ワールドカップ アジア最終予選 組み合わせ・日程 日本の出場する条件は?

アジア最終予選
出典:http://sports.yahoo.co.jp/

「2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選」の

組み合わせ抽選会が4月12日決定しました。

■グループA
イラン(42位)
韓国(56位)
ウズベキスタン(66位)
中国(81位)
カタール(83位)
シリア(110位)

■グループB
オーストラリア(50位)
日本(57位)
サウジアラビア(60位)
アラブ首長国連邦(UAE)(68位)
イラク(105位)
タイ(119位)

スポンサーリンク
アドバンク大

日本代表が入ったグループBの印象

■アジア最終予選日程

アジア最終予選2016年日程
2016年9月1日(木)日本 vs UAE
2016年9月6日(火)タイ vs 日本
2016年10月6日(木) 日本 vs イラク
2016年10月11日(火) オーストラリア vs 日本
2016年11月15日(火) 日本 vs サウジアラビア

アジア最終予選2017年日程
2017年3月23日(木) UAE vs 日本
2017年3月28日(火) 日本 vs タイ
2017年6月13日(火) イラク vs 日本
2017年8月31日(木) 日本 vs オーストラリア
2017年9月5日(火) サウジアラビア vs 日本

サッカーワールドカップのアジア最終予選で、日本はグループBに入りました。

このグループには日本以外に、

オーストラリア、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、イラク、タイの

6カ国が入り、この中から2つしかないワールドカップ出場枠を巡って、

来年の9月までの長い総当たり戦が行われます。

グループBを現在のFIFAランキングで見てみると、

最も高いのは50位のオーストラリア、

ついで57位の日本、60位のサウジアラビアとなっており、

最も低いのはタイの119位となっています。

日本の最大のライバルはやはりオーストラリアでしょう。

身長の高さも日本にとっては脅威ですが、攻撃のコンビネーションも充実しています。

サウジアラビア、アラブ首長国ともに、ポイントゲッターである選手がいるだけに、

カウンターなどの攻撃にも注意が必要です。

意外な落とし穴があるとすれば、やはりこの2カ国となるでしょう。

しかし、日本代表にとっては、オーストラリア、イラク、UAEという

アジアカップで4強に入った国が、それぞれの連戦の初戦がホームであるということ…

日程的にも恵まれているだけに、十分に追い風は吹いているというのが印象です。

スポンサーリンク

グループAの印象

一方でグループAはというと、FIFAランキングが42位のイラン、

56位の韓国、66位のウズベキスタン、81位の中国、83位のカタール、

そして110位のシリアとなっています。

現在のFIFAランキングが示すように、

ワールドカップ出場権2枠を巡る争いはイランと韓国が中心となるのではないでしょうか。

しかし、その一方でウズベキスタン、中国、カタールともに、近年は非常に力をつけており、

この3カ国のいずれかが台風の目となる可能性も十分にあるのではないかと考えられます。

波乱の可能性も十分に秘めている…それがグループAの印象です。

日本代表がワールドカップに出場する条件は?

アジア最終予選でワールドカップに出場できるのは、

それぞれのグループの上位2チームとなります。

そして、それぞれの3位のチームはプレーオフを戦い、

北中米4位のチームとプレーオフを戦うことになります。

つまり、アジアからワールドカップに出場できるのは4〜5枠ということになります。

日本代表がワールドカップに出場するためには、

まずは何と言ってもホームゲームでは確実に勝ち点3を奪っておきたいところです。

格下の相手には特に、

アウェーのゲームでどこまで勝ち点を積み重ねることが出来るかがカギとなるでしょう。

今年の9月1日から始まる最終予選ですが、

その時期は非常に長く、来年の9月5日まで、丸一年かけて行われます。

特に最後の2試合はオーストラリア、サウジアラビアと、

グループBでは上位候補と目されるチームとの対戦が続くだけに、

それまでに出場を決められるかが1つのポイントとなりそうです。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク