DeNAドラ1濱口遥大 レジェンド山本昌が評価した訳は?

DeNAドラ1濱口遥大 レジェンド山本昌が評価した訳は?横浜DeNAがドラフト1位で指名したのは、大学球界屈指の左腕と評価された神奈川大学の濱口遥大投手です。

あのレジェンド・山本昌投手も評価しているとされる濱口投手とはどのような投手なのでしょうか。

そしてなぜそこまで評価されているのか、迫ってみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

濱口遥大の経歴・生い立ち

濱口遥大投手は佐賀県基山町出身で、1995年3月16日生まれの21歳。

ご両親と2人のお兄さんの5人家族で育ちました。

濱口 遥大(はまぐち はるひろ)-横浜DeNAベイスターズ (2017 – )

濱口 遥大(神奈川大)

生年月日 1995年3月16日(21歳)
出身地 佐賀県基山町
身長 173cm
体重 80kg
ポジション 投手
投打 左投左打
プロ入り 神奈川大〜2016年 ドラフト1位
球種 スライダー・チェンジ・カーブ・フォーク

小学1年の頃から地元のリトルリーグで軟式野球を始め、中学に入っても軟式野球を続けました。

将来、横浜DeNAのドラフト1位になる濱口投手ですが、硬式野球を本格的に始めたのは、同じ佐賀県の三養基高校に進学してからの事。

3年になるとチームのエースとして、140キロのストレートを投げ込むなど、県下でも注目される左腕となりましたが、甲子園に出場した経験はありません。

濱口 遥大(神奈川大)

その後、神奈川大学の進学すると、1年の春からいきなりリーグ戦に出場し、初先発でいきなり初勝利も飾るなど、大学でもその素質をさらに伸ばしました。

大学2年の春には150キロをたたき出し、大学4年夏の日米大学野球で3回無失点の見事なリリーフを見せました。

濱口 遥大(神奈川大)侍ジャパン

神奈川大学リーグでは通算20勝。

一躍ドラフト候補となり、横浜DeNAの1位指名を受けることになるのです。

濱口 遥大(横浜DeNA)

2001年 ドラフト

1位 濱口 遥大 投手 神奈川大
2位 水野 滉也 投手 東海大北海道
3位 松尾 大河 内野手 秀岳館高
4位 京山 将弥 投手 近江高
5位 細川 成也 投手 明秀日立高
6位 尾仲 祐哉 投手 広島経済大
7位 狩野 行寿 内野手 平成国際大
8位 進藤 拓也 投手 JR東日本
9位 佐野 恵太 内野手 明治大

濱口遥大の大学時代の経歴・注目された訳

濱口投手が一躍、プロスカウトから注目を集めるようになったのは神奈川大学進学後です。

いきなり1年の秋に新人賞を獲得すると、2年の時にはストレートが150キロに到達しました。

濱口 遥大(横浜DeNA)

けして上背に恵まれているわけではなく、身長は投手としては小柄な173cm。

しかし、ストレートの最速は151キロ、さらにチェンジアップ、フォーク、スライダーなど多彩な変化球を投げ分けます。

神奈川大学時代 投手成績

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 自責点
13春〜16秋 51 2.10 20勝16敗 359.1 311 84

全国大会 投手成績

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 自責点
14選・14選 7 0.68 5勝1敗 53.0 43 4

国際大会 投手成績

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 自責点
14〜16 5 6.00 0勝2敗 12.0 14 8

とりわけチェンジアップは切れ味が良く、150キロを超えるストレートとのコンビネーションは、相手を緩急で戸惑わせることが出来ます。

また大学時代に積み重ねた20勝のうち、実に15回は完投勝利を挙げるなど、完投能力に優れているのも大きな特徴です。

濱口 遥大(横浜DeNA)

緩急を使ったピッチングと、完投できるだけのスタミナもあるだけに、即戦力としての期待も高く、しかもどこの球団もほしがる左腕であったことも注目された大きなポイントとなりました。

レジェンド山本昌が評価した濱口遥大の来季活躍予想

濱口投手の投球を非常に評価している人がいます。

中日で長く左腕エースを務め、50歳までプレーし、レジェンドと呼ばれた山本昌さんです。

山本 昌広(やまもと まさひろ)-中日ドラゴンズ (1984 – 2015)

山本昌 中日

生年月日 1965年8月11日(51歳)
出身地 神奈川県茅ヶ崎市
身長 186cm
体重 87kg
ポジション 投手
投打 左投左打
プロ入り 日大藤沢高〜1983年 ドラフト5位
プロ通算:29年 防3.45(219勝165敗5セーブ)投3348.2 振2310

山本昌さんが注目したのは濱口投手のチェンジアップです。

落差の激しいチェンジアップはまさに魔球であり、150キロ台のストレートと比較すると、止まって落ちるような感覚すらあるようです。

ここまで激しく落差のあるチェンジアップを投げることが出来る投手はなかなかいなく、コントロールの課題を改善できれば、ものすごい投手になる可能性も十分にあると評価しています。

そんな濱口投手が入団することになるだろう横浜DeNAは、今季、球団史上初のCS進出を達成しました。

DeNAクライマックス進出

2016年 セ・リーグ順位 – 試合数 143試合 –

チーム 勝率 勝差
1位 広島 89 52 2 .631
2位 巨人 71 69 3 .507 17.5
3位 DeNA 69 71 3 .493 2.0
4位  阪神 64 76 3 .457 5.0
5位 ヤクルト 64 78 1 .451 1.0
6位 中日 58 82 3 .414 5.0

2016年 クライマックスシリーズ

ファーストステージ:東京ドーム
10/8(土)
14:00
巨人 3-5 DeNA
10/9(日) 14:00 巨人 2-1 DeNA
10/10(月) 14:00 巨人 3-4 DeNA
10/11(火)  18:00 予備日
ファイナルステージ:マツダスタジアム
10/12(水) 18:00 広島 5-0 DeNA
10/13(木) 18:00 広島 3-0 DeNA
10/14(金) 18:00 広島 0-3 DeNA
10/15(土) 13:30 広島 7-3 DeNA

ルーキーの今永昇太投手や2年目の石田健大投手といった若い左腕の活躍も、飛躍の大きな要因の1つです。

今永 昇太(いまなが しょうた)-横浜DeNAベイスターズ (2016 -)

今永 昇太

生年月日 1993年9月1日(23歳)
出身地 福岡県北九州市
身長 177cm
体重 80kg
ポジション 投手
投打 左投左打
プロ入り 駒澤大学〜2015年 ドラフト1位
2016成績 登22 防2.93(8勝9敗)投135.1 振136

石田 健大(いしだ けんた)-横浜DeNAベイスターズ (2015 -)

石田健大(DeNA)

生年月日 1993年3月1日(23歳)
出身地 広島県広島市南区
身長 180cm
体重 85kg
ポジション 投手
投打 左投左打
プロ入り 法政大学〜2014年 ドラフト2位
2016成績 登25 防3.12(9勝4敗)投153.0 振132

かつては左腕不足に悩んでいたチームでしたが濱口投手が加入することで、より一層左腕に厚みが増してくるでしょう。

それは濱口投手の立場からすれば、ライバルがたくさんいるということにもなります。

濱口 遥大(横浜DeNA)

持ち味のチェンジアップを活かすことが出来れば、1年目から十分に活躍できる可能性はあるでしょうし、1年目に関して言えば、それだけの持ち味があれば、中継ぎでもその特徴を十分に生かせるかもしれません。

2016年 DeNA主力投手陣

役割 選手 防御率 ホールド セーブ
先発 山口 俊 2.86 11 5 0 0
先発 石田 健大 3.12 9 4 0 0
先発 今永 昇太 2.93 8 9 0 0
先発 井納 翔一 3.50 7 11 0 0
中継ぎ 三上 朋也 2.61 2 4 32 2
中継ぎ 須田 幸太 2.68 5 3 23 0
中継ぎ 田中 健二朗 2.45 5 3 23 0
中継ぎ ザガースキー 4.96 3 1 3 0
抑え 山﨑 康晃 3.59 2 5 5 33

まとめ

横浜DeNAは今季、先発左腕が非常に充実しました。

ここのところ、上位で獲得した若手左腕が次々と1軍の先発で活躍し、結果を残しています。

これに濱口投手が加われば、一層左腕が充実してくることでしょう。

悲願の優勝へ向けて、左腕を充実させることも必須の課題ですが、濱口投手の加入で、その課題を解消できる可能性も秘めています。

それだけ素質十分で、楽しみな戦力であることは間違いありません。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク