西武・金子侑司|辻監督のDNAを受け継ぐ自慢の俊足!ミタパンは

今季から埼玉西武の監督に就任した辻発彦監督。

辻監督の現役時代は、卓越した守備力と技巧的な打撃力、そして俊足が自慢の内野手でした。

そんな辻監督のDNAを受け継いでいるのではないかと期待されるのが金子侑司選手です。

プライベート情報も含めて、金子侑司選手に迫ってみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

金子侑司の経歴・生い立ち

金子侑司選手は1990年4月24日生まれの今年歳。

京都市右京区出身で、西武の外野手です。

金子 侑司(かねこ ゆうじ)-埼玉西武ライオンズ (2013 – )

金子侑司(埼玉西武ライオンズ)

生年月日 1990年4月24日(歳)
出身地 京都府京都市右京区
身長 179cm
体重 75kg
ポジション 内・外野手
投打 右投両打
プロ入り 立命館宇治高〜立命館大〜西武2012年 ドラフト3位
NPB通算:4年 試371 率.254(1137打279安打)本6 点78 盗97

野球を始めたのは、プロ野球選手としては若干遅めの小学4年のときのこと。

それはラグビーもしていたからだそうです。

中学に進学後は地元の野球チームに所属し、ショートを守るようになりました。

中学卒業後は立命館宇治高校に進学し、二遊間をレギュラーとして活躍しました。

立命館宇治高校時代 京都府 – ( 2006- 2009 )

俊足が大きな武器で、ランニングホームランを放つことも。

甲子園の出場経験はなかったものの、プロから注目される存在となりました。

金子侑司(立命館宇治高校)

第90回選手権京都大会 3年生時- ( 2008 )

回戦 対戦校 勝敗
二回戦 鳥羽 7-3
三回戦 京都翔英 5回コールド 12-2
四回戦 日吉ケ丘 6-0
準々決勝 北嵯峨 4-0
準決勝 龍谷大平安 5-4
決勝 福知山成美 2-8

高校通算20本塁打をマークしています。

主な高校生強打者の通算本塁打

名前 通算 経歴
山田 哲人 31(甲-1) 履正社-ヤクルト
村田 修一 28 東福岡-日大-横浜-巨人
浅村 栄斗 22 大阪桐蔭-西武
金子侑司 20 立命館宇治-西武
松坂 大輔 14(甲-1) 横浜-西武-レッドソックス-メッツ-ソフトバンク
西川 遥輝 13 智弁和歌山-日ハム
柳田 悠岐 11 広島商-広島経大-ソフトバンク

高校を卒業すると、地元の名門である立命館大学に進学。

立命館大学時代 – ( 2009- 2013 )

金子侑司(立命館大学)

1年の春からリーグ戦に出場。

2年の春にはショートでリーグのベストナインにも輝きました。

金子侑司(立命館大学)

4年の頃には打撃の調子を落としたものの、大学通算28盗塁を決めるほどの俊足が大きな魅力。

金子侑司(立命館大学)

大学打撃成績 – ( 2009 – 2012)

年度 試合 打率 安打 本塁打 打点 三振 盗塁 出塁率
09春〜12秋 83 .274 288/79 1 17 44 28 .351

表彰/10春:ベストナイン(遊撃手)

ドラフト会議 – ( 2012 )

2012年ドラフト3位で埼玉西武の指名を受け、入団することになったのです。

金子侑司(立命館大学)ドラフト
▲ 契約金5,000万円、年俸1,200万円、背番号2。

ドラフト指名選手 – ( 埼玉西武ライオンズ )

1位 増田 達至 投手 NTT西日本
2位 相内 誠 投手 千葉国際高
3位 金子 侑司 内野手 立命館大学
4位 高橋 朋己 投手 西濃運輸
5位 佐藤 勇 投手 光南高

彼女は?

そんな金子選手、私生活はというと、フジテレビのアナウンサーである三田友梨佳さんと交際中だそうです。

ミタパン(金子侑司)

一時、破局したのではという噂もありましたが、交際は順調に進んでいるようです。

彼女のお父さんが結婚に反対しているとの報道も・・・

三田友梨佳アナと西武・金子侑司 破局報道あったが交際継続 2016.10.14
上戸彩や松嶋菜々子らが出産したことで知られる東京・港区にある、芸能人御用達のセレブ産婦人科。10月上旬の夕方、本誌記者は、大きなマスクを付けて病院に入るミタパンことフジテレビの三田友梨佳アナ(29)を目撃した。
彼女は午後の情報番組『直撃LIVE グッディ!』の進行役を務めており、この4月に退社した加藤綾子アナ(31)に続くエースアナと言われている。さらに記者を驚かせたのは、それから約1時間後、夜間通用口から出てきた彼女を迎えに来た男性だった。白い高級外車に乗ったその男性は、西武ライオンズの金子侑司(26)。今季パ・リーグの盗塁王に輝いた期待の選手である。この2人、かねてから交際が取り沙汰されていたが、今年2月に〈ミタパンが西武・金子と破局! 互いの仕事に集中、良い友人関係に〉(サンケイスポーツ2月20日付)と破局報道があった。フジテレビ関係者が言う。「2人はこれまで何度かあった破局危機を乗り越えて、仲を深めてきた。しかし今年2月には別れを同僚たちにも報告したので、“もう戻らない決意の表われか”と周囲は見ていましたし、本人も“カレとは友達に戻ったの”と言っていました」その2人がなぜいまさら? しかも産婦人科!? その後、2人は六本木の高級焼肉店へ。秘伝のピリ辛ダレに浸かったジューシーな肉は精が付くと評判で、金子と向かい合って座ったミタパンは幸せそうな表情を浮かべていた。

ただ愛を育んでおり、真剣交際が続けば、結婚もけして遠くはないかもしれません。

三田 友梨佳(みた ゆりか)-フジテレビアナウンサー (2011 – )

三田友梨佳(ミタパン)金子侑司

生年月日 1987年5月23日(歳)
出身地 東京都
身長 162cm
体重 47kg
血液型 AかA型
最終学歴 青山学院大学国際政治経済学部

プロ入り後の成績

ルーキー時代 – ( 2013 )

いきなり1年目から開幕戦のスタメンに起用された金子侑司選手。

金子侑司(埼玉西武ライオンズ)

アマチュア時代には内野を守ることが多かったものの、プロ初めての出場は慣れない外野手としてでした。

1年目から1軍でのチャンスが与えられたのは、スイッチヒッターという特徴がありまた堅実な打撃が魅力だったからでしょう。

金子侑司(埼玉西武ライオンズ)

年度別打撃成績 -(2013)

2012年(22歳) ドラフト3位 契約金5,000万

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
20013年(23) 94 .223(278打数62安打) 23 2 12 12 56 1200万

2年〜3年目 – ( 2014 – 2015 )

2年目にはチームで最多の21盗塁を決め、足で成長ぶりをアピール。

金子侑司(埼玉西武ライオンズ)

3年目は骨折で離脱している期間が長く苦しいシーズンとなりました。

金子侑司(埼玉西武ライオンズ)

年度別打撃成績 -(2014 – 2015)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2014年(24) 91 .247(243打数60安打) 16 2 21 12 48 1800万
2015年(25) 57 .224(156打数35安打) 6 1 11 10 43 2600万

レギュラー格へ – ( 2016 )

そんな金子選手が一気に飛躍したのは2016年。

プロ入りから4年目のシーズンのことでした。

金子侑司(埼玉西武ライオンズ)

そのシーズンは開幕こそ腰痛で出遅れ、右膝の痛みに苦しみ離脱した時期もありましたが、それでもプロ入り後初めて規定打席に到達。

金子侑司(埼玉西武ライオンズ)

さらには53盗塁で自身初の盗塁王のタイトルを獲得しました。

アマチュア時代から50m5秒7という類い希な俊足が持ち味でしたがそれをプロでも大きく発揮させたのです。

金子侑司(埼玉西武ライオンズ)

年度別打撃成績 -(2016)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2016年(26) 129 .265(460打数122安打) 33 1 53 13 69 2400万
NPB通算:4年 371 .245(1137打数279安打) 78 6 97 47 216 4800万

タイトル

盗塁王 1回 (2016年)

目指す選手像は?

金子侑司選手が目指している選手像は、まさに今シーズンから埼玉西武の指揮をとっている辻監督でしょう。

辻 発彦(つじ はつひこ)-監督:埼玉西武ライオンズ (2017 – )

辻発彦(埼玉西武ライオンズ)監督

中日・辻発彦コーチが西武来季監督に!現役時代の成績・同世代のライバル達は?
Bクラスに低迷した今季の埼玉西武ライオンズ。 田辺徳雄監督の退団が決定的な状況の中で、次期監督候補として、多くの人物の名前が浮かんでは...

辻監督とは異なり、今シーズンから外野手登録となった金子選手。

シュアな打撃・抜群の俊足と相手の隙を突く走塁は辻監督の現役時代、しかも全盛期を彷彿とさせます。

金子侑司(埼玉西武ライオンズ)

辻監督の走塁といえばやはり思い出すのが1987年の日本シリーズ。

日本一を決めた要因として、今の語り草となっている辻選手の走塁がありました。

辻発彦(西武)守備

西武が王手をかけた巨人との日本シリーズ第6戦。

8回裏2アウト1塁という場面。

その1塁ランナーは辻監督でした。

打者が放ったセンター前の打球・・・

センターを守っていたクロマティ選手が内野に緩慢な返球をするというクセがあることを事前に頭に入れ、一気に本塁に生還し、貴重な勝ち越し点を奪ったのです。

1987年巨人 日本シリーズ
▲クロマティの緩慢な返球の間にホームイン!

この隙のない野球こそが黄金時代の西武を作り上げました。

西武日本一
▲西武が4勝2敗で勝利し、2年連続7度目の日本一

西武ライオンズ打線(1987年成績)

1番 石毛 宏典 サード 試130 率.269(525打141安打)本11 点41 盗10
2番 辻 発彦 セカンド 試51 率.200(125打25安打)本2 点9 盗10
3番 秋山 幸二 センター 試130 率.262(496打130安打)本43 点94 盗38
4番 清原 和博 ファースト 試130 率.259(444打115安打)本29 点83 盗11
5番 安部 理 レフト 試83 率.271(203打55安打)本7 点26 盗4
6番 ブコビッチ ライト 試101 率.244(320打78安打)本14 点46 盗0
7番 伊東 勤 キャッチャー 試124 率.2472(405打100安打)本10 点51 盗7
8番 白幡 隆宗 指名打者 試50 率.294(109打32安打)本2 点9 盗1
9番 清家 政和 ショート 試72 率.224(152打34安打)本0 点8 盗1

金子侑司選手が目指すのは辻監督のような隙のない攻撃。

金子選手はそれが実現出来る選手、是非期待したいですね!

金子侑司(埼玉西武ライオンズ)

まとめ

西武が優勝するカギを握るのは、かつて黄金時代を築き上げた頃のように長打力とスキのない走塁、そして機動力にあります。

特に機動力に関して、金子侑司選手は十分な能力を持ち合わせています。

今シーズンは右脛の痛みから出遅れました。

故障しない体を作り、シーズン通して機動力を存分に発揮することができれば、チームとしても黄金時代の戦力に少しでも近づけるはずです。

もちろん金子侑司選手にとっても、そのことで結婚にも近づけるかもしれませんね。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク