“本田2世”小林祐希の経歴、ビッグマウス、プレースタイルは?

小林祐希
出典:http://news.livedoor.com/

生年月日 1992年4月24日(24歳)
出身地 東京都東村山市
身長 182cm
体重 68kg
在籍 ジュビロ磐田
ポジション MF

今、若手のサッカー選手の中で、

最も注目されている選手の1人に小林祐希選手がいます。

Jリーグのジュビロ磐田に所属している小林祐希選手はMFとして、

チームの司令塔の役割を果たすだけでなく、

高い決定力でポイントゲッターとしても活躍し、

5年ぶりに開催されるキリンカップサッカーに日本代表メンバーとして初招集されました。

左利きであり、ビッグマウスぶり、さらに髪型と、

まるであの本田圭佑選手を彷彿とさせることから「本田2世」とも言われています。

そんな今注目の小林祐希選手を詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

小林祐希ビッグマウスエピソード

小林祐希選手が放つ強烈な個性…その1つにビッグマウスがあります。

本田圭佑選手を思い浮かべるような強気な発言には嫌味がなく、

逆に頼もしさを感じる方も少なくないようです。

日本代表に初めて招集されたときには、「後々、10番をつけたい」と、

現在日本代表のエース番号である10番を付けている香川真司選手と

直接話したいというコメントを語れば、

本田2世と呼ばれていることについては

「小林祐希は小林祐希。自分の色を出して、上を脅かす」と、

強い意気込みを語りました。

さらには「1つのプレーで世界を変える」などとも語ります。

世界の舞台に立つからこそ、日本代表メンバーだからこそ、

その強気のビッグマウスが小林祐希選手自身を奮い立たせているのでしょう。

そして、そのビッグマウスが実現したとき、

日本サッカーはまた一人、大きな戦力を手に入れ、チーム力もアップするはずです。

代表初招集!小林祐希のプレースタイルは?

小林祐希選手について、日本代表ハリルホジッチ監督は次のように語っています。

「A代表は攻撃も守備もできる選手が必要です。

長谷部や遠藤航のようにボールを奪えと言っているわけではないですが、

メッシもC・ロナウドもプレッシャーをかけてボールを奪います。

そういうところをやってほしい。

それは現代フットボールに要求されることです」

小林祐希選手は主にボランチを担うMFです。

日本代表はかねてから得点力のアップが大きな課題とされていますが、

小林祐希選手のプレースタイルは、

まさにこの課題を解消するに相応しい人材であるといえます。

チームの司令塔として、守備に攻撃にと目を配るのはもちろんのこと、

攻撃の際には絶妙なパスで、攻撃の体勢を作り上げていきます。

その視野の広さは折り紙つきで、時として積極的に攻撃に回ることもあり、

決定力の高さにも定評があります。

この積極的に自分でゴールを決めに行こうという姿勢は、

日本人選手にはあまりないもの。

しかも、小林祐希選手は左利きという点でも、大きな個性を持っています。

個性が強すぎると、しかも自分で決めに行こうとすると、

チームから孤立するのではないか…そんな懸念を抱かれるかもしれませんが、

小林祐希選手はコミュニケーション能力にも優れており、

司令塔には欠かせない資質を併せ持っているのです。

だからこそ、小林祐希は日本代表初招集となりますが、

貴重な戦力となってくれるという期待が膨らみます。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク