セリーグ新人王最有力候補は誰?前半の成績を踏まえルーキー診断しました!

山崎康晃 新人王
出典:http://number.bunshun.jp/  2015年新人王 山崎康晃投手(DeNA)

今季のルーキー勢は粒揃いで激しい新人王争いが繰り広げられるのではないか、とされていました。

今シーズンも折り返し地点を過ぎた今、果たしてルーキーの活躍ぶりはどうでしょうか。

そして新人王は誰が受賞するのか、その候補を占ってみましょう。

セリーグ前半戦有望株新人野手


セリーグ前半戦有望株新人投手


セリーグドラフト1位ルーキー診断


セリーグ新人王候補

スポンサーリンク
アドバンク大

2016年セ・リーグ前半戦の有望株!新人選手はだれ?

今季のルーキー勢を見渡してみると、投手よりもむしろ野手の方が目立っていると言う印象を受けます。

野手注目の選手

阪神のドラフト1位・高山俊選手は開幕から1番を任され、一時は3割を越える打率と勝負強さを発揮しました。

阪神 高山

髙山 俊(たかやま しゅん)

生年月日 1993年4月18日(23歳)
出身地 千葉県船橋市
身長 181cm
体重 86kg
ポジション 外野手
投打 右投左打
プロ入り 2015年 ドラフト1位
成績 試80 安77 率.270 本2 点31 盗4

2016年7月17日(日) 現在

阪神は若手を積極的に起用しており、ドラフト6位の板山祐太郎選手も、一時は1番スタメンで出場することもありました。

板山祐太郎

板山 祐太郎(いたやま ゆうたろう)

生年月日 1994年3月27日(22歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 180cm
体重 79kg
ポジション 外野手
投打 右投左打
プロ入り 2015年 ドラフト6位
成績 試29 安18 率.228 本0 点4 盗1

2016年7月17日(日) 現在

また、横浜DeNAの戸柱恭孝選手はドラフト4位のルーキー捕手ですが、今や正捕手の座をつかむところまで定着しています。

戸柱恭孝捕手

戸柱 恭孝(とばしら やすたか)

生年月日 1990年4月11日(26歳)
出身地 鹿児島県肝属郡肝付町
身長 178cm
体重 88kg
ポジション 捕手
投打 右投左打
プロ入り 2015年 ドラフト4位
成績 試75 安53 率.232 本1 点12 盗0

2016年7月17日(日) 現在

投手注目の選手

投手では横浜DeNAのドラフト1位左腕の今永昇太投手。

好投してもなかなかプロ初白星まで遠かったのですが、1つ勝ち始めると白星を5つ積み重ね、ルーキー投手では12球団トップの勝利数となっています。

今永昇太

今永 昇太(いまなが しょうた)

生年月日 1993年9月1日(22歳)
出身地 福岡県北九州市
身長 177cm
体重 80kg
ポジション 投手
投打 左投左打
プロ入り 2015年 ドラフト1位
成績 登12 5勝5敗 投72.2 振74 防2.48

2016年7月17日(日) 現在

中日のドラフト4位・福敬登投手は、昨年まで山本昌投手がつけていた背番号「34」を継いだことで有名になりましたが、主に中継ぎで24試合に登板し、戦力となりつつあります。

福敬登

福 敬登(ふく ひろと)

生年月日 1992年6月16日(24歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 178cm
体重 85kg
ポジション 投手
投打 左投左打
プロ入り 2015年 ドラフト4位
成績 登24 1勝1敗4H 投39.2 振27 防4.99

2016年7月17日(日) 現在

またシーズン中盤に入り、阪神のドラフト5位・青柳晃洋投手が、変則的なフォームから先発として2勝をマークし、後半戦に向けて戦力として面白い存在になってきそうです。

青柳晃洋

青柳 晃洋(あおやぎ こうよう)

生年月日 1993年12月11日(22歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 181cm
体重 79kg
ポジション 投手
投打 右投右打
プロ入り 2015年 ドラフト5位
成績 登5 2勝1敗 投22.2 振15 防3.57

2016年7月17日(日) 現在

各球団のドラ1ルーキー診断

では、セリーグ各球団のドラフト1位はどうでしょうか。

DeNAドラフト1位

やはり、最も結果を残している選手となると、横浜DeNAの今永昇太投手ということになるでしょう。

一時は防御率1点台という成績を残していた時期もありました。

また、5月6日の広島戦で6度目の先発でプロ初勝利を挙げると、そこから5連勝を飾りました。

ただ、やはり長いシーズンを投げるとなると疲れも出てくるのでしょう。

現在は一時戦列を離れている状況です。

今永 昇太(いまなが しょうた)

今永 昇太

広島東洋カープドラフト1位

そして、ここへきて1軍で頭角を現してきたのが広島・岡田明丈投手です。

シーズン序盤には1アウトを奪っただけで6失点降板という試合もありましたが、9度目の先発となった6月25日の阪神戦でようやくプロ初勝利。

しかし、先発の一角として定着し、試合を作る安定した投球を見せています。

岡田 明丈(おかだ あきたけ)

岡田明丈

生年月日 1993年10月18日(22歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 185cm
体重 80kg
ポジション 投手
投打 右投左打
プロ入り 2015年 ドラフト1位
成績 登11 2勝3敗 投62.1 振39 防3.03

2016年7月17日(日) 現在

東京ヤクルトスワローズドラフト1位

東京ヤクルトの原樹理投手は、5月1日の巨人戦でプロ初勝利をマークしましたが、なかなか勝ち星が伸びず、防御率も6点台を目前にしたところまで悪化し、2軍降格となりました。

しかし、ここまで2勝を挙げており、復調が期待されます。

原 樹理(はら じゅり)

原樹理

生年月日 1993年7月19日(22歳)
出身地 兵庫県加古川市
身長 180cm
体重 79kg
ポジション 投手
投打 右投右打
プロ入り 2015年 ドラフト1位
成績 登13 2勝8敗 投67 振33 防5.91

2016年7月17日(日) 現在

阪神タイガースドラフト1位

復調と言えば、阪神の高山俊選手は開幕からその打撃力をいかんなく発揮しました。

しかし、疲れや相手のマークなどもあって、打率は下降気味。

この壁を打ち破れるかが試される時期でしょう。

髙山 俊(たかやま しゅん)

高山俊

中日ドラゴンズドラフト1位

中日・小笠原慎之介投手はセリーグのドラ1では唯一の高校生です。

5月31日の福岡ソフトバンク戦で5回1失点デビューを飾り、5試合に登板し、将来性を感じさせる投球を見せました。

小笠原 慎之介(おがさわら しんのすけ)

小笠原慎之介

生年月日 1997年10月8日(18歳)
出身地 神奈川県藤沢市
身長 180cm
体重 83kg
ポジション 投手
投打 左投左打
プロ入り 2015年 ドラフト1位
成績 登5 0勝1敗 投17 振11 防3.18

2016年7月17日(日) 現在

読売ジャイアンツドラフト1位

ただ、その一方で期待外れになっているのが巨人・桜井俊貴投手。

開幕直後の3月30日にプロ初登板を先発で飾りましたが、5回途中でマウンドを降り、その後は右ひじの張りで調整中です。

大学時代に急成長を見せた右腕ですが、プロでは洗礼を浴び、肘に影響が出てしまい、他球団のドラ1に比べ、完全に遅れを取った格好です。

桜井 俊貴(さくらい としき)

桜井俊貴

生年月日 1993年10月21日(22歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 181cm
体重 86kg
ポジション 投手
投打 右投右打
プロ入り 2015年 ドラフト1位
成績 登1 0勝4敗 投4.1 振5 防8.31

2016年7月17日(日) 現在

セ・リーグ新人王最有力候補は?

では、果たして新人王を獲得するのは誰でしょうか。

投手では10勝、野手では打率2割8分以上あたりがボーダーラインとなってくるでしょう。

開幕当初、近年稀に見る「新人当たり年」と言われていましたが、ルーキー勢は全体的に苦戦しています。

新人王の資格
・海外のプロ野球リーグに参加した経験がない選手
・初めて支配下登録を受けてから5年以内の選手
・前年までの出場が・・・30イニング以内(投手)/60打席以内(野手)

過去10年 セ・リーグ歴代新人王
年度 選手 球団 ポジション  成績
2015 山崎 康晃 DeNA 投手 防1.92 2勝4敗37S
2014 大瀬良大地 広島 投手 防4.05 10勝8敗
2013 小川 泰弘 ヤクルト 投手 防2.93 16勝4敗
2012 野村 祐輔 広島 投手 防1.98 9勝11敗
2011 沢村 拓一 巨人 投手 防2.03 11勝11敗
2010 長野 久義 巨人 外野手 率.288 19本塁打
2009 松本 哲也 巨人 外野手 率.293 16盗塁
2008 山口 鉄也 巨人 投手 防2.32 11勝2敗
2007 上園 啓史 阪神 投手 防2.42 8勝5敗
2006 梵  英心 広島 内野手 率.289 8本塁打

その中で、復調してくれば、投手10勝のボーダーラインに近づける、もしくは超えられる可能性がある現在5勝の横浜DeNA・今永昇太投手。

もしくは阪神の高山俊選手あたりが有力になってくるでしょう。

ただ、現状の成績では、残り試合を考えると、復調のペースを挙げなければ苦しい状況には変わりありません。

その他、野手では、打率こそ2割3分台ですが、捕手としてチームの守備の要となっている横浜DeNAのドラフト4位・戸柱恭孝選手も候補の1人でしょう。

高山選手同様、戸柱恭孝選手にも6年ぶり野手新人王に期待がかかります。

またルーキーではありませんが、新人王の権利を持っている選手としては、阪神で伸び盛りの若手として期待される北條史也選手。

北條史也

北條 史也(ほうじょう ふみや)

生年月日 1994年7月29日(21歳)
出身地 大阪府堺市南区
身長 177cm
体重 75kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り 2012年 ドラフト2位
成績 試67 安47 率.264 本1 点13 盗3

2016年7月17日(日) 現在

そしてパンチ力のある打撃でアピールしている広島・下水流昂選手あたりが候補に挙がってくるでしょう。

下水流昂

下水流 昂(しもずる こう)

生年月日 1988年4月23日(28歳)
出身地 神奈川県横浜市青葉区
身長 178cm
体重 85kg
ポジション 外野手
投打 右投右打
プロ入り 2012年 ドラフト4位
成績 試25 安20 率.345 本4 点14 盗0

2016年7月17日(日) 現在

投手では、中日のドラフト4位・福敬登投手が中継ぎとして、50試合以上に登板するようになってくれば、候補に挙がってくるのではないでしょうか。

また中日の3年目・祖父江大輔投手がここへ来て中継ぎで安定感を見せ、まだ18試合の登板ながら、防御率は0.47と驚異の数字。

登板試合を伸ばしてくれば、意外なダークホースとなるかもしれません。

下水流昂選手、祖父江大輔投手ともに28歳なので新人王獲得には相当な成績が求められますが・・・

祖父江大輔

祖父江 大輔(そぶえ だいすけ)

生年月日 1987年8月11日(28歳)
出身地 愛知県名古屋市中川区
身長 175cm
体重 78kg
ポジション 投手
投打 右投左打
プロ入り 2013年 ドラフト5巡目
成績 登18 0勝0敗 投19 振14 防0.47

2016年7月17日(日) 現在

セ・リーグ新人王最有力候補
評価 選手 球団 ポジション  成績
A 今永 昇太 DeNA 投手 防2.48 登12 5勝5敗 投72.2 振74
A 高山 俊 阪神 外野手 率.270 試80 安77 本2 点31 盗4
A 戸柱 恭孝 DeNA 捕手 率.232 試75 安53 本1 点12 盗0
B 福 敬登 中日 投手 防4.99 登24 1勝1敗4H 投39.2 振27
B 岡田 明丈 広島 投手 防3.03 登11 2勝3敗 投62.1 振39
C 原 樹理 ヤクルト 投手 防5.91 登13 2勝8敗 投67 振33
C 小笠原 慎之介 中日 投手 防3.18 登5 0勝1敗 投17 振11
C 北條 史也 阪神 内野手 率264 試67 安47 本1 点13 盗3
C 青柳 晃洋 阪神 投手 防3.57 登5 2勝1敗 投22.2 振15
D 桜井 俊貴 巨人 投手 防8.31 登1 0勝4敗 投4.1 振5
D 板山 祐太郎 阪神 外野手 率.228 試29 安18 本0 点4 盗1
D 下水流 昂 広島 外野手 率.345 試25 安20 本4 点14 盗0
D 祖父江大輔 中日 投手 防0.47 登18 0勝0敗 投19 振14

2016年7月17日(日) 現在

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク