ヤクルト山田哲人は2連続トリプルスリー獲得なるか?成績と年俸は?

ヤクルト山田哲人は2連続トリプルスリー獲得なるか?成績と年俸は?山田哲人
出典:https://wirelesswire.jp/

ヤクルトの山田哲人選手と言えば、

何と言ってもトリプルスリーの達成が第一に挙げられるでしょう!

プロ野球の大記録として知られているタイトルは打者では3冠王がありますが、

トリプルスリーはそれとはまた違った難易度の高さを誇りますよね。

バッティングの精度の高さから長打力、

さらには走力まで必要とするという意味においては誰にでも達成できる記録ではありません。

個人的に思うこととして、3割と30本を同時に達成することも困難ですが、

30盗塁というのがトリプルスリーの条件の中では最も難しいのではないかと感じます。

チーム事情も関わってくる事ですし、盗塁には技術も含まれますので、

トリプルスリーを達成する選手とは総合力に優れた選手であると言い換えてもいいのです!

山田選手の場合も同様の事が言えますし、

走攻守すべてでプロ野球の中でもトップクラスの選手であることに疑う余地はないでしょう!

2015年までの日本プロ野球での達成者
 達成年 達成者 当時の所属球団 打率 本塁打 盗塁
 1950 岩本義行 松竹ロビンス .319 39 34
 1950 別当薫 毎日オリオンズ .335 43 34
 1953 中西太 西鉄ライオンズ .314 36 36
 1983 簑田浩二 阪急ブレーブス .312 32 35
 1989 秋山幸二 西武ライオンズ .301 31 31
 1995 野村謙二郎 広島東洋カープ .315 32 30
 2000 金本知憲 広島東洋カープ .315 30 30
 2002 松井稼頭央 西武ライオンズ .332 36 33
 2015 山田哲人 東京ヤクルトスワローズ .329 38 34
 2015 柳田悠岐 福岡ソフトバンクホーク .363 34 32

スポンサーリンク
アドバンク大

ヤクルト山田哲人の年度別成績、年俸推移は?

2010年 (18歳) ドラフト1位 契約金7千500万

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 年俸
2011年(19) 720万→800万
2012年(20) 26 .250 1 1 0 1000万
2013年(21) 94 .283 26 3 9 2200万
2014年(22) 143 .324 89 29 15 8000万
2015年(23) 143 .329 100 38 34 2億2000万
通算:5年 406 .314 216 71 58 3億4720万

*タイトル:最多安打:1回 (2014年)、本塁打王:1回・最高出塁率:1回・盗塁王:1回 (共に2015年)

身長 180 cm
体重 76 kg

山田哲人選手の年度別成績と年俸推移についてですが、

まずは年度別成績から見ていきますね。

ヤクルトに入団した2012年は26試合に出場し、

打率.250、本塁打1本とそれほど目立つ成績ではなかったのですが、

高卒という点も含めると本塁打を記録していることから、

将来性としても十分な印象を残したのではないかと思います。

翌年の2013年には94試合に出場し、打率.283、3本塁打、9盗塁と

打つ方はもちろん、走力の面でも潜在能力の高さを見せてくれました。

2014年は143試合に出場して打率.324、29本塁打、15盗塁を記録するなど、

年々進化を遂げている辺り、山田選手の凄さと安定感を感じますね!

そして、2015年には打率.329、本塁打38本、34盗塁を記録して、

ついにトリプルスリーを獲得しました!

次に年俸推移に関してですが、

入団時(2011年)の720万から始まり、

翌年の2012年に800万、2013年には1000万に、

2014年は2200万と順調に上がり続け、

大活躍だった2014年のオフ(2015年度)には

8000万円に上がるなど、大幅アップを勝ち取っています。

さらにトリプルスリーの快挙を達成した年の年俸(2016年度)は

2億2000万円と倍額を超えて、1億の大台も軽々と突破しましたね!

スポンサーリンク

ヤクルト山田哲人は、2016年シーズントリプルスリー獲得なるか?

一度、トリプルスリーのような記録を達成すると

連続で獲得できるかどうかも気になるところですが、

個人的には確率は高いのではないかと見ています。

というのも、山田哲人選手に関して凄いと思えるのは年を重ねるごとに

成績が向上している点で、年度別の成績を見てもそれは一目瞭然でしょう!

入団時からずっと成績を伸ばし続けているのはある意味で急激な成長を

見せる選手以上の凄みがあり、チームからしても計算が立つ貴重な戦力である

とも言えますよね?

また、成績が伸び続けているというこれまでのデータを見る限りでは

今シーズンも高い数字を出してくれそうな予感がしますし、

現在も打率、本塁打、盗塁ともに順調に数字を伸ばしていますから、

怪我などのアクシデントが無ければ連続での達成も現実味を

帯びてくるのではないかと思いますよ!

以上、山田哲人選手についてとなります。

トリプルスリーを達成したことでヤクルトだけではなく、

球界を代表する選手になったと言えますし、

今後はより厳しい他球団からのマークが予想されます。

その中でもう一度、トリプルスリーのような大記録を達成できるのか?

または、それ以上の活躍を見せてくれるのか?

どちらにしても今後も目が離せない選手であるのは間違いないですね!

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク