選抜決勝 智弁学園 – 高松商!!見どころ 準決勝 智弁学園 – 龍谷大平安・秀岳館 – 高松商の試合結果

智弁学園 – 高松商 決勝戦へ向けて

第88回選抜高校野球 大会11日目 3月31日(木)決勝戦 12:30開始

智弁学園
(奈良)

2

1

高松商
(香川)

試合結果


出典:http://headlines.yahoo.co.jp/


決勝戦は奈良・智弁学園高と香川・高松商高の対決となりました。

春夏通じて初の決勝戦となる智弁学園高は、

奈良県勢では1997年の天理高以来の選抜制覇をめざします。

対して高松商高は春夏ともに2度の優勝経験がある古豪。

優勝すれば香川県勢では1995年の観音寺中央高以来、

高松商高としては55年ぶりなります。

昨年秋の明治神宮大会の覇者だけに、それに続く栄冠まで目前となりました。
ともに準決勝は投手戦を制しました。

春の大会は投手力があるチームが勝つ傾向にありますが、

立て続けにある試合、そして智弁学園高村上頌樹投手

高松商高浦大輝投手ともに完投しました。

最後の力を振り絞るマウンドとなりますが、

打線がいかに先手を奪うかがカギとなります。

智弁学園高はリードオフマンで準決勝ではサヨナラタイムリーを放った納大地選手

ラッキーボーイとなっているだけに要注目です。

高松商高は4番以降の植田兄弟美濃晃成選手の好調打線が機能するか注目です。

スポンサーリンク
アドバンク大

智弁学園 – 高松商 データ比較

一回戦  智弁学園(奈良) 4 – 0 福井工大福井(福井)

二回戦  智弁学園(奈良) 4 – 1 鹿児島実(鹿児島)

準々決勝 智弁学園(奈良) 6 – 0 滋賀学園(滋賀)

準々決勝 智弁学園(奈良) 2 – 1 龍谷大平安(京都)

一回戦  高松商(香川) 7 – 6 いなべ総合(三重)

二回戦  高松商(香川) 5 – 1 創志学園 (岡山)

準々決勝 高松商(香川) 17 – 8 海星 (長崎)

準々決勝 高松商(香川) 4 – 2 秀岳館(熊本)

智弁学園 打撃成績 打率.325

打数 得点 安打 打点 三振 四死球 犠打飛 盗塁 失策 本塁打
1回戦 29 4 9 4 6 4 3 3 1 0
2回戦 27 4 5 3 5 5 3 1 1 1
準々決勝 29 6 12 6 5 4 5 1 0 0
準決勝 32 2 12 2 8 3 2 0 1 0
合計 117 16 38 15 24 16 13 5 3 1

高松商 打撃成績 打率.336

打数 得点 安打 打点 三振 四死球 犠打飛 盗塁 失策 本塁打
1回戦 31 7 9 6 3 6 4 1 1 0
2回戦 34 5 9 5 5 8 1 1 0 1
準々決勝 39 17 22 17 3 8 5 5 4 1
準決勝 39 4 8 4 7 2 0 2 2 0
合計 143 33 48 32 18 24 10 9 7 2

智弁学園 村上頌樹投手 防御率0.25

投球回数 打者数 被安打 奪三振数 与四死球数 失点 自責点
1回戦 9 38 10 7 1 0 0
2回戦 9 36 6 7 4 1 1
準々決勝 9 29 2 8 1 0 0
準決勝 9 37 7 4 4 1 0
合計 36 140 25 26 10 2 1

高松商 浦大輝投手成績 防御率2.76

投球回数 打者数 被安打 奪三振数 与四死球数 失点 自責点
1回戦 7回1/3 31 7 3 1 6 5
2回戦 9 31 5 4 2 1 1
準々決勝 5回1/3 25 6 4 1 4 3
準決勝 11 42 10 7 2 2 1
合計 32回2/3 129 28 18 6 13 10

準決勝 智弁学園 – 龍谷大平安 試合結果

第88回選抜高校野球 大会10日目 3月30日(水)準決勝 第1試合11:00〜

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
龍谷大平安 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 7 0
智弁学園 0 0 0 0 0 0 0 0 2X 2 12 1

4年連続40回目の選抜出場となる京都・龍谷大平安高

2年ぶり10回目の出場となった奈良・智弁学園高

ともに高校野球の名門で近畿勢同士の対決となった準決勝1試合目。

ここまで龍谷大平安高は左腕エースの市岡奏馬投手

智弁学園高は右腕エースの村上頌樹投手が安定感抜群の投球で守り勝ってきました。

エースの安定感が際立つ両校ですが、準決勝はまさにそれにふさわしい投手戦となりました。
3回表、龍谷大平安高は2死1塁の場面で、4番・橋本和樹選手

レフト前ヒットを相手が後逸したことで、ランナーが一気に生還し、先制点を奪います。

その後は龍谷大平安市岡奏馬投手智弁学園村上頌樹投手

それぞれランナーを出しながらも粘りのピッチングで、息詰まる投手戦に。
しかし、野球はゲームセットまで分からないものです。

9回裏、智弁学園高の攻撃は1死から3連打で満塁とすると、

1番・納大地選手がセンターへ逆転サヨナラの2点タイムリー。

追い込まれてからの大逆転で、智弁学園高は春夏通じて初の決勝進出を決めました。

熾烈な投手戦を制し、ますます勢いを加速させ、決勝の舞台に臨みます。

準決勝 秀岳館 – 高松商 試合結果

第88回選抜高校野球 大会10日目 3月30日(水)準決勝 第2試合13:30〜

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
高松商 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2 4 8 2
秀岳館 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 10 1

1924年に始まった選抜高校野球の第1回優勝校で

20年ぶり26回目の出場となった香川・高松商高

一方で13年ぶり2回目の出場となった熊本・秀岳館高

ともに打線爆発した試合があったり、接戦をモノにしたりと、

波の激しい試合が続きながらも勝ち進んできました。

そして準決勝での対決は第1試合に負けず劣らずの白熱した投手戦となりました。

4、6回と1点ずつ奪い、じわりと点差を広げた高松商高でしたが、

6回裏に2死1塁から連打やエラーも重なり、一気に同点に追い付きます。

しかし、高松商高はエース・浦大輝投手、

秀岳館高堀江航平投手から有村大誠投手への継投で、2-2のまま延長戦へ。

死力を尽くした戦いは延長11回表、

高松商高がセーフティバントや相手のミスによって得た1、3塁のチャンスに

植田響介選手美濃晃成選手の連打で勝ち越し、激戦を制しました。

まさに死闘でした。秀岳館高の10安打に対して、高松商高は8安打。

ヒットは少なくとも最後のビックチャンスを活かし、55年ぶりの決勝戦にコマを進めました。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク