獲得。

まさに西武黄金期を支えた中心選手として活躍していました!

1989年には当時4人しか達成していなかったトリプルスリーも記録しています。

当時トリプルスリー達成選手

 達成年 達成者 当時の所属球団 打率 本塁打 盗塁
 1950 岩本義行 松竹ロビンス .319 39 34
 1950 別当薫 毎日オリオンズ .335 43 34
 1953 中西太 西鉄ライオンズ .314 36 36
 1983 簑田浩二 阪急ブレーブス .312 32 35
 1989 秋山幸二 西武ライオンズ .301 31 31

それから有名なエピソードでもあるバック宙ホームインについても触れておくとこのエピソードは1986年に日本シリーズ第8戦でホームインの際にバック宙をしながら行うパフォーマンスを披露。

この時を含めて日本シリーズ3回、シーズン中2回のバック宙ホームインし以降、秋山選手の代名詞になりました。

イメージでは強く残っているのでもっと多くの回数をしていると思ったのですが意外と少ないですね。

のちに球団から膝の故障を危惧して秋山選手にバック宙ホームインの禁止令が出ました。

バック転

1986年に清原和博選手が入団してからは頭文字を取って「AK砲」とも呼ばれていた時期があり、後にこの言葉は同じ頭文字を持っている選手たちの間でも使用されるようになる等、ちょっとした慣習にもなりましたね。

アベックホームラン記録

ON砲(王貞治・長嶋茂雄) 106回
YK砲(山本浩二・衣笠祥雄) 86回
AK砲(秋山幸二・清原和博) 62回

当時のライバルは?

この言葉が使われるようになった頃は当然、チームメイトだった清原選手もライバル関係にあたるかと思いますが、どちらかと言うならば当時、他チームに在籍していた落合選手がそれにあたるのではないでしょうか?

事実、落合選手が移籍するとともに本塁打王のタイトルを獲得するといった出来事もありましたから、常に競い合う状況にあったのは間違いなく、それは見方を変えればライバルといっていいでしょう!

この二人の間にはちょっとしたエピソードもあって、落合選手が秋山選手についてのコメントを求められたときに「秋山はライバルじゃない」と発言して秋山選手の神経を逆撫でするといったこともありました。

意識していたかどうかは定かではありませんが、今にして思えばライバルだからこその発言だったのかもしれませんね。

秋山 落合

1992年西武ライオンズ打線

1番 辻発彦 セカンド 率.285(474-135) 本6打48盗23
2番 平野謙 ライト 率.280(436-122) 本4打45盗15
3番 秋山幸二 センター 率.296(480-142) 本31打89盗13
4番 清原和博 ファースト 率.289(464-134) 本36打96盗5
5番 デストラーデ 指名打者 率.266(448-119) 本41打87盗12
6番 石毛宏典 サード 率.297(438-130) 本8打52盗11
7番 安部理 レフト 率.245(220-54) 本7打25盗0
8番 伊東勤 キャッチャー 率.263(365-96) 本4打49盗10
9番 田辺徳雄 ショート 率.302(401-121) 本13打63盗4

西武黄金時代

それとダイエーに移籍した当初、秋山選手はダイエーの選手たちの勝ちに対する意識の薄さに愕然としたというエピソードもあります。

この頃のダイエーは弱小球団でしたが、秋山選手が背中でチームを引っ張っていく姿勢を示し続けたこともあって、小久保選手や松中選手ら後輩の信頼も厚かったそうですね。

現在のソフトバンクが常に上位争いができるようになった背景には秋山選手の存在が少なからず、あるのではないでしょうか?

秋山幸二の家族・嫁は?

秋山 千晶

秋山氏は奥さんの千晶さんと長女の真凛さんの3人家族だったのですが、2014年の12月に千晶さんが病気の為、他界されてしまい、現在は2人家族です。

秋山氏は自身が子供の頃にもお兄さんが他界、お姉さんも白血病で亡くしているという過去を持っていて、千晶さんと結婚した後もご長男が生後間もなく他界するといった不幸に見舞われてきました。

2014年に監督を突然退任する意向を示した時も実は奥さんの病気という背景があったのではないかと言われていますね。

ソフトバンク監督時代の手腕は?有能か?

ご存じの方も多いでしょうが、秋山氏はダイエーの監督を2008年から2014年までの6年間務め上げ、前述の理由から2014年に退任しています。

この間リーグ優勝3回、日本一を2回経験しているのですから、十分名将と言っていい実績でしょう!

ソフトバンク 秋山 優勝

二軍監督時代には松田宣浩選手や本田雄一選手を育てている育成面での実績も高く評価できるところですね!

2011年にはコーチ陣も監督経験者であり、守備力向上に定評のある大石ヘッドコーチを始めとした布陣でリーグ制覇、初の日本一も経験しています。

選手からの信頼も厚い監督であったことでも有名で、どちらかと言えばあれだけの巨大戦力をまとめ上げることができた手腕を評価する声も少なくありません。

歴代監督の通算成績

監督 年数 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 優勝 日本一
王貞治 ホークスのみ 14 1913 998 877 38 .532 3 2
秋山幸二 7 865 456 369 40 .553 3 2
工藤公康 2年目前半戦迄 2 229 145 75 9 .659 1 1

年度別成績

年度 CS順位 リーグ順位 リーグ勝敗
2008 6位 64勝77敗3分
2009 3位 3位 74勝65敗5分
2010 2位 1位 76勝63敗5分
2011 1位 1位 88勝46敗10分
2012 2位 3位 67勝65敗12分
2013 4位 73勝69敗2分
2014 1位 1位 78勝60敗6分

まとめ

以上、秋山幸二氏についてとなります。

選手としても素晴らしい方ですが、ダイエーに移籍してからの選手たちの意識改革を成した方だと考えると監督としての素養も非常に高いとみていいのではないでしょうか?

まだ、次期監督については決まっていませんが、秋山さんが指揮を執る古巣の西武ライオンズ監督というのも個人的には見てみたいですね!

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク