DeNA・ホセ・ロペスの性格は?今季さらに覚醒するか!?

強打の横浜DeNA打線の主軸であるホセ・ロペス選手。

勝負強さと確実性とパワーを併せ持った助っ人で、昨年のチーム初のCS出場にも大きく貢献しました。

そんなロペス選手は今季、どのような活躍を見せるでしょうか?

性格も含めて予想してみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

DeNAホセ・ロペスのプロフィール

ロペス選手は1983年11月24日生まれの歳で、ベネズエラ出身の選手です。

ホセ・ロペス -横浜DeNAベイスターズ (2015 – )

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)

生年月日 1983年11月24日(歳)
出身地 ベネズエラ・アンソアテギ州バルセロナ
身長 183cm
体重 103kg
ポジション 内外野手
投打 右投右打
初出場 MLB / 2004年7月31日 NPB / 2013年3月29日
NPB通算:4年 試518 率.276(1803打数498安打)本99 点280 盗3

経歴

ベネズエラといえば野球だけでなくサッカーも強い国。

ロペス選手の少年時代はサッカー選手になりたいと思っていたようです。

野球を始めたのは中学から、その当時もサッカーと野球を両立していたようです。

そんなロペス選手がメジャーの世界に足を踏み入れたのは2000年のこと。

当時、入団したのはイチロー選手も所属していたシアトル・マリナーズでした。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)マリナーズ

2004年には所属していたシアトル・マリナーズでメジャーデビューし、イチロー選手とともに試合に出場したこともありました。

2013年にNPBデビュー!

2014年迄巨人に在籍。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)巨人入団

▲ 契約金1700万円、年俸8000万円で1年契約

巨人 新外国人が入団会見 ロペス「最低打率3割、15本塁打」
巨人の新外国人選手のホセ・ロペス内野手とマニー・アコスタ投手が29日、川崎市のジャイアンツ球場で入団記者会見を行った。大リーグ通算92本塁打のロペスは「優勝のために力を尽くす。最低打率3割、15本塁打を打ちたい」と言い、昨季メッツで45試合に登板したアコスタは「チームの連覇に貢献したい」と力強く語った。会見に同席した原辰徳監督はロペスを中軸の一塁手として、アコスタはセットアッパーや抑えとして起用する案を口にし「実績は申し分ない。環境に慣れて、今まで以上に力を出してくれれば」と期待した。

2015年からは横浜DeNAに移籍して現在に至っています。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)

ロペスがDeNA入り クビにした巨人の選手が恐れる理由
「なんでクビにしちゃったのかな。あんな優良助っ人はいないのに」巨人の某選手がこう言った。巨人を自由契約になったホセ・ロペス(31)が12日、DeNAに年俸1億5000万円の2年契約で入団することが決定。球団を通じて「ベイスターズのメンバーになれることを光栄に思います。大変うれしく、大変興奮しています」とコメントした助っ人に、「敵として厄介な相手になりそう」と巨人は早くも警戒心を強めているのだ。ロペスは今季、チームトップの22本塁打を記録したものの、打率は.243と低空飛行。安定感に欠ける打撃がクビの一因になったが、選手内の評価は高かった。特に堅実な一塁守備は投手陣から絶大な信頼を寄せられて、「ホセのあの守備なら、打率2割ちょっとでも十分」と言われた。

性格

そんなロペス選手は南米出身の選手らしく、非常に明るく、他の選手をからかってみたりすることもあるなど、ひょうきんな一面も持っています。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)

またすでに結婚をされており、ご家族をベネズエラに残し単身赴任生活をしているようです。

ホセ・ロペスはどんなプレーヤー

マリナーズ時代  – ( 2001 – 2010 )

ロペス選手が大リーグの世界に飛び込んだのは2000年のこと。

当時はシアトル・マリナーズに所属し、メジャー初昇格を果たしたのは2004年。

当時はイチロー選手ともプレーしました。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)マリナーズ

2006年には151試合に出場し、シーズン170安打、10本塁打を放ち、打率も2割8分2厘をマーク。

イチロー選手とともに、その年のオールスターゲームにも出場しました。

その後もメジャーに定着し、2008年にはシーズン191安打、2009年には25本塁打を放ちました。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)マリナーズ

マリナーズでは欠かすことの出来ない戦力となりました。

年度別マイナー打撃成績  – ( 2001 – 2005 )

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 三振
2001年(18) A-級:70 .256(289打数74安打) 20 2 13 44
2002年(19) A+級:123 .324(522打数169安打) 60 8 31 45
2003年(20) AA級:132 .258(538打数139安打) 69 13 18 56
2004年(21) AAA級:74 .295(275打数81安打) 39 13 5 30
2005年(22) AAA級:44 .319(182打数58安打) 31 5 2 25

年度別MLB打撃成績  – ( 2004 – 2010 )

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 三振
2004年(21) 57 .232(207打数48安打) 22 5 0 31
2005年(22) 54 .247(190打数47安打) 25 2 4 25
2006年(23) 151 .282(603打数170安打) 79 10 5 80
2007年(24) 149 .252(524打数132安打) 62 11 2 64
2008年(25) 159 .297(644打数191安打) 89 17 6 67
2009年(26) 153 .272(613打数167安打) 96 25 3 69
2010年(27) 150 .239(593打数142安打) 58 10 3 66

ロッキーズ時代  – ( 2011 )

2010年は打撃の成績がふるわず、その年のオフにロッキーズに移籍しました。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)ロッキーズ

このシーズンも成績不振からシーズン途中に解雇され、マーリンズとマイナー契約を結びました。

年度別MLB打撃成績  – ( 2011 )

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 三振
2011年(28) 82 .216(231打数50安打) 21 8 2 28

マーリンズ 〜 インディアンズ 〜 ホワイトソックス  -( 2012 )

その後はインディアンス、ホワイトソックスと毎年のように移籍を繰り返しながら、2013年に巨人に入団することになりました。

年度別MLB打撃成績  – ( 2012 )

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 三振
2012年(29) 81 .246(236打数58安打) 28 4 0 471
MLB通算:9年 1036 .262(3841打数1005安打) 480 92 25 35

巨人時代  – ( 2013 – 2014 )

かつてはメジャーのオールスターにも出場した輝かしい実績を残していたロペス選手。

巨人移籍後、その実績に違わぬ打撃で、3割を超える打率をマークし、メインであるファーストの守備にも安定感があり、ゴールデングラブ賞も受賞しました。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)巨人

しかし翌年はアンダーソン選手やセペダ選手の獲得により、熾烈な外国人枠競争の中でなかなか結果を残すことが出来ず・・・

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)巨人

また阿部慎之助選手の一塁転向もあって、その年のオフに解雇となりましたが、その実績を見込んだ横浜DeNAが獲得し、移籍することになったのです。

年度別打撃成績 – (2013 – 2014)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2013年(30) 121 .303(429打数130安打) 55 18 1 5 57 8000万
2014年(31) 134 .243(375打数91安打) 57 22 1 3 66 1億7000万

横浜DeNAへ移籍  – ( 2015 – 2016 )

横浜DeNAに移籍したことで、伸び伸びプレーすることが出来るようになったのか打撃の調子を取り戻します。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)

2015年には25本塁打、2016年には何と34本塁打、95打点をマークし、チームの史上初のCS出場にも大きく貢献しました。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)

年度別打撃成績 – (2015 – 2016)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2015年(32) 140 .291(516打数150安打) 73 25 1 1 82 1億5000万
2016年(33) 123 .263(483打数127安打) 95 34 0 0 75 1億5000万
NPB通算:4年 518 .276(1803打数498安打) 280 99 3 0 280  2億3000万

2017年の活躍は期待出来るか?

横浜DeNAに移籍して3年目を迎えたロペス選手は、今やチームの打線には欠かせない戦力となっています。

開幕から打線も好調で、3割を軽く超える打率と勝負強さを見せています。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)

主砲の筒香選手がなかなか波に乗れない中で、ロペス選手の安定した打棒はより力強さを感じさせます。

横浜DeNA打線の中核を担い、ライバルを寄せ付けないほどです。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)

ロペス選手のアピールポイントはなんと言ってもシュアな打撃。

好調、不調の波もほとんどなく、シーズン通して安定した成績を残しています。

今季も安定感に磨きがかかり、チームの主軸として活躍を期待できるでしょう。

ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)

DeNA打線 (2016年度成績)

1番 桑原 将志 センター 試133 率.252(462打数131安打)本11 点49 盗19
2番 石川 雄洋 セカンド 試95 率.294(297打数62安打)本2 点14 盗6
3番 梶谷 隆幸 ライト 試107 率.274(396打数108安打)本18 点56 盗26
4番 筒香 嘉智 レフト 試133 率.322(469打数151安打)本44 点110 盗0
5番 ロペス ファースト 試123 率.263(483打数127安打)本34 点95 盗0
6番 倉本 寿彦 ショート 試141 率.294(534打数157安打)本1 点38 盗2
7番 宮﨑 敏郎 サード 試101 率.291(302打数88安打)本11 点36 盗0
8番 戸柱 恭孝 キャッチャー 試124 率.265(367打数83安打)本2 点23 盗0
9番 石田 健大 ピッチャー 登25 防3.12(9勝4敗)投153.0 振132

まとめ

昨年、横浜DeNAは球団史上初のCS出場を果たし、CSのファイナルステージまでコマを進めました。

日本シリーズ出場という目標もはっきりと見えてきました。

そんなチームにあって、ロペス選手は絶対的に欠かせない戦力です。

筒香選手とのクリーンアップは、セリーグでも最強クラスといっていいでしょう。

安定した打撃でチームを優勝に導けるかが注目されます。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク