ヤクルト開幕投手ライアン小川泰弘は創価学会員!?

小川 泰弘
出典:http://sports.yahoo.co.jp/

小川 泰弘(おがわ やすひろ)

生年月日 1990年5月16日(26歳)
出身地 愛知県田原市
身長 171cm
体重 80kg
ポジション 投手
投打 右投右打
プロ入り 2012年 ドラフト2位

ヤクルトの小川泰弘選手と言えば「ライアン小川」というニックネームが

広く知られており、新人の頃から最多勝を獲得して周囲を驚かせた選手です。

2014年から2年連続での開幕投手も務めました。

豪快なフォームが特徴の投手で、

普通に考えれば体力が持たないようにも思えるのですが、

この頃から完封を記録するなどスタミナ面でも優れたところを見せていますね。

元メジャーリーガーとして活躍したノーアン・ライアンを参考にした

投球フォームなので、「和製ライアン」とも呼ばれています。

ノーランライアンと小川
ノーランライアンと小川 泰弘の投球フォーム

体格的には小柄な171cmではあるのですが、

ダイナミックなフォームは迫力も十分ですね!

スポンサーリンク
アドバンク大

ヤクルト小川泰弘の成績・年俸推移・身長・彼女は?

年度別投手成績

2012年 (22歳) ドラフト2位 契約金7千万円

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 年俸
2013年(23) 26 2.93 16勝4敗 178.0 135 1200万→5600万
2014年(24) 17 3.66 9勝6敗 108.1 108 6500万
2015年(25) 27 3.11 11勝8敗 168.0 128 1億000万
通算:3年 70 3.17 36勝18敗 454.1 371 2億3300万

タイトル:最多勝利:1回 (2013年)、最高勝率:1回 (2013年)、新人王 (2013年)

小川泰弘投手の成績についてですが、

入団した一年目(2013年)に16勝(4敗)を挙げて、

最多勝、新人王、最高勝率、日本プロスポーツ新人賞などのタイトルも獲得しました。

しかし、翌年の2014年度は疲れもあったのか9勝(6敗)に留まっています。

それでも3年目の2015年には11勝(8敗)と成績を伸ばしていますね。

新人の頃の印象が強すぎて、

以降はそれほど素晴らしい成績を残しているようには思えないかもしれませんが、

どの年も勝ちが先行している(貯金がある)ことを踏まえると

チームへの貢献度は高い選手だと言っていいと思います。

年俸の推移についても見ていきますが、

大活躍だった1年目に1200万から5600万に大幅アップし、

それ以降も2015年には6500万、2016年に大台と言われる1億円に到達するなど、

トッププレイヤーの仲間入りを果たしました。

このように順調なプロ生活を送る小川投手ですが、

冒頭で触れたように身長はそれほど高くなく、

171cmとプロの中では小柄な部類に入ります。

プロの世界では体格も大事な要素で、

実際、体格の問題で大成できなかった選手は少なくないのが実情ですから、

小川投手のように小柄な選手が活躍するのは今後の

プロ野球において大きな意味を持ってくるのではないでしょうか?

また、イケメンでもある小川投手に関して彼女は?

というのも気になるところですが、今のところ彼女がいるという話はないようですね。

それともう一つ、小川投手には創価学会と関わりがあるとの噂もあるのですが、

事実であるのかどうかについても以下で検証していきたいと思います。

ライアン小川は創価学会員?

小川投手創価学会員という疑惑が出ているのは

出身大学が創価大学であることが関係しています。

確かに創価大学出身者には創価学会会員が多いことは周知の事実であり、

同じように学生にも信者が多いと言われていますね。

ですが、創価学会会員であることを裏付ける証拠はどこにもなく、

現状では確かな情報であるとは言えないのが実際のところではないでしょうか。

創価大学に通う学生のすべてが創価学会に通じているとは言えませんよね?

それと同じであくまでも確率論での話にしかなりませんから、

少なくとも今のところはどちらとも言えないというのが結論になるでしょう。

以上、小川泰弘投手についてとなります。

決して恵まれているとは言えない体格でプロの世界に挑戦している選手として

心情的には応援したくなりますし、これから先、プロを目指す選手が

少しでも増えてくるきっかけになってくれることを期待したいですね!

スター選手が活躍する姿を見るのがプロ野球の醍醐味であるのは間違いないですが、

体格面では劣っていてもプロでやっていく道はあるということを示し続けてほしい

と思います。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク