今季ブレイク広島カープ鈴木誠也選手とは!?狙うはトリプルスリー!

今季ブレイク広島カープ鈴木誠也選手とは!?狙うはトリプルスリー!鈴木誠也出典:http://number.bunshun.jp/

鈴木 誠也(すずき せいや)

生年月日 1994年8月18日(21歳)
出身地 東京都荒川区
身長 181cm
体重 87kg
ポジション 外野手
投打 右投右打
プロ入り 2012年 ドラフト2位

その活躍ぶりから「神ってる」と評した広島・緒方監督。

一躍ブレイクし、オールスターゲームにも監督推薦で出場した鈴木誠也選手。

しかし、いきなりの活躍 ぶりから、「あまり良く知らないけど、最近良く耳にする…」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで鈴木誠也選手について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

鈴木誠也選手のプロフィール・経歴は?

一躍注目を浴びているプロ野球選手である広島・鈴木誠也選手は東京都荒川区出身で、8月に22歳になる広島期待の若手外野手です。

鈴木誠也 ドラフト

小学2年から野球を始め、中学時代にはシニアリーグに所属し、二松学舎大付属高校に進学しました。

実は入学当初は野手よりもむしろ投手として注目されいました。

1年生の秋にはストレートの最速が146キロをマークするほど。

しかし、東京都の高校選抜メンバーに抜擢された2年生のとき、野手として4試合で3本塁打を放つなど、その長打力もまたプロスカウトの注目を集めました。

甲子園の出場経験はないものの、プロの評価はMAX148キロのストレートを投げ込む投手として、パンチ力ある打撃が野手としてと、二分されていました。

50m5秒8の俊足、遠投115mの強肩も持ち味で、まさしく野球センスの塊でもあるということなのでしょう。

そして、2012年のドラフト会議で広島が内野手として2位指名し、プロ野球選手となったのです。

鈴木誠也選手の家族は?町屋エピソード、彼女はいる?

一気にブレイクした鈴木誠也選手ですが、実は11歳のときにテレビに出演しています。

テレビ東京系の長寿番組であり、毎回ある街にスポットを当てて紹介する「出没!アド街ック天国」。

東京都荒川区町屋がテーマだった回で、親子で夜遅くまで自宅で野球の練習に励む「リアル巨人の星」として紹介されたのです。

そんな鈴木誠也選手はご両親と妹の4人家族で、妹さんとはご両親にプレゼントをあげるほど、家族思いであり、仲良し家族でもあるようです。

そんな鈴木誠也選手も恋多きお年頃。

彼女はいるのかどうかは不明なのが現状です。

それもそのはず、一躍スターダムの座に上り詰めた選手なのですから。

彼女の噂もきっとこれからマスコミを賑わせることになるのかもしれません。

ノリに乗ってる鈴木誠也!シーズンを通して活躍できるか!

今季の鈴木誠也選手は春季キャンプで足を故障し、出遅れを余儀なくされました。

1軍昇格後も目立った活躍はなかったのですが、徐々に打撃でアピールすると、ライトのポジションでスタメン出場を果たす機会も増えてきました。

そして何と言っても、「神ってる」きっかけとなった6月17日のオリックスとの交流戦。

ここでサヨナラ本塁打を放つと、翌日の試合でも2試合連続となるサヨナラ本塁打。

これはプロ野球の歴史でも10人目となる快挙となりました。

さらに翌日には決勝点となる本塁打。

3試合連続で勝負を決める一発を放ったのです。

これにより一気にスターダムへの道を駆け上り、今ではセリーグの打率ランキングの上位につけるまでに成長しました。

今ではもう広島のなくてはならない戦力となっている鈴木誠也選手。

打ってよし、守ってよし、そして走ってよしと、まさに3拍子揃った選手です。

しかも、このような選手が広島の下位打線を担っており、今季の強力な広島打線を築き上げた1人といってもいいでしょう。

課題が現れても、すぐに改善できる適応力の高さも持ち合わせているだけに、後半戦へ向けて、更なる成長を見せてくれるのではないでしょうか。

年度別打撃成績

2012年 (18歳) ドラフト2位 契約金6千円

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 年俸
2013年(19) 11 .083 1 0 0 600万
2014年(20) 36 .344  7 1 0 650万
2015年(21) 97 .275 25 5 6 900万
2016年(22)7/27 80 .322 57 14 11 1700万
通算:4年 224 .302 90 20 17 3850万

広島優勝の為にさらなる覚醒なるか?

鈴木誠也選手の素質を、プロ関係者は目を丸くして見ているようです。

2015年、東京ヤクルト・山田哲人選手がトリプルスリーを達成していますが、実は多くのプロ野球関係者の中では、次に可能性があるとすれば鈴木誠也選手ではないかといわれています。

それだけ素質豊かな選手なのです。

弱点があっても、すぐに改善できる高い柔軟性と天性の素質を兼ね合わせています。

来季以降、広島の主軸になるでしょうし、今シーズン後半に向けても、優勝へ向けてチームの機運をどんどん高めてくれることでしょう。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク