今江敏晃の登録名「今江年晶」に!来季復調?桜井広大とのやんちゃ時代

今季、FAで東北楽天に移籍した今江敏晃選手。

しかし、移籍1年目か故障や不振に見舞われ、期待通りの活躍は出来ませんでした。

そして来季は登録名を「今江年晶」に改め、心機一転のスタートとなります。

これが復調のきっかけとなるのか、桜井広大選手との過去についても見てみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

今江敏晃の経歴・生い立ち

今江敏晃選手は1983年8月26日生まれ、京都府向日市出身です。

小学生のことは地元の少年野球チームに所属。

中学では3年生のときに、ジャイアンツカップで全国優勝を飾るだけでなく、ボーイズリーグの世界選抜メンバーにも選ばれ優勝するなど、輝かしい実績を積みました。

今江 敏晃→年晶(いまえ としあき)-東北楽天ゴールデンイーグルス (2016 – )

今江敏晃(東北楽天)

生年月日 1983年8月26日(33歳)
出身地 京都府向日市
身長 180cm
体重 89kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り PL学園〜2001年 ドラフト3巡目
NPB通算:15年 試1500 率.284(5323打数1513安打)本96 点660 盗32

高校は、プロ野球の名門であった大阪のPL学園高校に進学。

1年から4番に座るなど、中心選手としての3年間を過ごしました。

今江年晶(PL学園)

2年の夏に甲子園に出場した経験があります。

第82回全国高校野球選手権大会 (2000年)今江選手2年生時の試合結果

回戦 対戦校 勝敗
一回戦 札幌南(北海道) 7-0
二回戦 明徳義塾(高知県) 9-4
三回戦 智弁和歌山(和歌山県) 7-11

その後、野球部内での暴力事件があったことで、対外試合禁止処分を受けることとなり、残念ながら、3年の夏は府大会にも出場できないまま、高校での野球生活を終えました。

今江敏晃(PL学園)

しかし、高校通算33本塁打のパンチ力などがプロからも高く評価され、2001年にロッテのドラフト3位指名を受けて、プロの世界に入りました。

主な高校生強打者の通算本塁打 -通算30本塁打代編-

名前 通算 経歴
坂本 勇人 39 光星学院-巨人
陽 岱鋼 39 福岡第一-日ハム
阿部 慎之助 38 安田学園-中大-巨人
オコエ 瑠偉 36(甲-1) 関東一-楽天
今江 敏晃 33 PL学園-ロッテ-楽天
高山 俊 32(甲-2) 日大三-明大-阪神
山田 哲人 31(甲-1) 履正社-ヤクルト

2016年 ドラフト

1巡目 喜多 隆志 外野手 慶應義塾大学
3巡目 今江 敏晃 内野手 PL学園高
4巡目 田中 充 投手 NTT東日本
5巡目 辻 俊哉 捕手 国士舘大学
6巡目 富永 旭 内野手 春野高
7巡目 丸山 泰嗣 内野手 武蔵大学

プロ入り後は、高卒ルーキーながら、1年目の4月には1軍デビューしています。

今江敏晃(ロッテ)

2005年には背番号「5」をつけ、132試合に出場し、打率.310とその素質が一気に開花し、不動のレギュラーとして、チームの顔となりました。

2015年オフにFA宣言し、東北楽天に移籍。

今江敏晃(東北楽天)

私生活では2004年に10歳年上の幸子さんとご結婚しています。

姉さん女房とあって、「野球でダメでも私が何とかする」と献身的に心身両面でサポートしています。

またご結婚の翌年にはお子さんも誕生していますね。

今江敏晃の妻、幸子

千葉ロッテ・今江の妻が無名の夫に言い続けてきた言葉
TBS「プロ野球選手の妻たち」では「“私が夫を一流選手にする”10歳年上の妻 驚きの献身」と題し、千葉ロッテマリーンズ・今江敏晃の妻、幸子さんが夫を支える様子を伝えた。10歳年上の姉さん女房・幸子さんは、今江がまだ無名の21歳という若さで結婚して以降、チームの大黒柱に成長した今日に至るまで、常に献身的なサポートを行ってきたという。まずは好き嫌いの多い夫に対し、工夫を凝らす徹底した食事管理だ。番組のカメラに「苦手なモノは今も出てきています」と苦笑いを浮かべた今江だったが、今では「好きではないです」と言いながらも苦手な野菜が食べれるようになっている。
また、結婚当時21歳でこれから野球で成功を目指そうとする今江に家族や生活といった余計なプレッシャーをかけないよう、幸子さんはどんな時でも「もし万が一、野球で成功できなくても全然平気よ。あなた、まだ20歳そこそこじゃない。その時はその時。野球をクビになったとしても私がなんとかするから」と言い続け、今江が野球に集中できるよう努めてきたという。今江自身も「あなたがダメだったら私が食わせていってあげるから的なことを、本当によくその当時は言ってくれてたので僕もプレッシャーを感じず、“結婚したから頑張らないと”みたいな、そういう雰囲気にさせてくれなかったのが凄くよかった」と振り返っているが、その他にも幸子さんはキャンプや遠征で今江が長期で家を離れるような時も小さい息子を連れて今江のもとを訪れ、夫が安らげるよう子供と触れ合う時間を作るなど地道な努力を重ねてきた。事実、結婚翌年から1軍に定着した今江は、2005年にチーム31年振りの日本一を実現、現代の“ミスターロッテ”として活躍する傍ら、小児がん患者と家族を支えるNPO法人の理事を夫婦で務めるなど社会貢献活動も行っている。「僕も息子も両者ともかなり厳しくはなると思うんですけど、でも一緒にやれたらいいなと思います」。9歳の息子・陸斗くんと一緒にプレーしたいという夢を語った今江は、今後も幸子さんの支えにより、夢を実現する日まで現役生活にこだわるようだ。

今江と桜井広大はやんちゃだった?

桜井広大選手はかつて阪神に在籍した選手。

今江選手とは高校時代、同じPL学園高校の野球部に所属していた同期です。

桜井 広大(さくらい こうだい)-阪神タイガース (2002 – 2011)

桜井広大(阪神タイガース)

生年月日 1983年7月1日(33歳)
出身地 滋賀県野洲郡野洲町(現:野洲市)
身長 181cm
体重 95kg
ポジション 外野手
投打 右投右打
プロ入り PL学園〜2001年 ドラフト4巡目
NPB通算:4年 試308 率.273(824打数225安打)本30 点116 盗4

3年のとき、桜井選手はかなりやん ちゃだったようで、後に不祥事として明るみになるパイプ椅子で後輩を殴りつけると言う暴力行為に関与していたことが発覚するほど。

では、今江選手はどうだったかと言えば、後輩である広島・小窪哲也選手は「今江さんは優しかった」と語っており、決してやんちゃではなく、小窪選手にとっては怖い先輩であった3年生の中では、今江選手は別格だったようです。

小窪 哲也(こくぼ てつや)-広島東洋カープ (2008 – )

小窪哲也(広島)

生年月日 1985年4月12日(31歳)
出身地 奈良県葛城市
身長 175cm
体重 80kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り 青山学院大〜大学生・社会人ドラフト3巡目
NPB通算:8年 試539 率.267(1192打数318安打)本15 点127 盗6

今江選手自身、当時はキャプテンを務めており、やんちゃな選手が多かった時代に、チームをまとめるのにはかなり苦労したというエピソードもあります。

そんな今江選手は今でも優しく、真面目な選手です。

今江敏晃(PL学園)

ロッテ時代には「ゴリ」のニックネームで親しまれ、プレーだけでなく、優しさ、真面目さといった高い人間性も併せ持っていたため、多くの選手、ファンからも厚い信頼を得ています。

今江敏晃ゴリ(ロッテ)

社会貢献にも積極的に参加するなど、プロ野球選手として鑑ともいえる選手なのです。

今江敏晃のプレースタイル

ロッテでは主にサードを守っていた今江選手は2005年から4年連続でゴールデングラブ賞を獲得。

今江敏晃(ロッテ)守備

2005年にはベストナイン・また、2005年と 2010年には日本シリーズのMVPを受賞するなど、チームの主軸として活躍を見せました。

タイトル・表彰

ベストナイン 1回(2005年)
ゴールデングラブ賞 4回(2005年 – 2008年)
JA全農Go・Go賞 1回 (最多二・三塁打賞:2005年8月)
日本シリーズMVP 2回 (2005年、2010年)
フレッシュオールスターゲームMVP 1回 (2003年)
ゴールデンスピリット賞 1回 (2015年)
千葉市市民栄誉賞 1回 (2006年)

打撃タイトルこそありませんが、2005年には打率.310、 2010年には.331と、右打者でありながらシュアな打撃を持ち合わせています。

今江敏晃(ロッテ)打撃

チームの打線を時には中軸、時には下位打線と、監督の意向にしっかり沿うような働きをして きました。

また、常に全力でプレーするスタイルにもプロ根性を感じさせます。

しかし、FA移籍した東北楽天では思うような結果が残せていません。

今江敏晃(東北楽天)

ここ10年では最も少ない89試合の出場にとどまりました。

春季キャンプ直前には自主トレ中に左ふくらはぎの痛みを発症し、シーズン中には死球を受けたことで骨挫傷の故障に見舞われました。

相次ぐ故障で、本来の打撃にも影を落としてしまったのです。

このような1年を過ごしたことで、心機一転、登録名を「敏 晃」から「年晶」に変更したのでしょう。

NPB年度別打撃成績

2001年 (18歳) ドラフト3巡目 契約金7500万

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 年俸
2002年(19)ロッテ 15 .200 (25打数5安打) 2 0 0 720万
2003年(20) 5 .333 (6打数2安打) 1 0 0 710万
2004年(21) 41 .257 (136打数35安打) 18 1 0 730万
2005年(22) 132 .310 (461打数143安打) 71 8 4 1350万
2006年(23) 126 .267 (457打数122安打) 47 9 3 5500万
2007年(24) 102 .249 (305打数76安打) 42 9 0 6500万
2008年(25) 117 .309 (405打数125安打) 55 12 3 7300万
2009年(26) 113 .247 (409打数101安打) 60 9 2 1億2000万
2010年(27) 140 .331 (531打数176安打) 77 10 8 1億0200万
2011年(28) 134 .269 (499打数134安打) 51 8 2 1億4700万
2012年(29) 136 .253 (446打数113安打) 47 6 0 1億4700万
2013年(30) 132 .325 (508打数165安打) 74 10 5 1億4000万
2014年(31) 120 .270 (445打数120安打) 54 10 1 2億0000万
2015年(32) 98 .287 (373打数107安打) 38 1 2 2億0000万
2016年(33)楽天 89 .281 (317打数89安打) 23 3 2 2億0000万
プロ通算:15年 1500 .284 (5323打数1513安打) 660 96 32

まとめ

プロ野球選手が登録名を改名するケースは多くあります。

心機一転というのが大きな理由の1つですが、もちろん名前を変えただけで、成績が良くなるわけでは ありません。

しかし、新天地で迎えた今季、故障や不振で苦しんだだけに、来季こそは東北のファンに元気を与えられる活躍が期待されます。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク