現プロ野球日本人No.1キャッチャーはだれだ!?侍ジャパン正捕手は?

打てる捕手出典:http://baseballking.jp/

キャッチャーは野球の9つのポジションの中で、最も経験を要求される難しいポジション。

それゆえに、若いキャッチャーを育てることは難しく、時間もかかると言われています。

今の日本プロ野球ではキャッチャー不足も叫ばれる中、今の球界でNo.1キャッチャーは誰か、考えてみました。

スポンサーリンク
アドバンク大

打てるキャッチャーが少なくなった?

各年代の球界には名捕手と呼ばれる選手がいましたね。

中でも代表的な選手は、古くは野村克也さん、近年では古田敦也さん、城島健司選手、現役では阿部慎之助選手。

野村克也

野村 克也(のむら かつや)

生年月日 1935年6月29日(81歳)
出身地 京都府京丹後市
身長 175cm
体重 85kg
ポジション 捕手
投打 右投右打
プロ入り 1954年テスト生入団 南海〜
通算成績 試3017 率.277 本657 点1988 盗117 OPS.865

古田敦也

古田 敦也(ふるた あつや)

生年月日 1965年8月6日(50歳)
出身地 兵庫県川西市
身長 180cm
体重 80kg
ポジション 捕手
投打 右投右打
プロ入り 1989年 ドラフト2位
通算成績 試2008 率.294 本217 点1009 盗70 OPS.808

城島健司

城島 健司(じょうじま けんじ)

生年月日 1976年6月8日(40歳)
出身地 長崎県佐世保市
身長 182cm
体重 89kg
ポジション 捕手
投打 右投右打
プロ入り 1994年 ドラフト1位
通算成績 日米 試1785 率.289 本292 点1006 盗79

阿部慎之助

阿部 慎之助(あべ しんのすけ)

生年月日 1979年3月20日(37歳)
出身地 千葉県浦安市
身長 180cm
体重 97kg
ポジション 捕手
投打 右投左打
プロ入り 2000年 ドラフト1位
通算成績 7/29 1914.285367 点1110 盗13

彼らはいずれも打線ではチームの主軸を打ち、しかもいわゆる「扇の要」を守り、守備力、リード力も高い選手でした。

こういった守備面、打撃面で卓越しているキャッチャーがいるチームはやはり強いのですね。

近年は、打てるキャッチャーが少なくなりました。

主にキャッチャーは打順8番を打つケースが多く打率も高くないというイメージが強いでしょう。

それゆえに、中軸を打てるキャッチャーがいると、それだけ打線にも厚みが出てきます。

リードでは投手を引っ張り、打撃では打線を引っ張る…

まさに投打にわたるキーマンとなり、チームは強さを増すのです。

代表的な捕手比較
名前 通算試合数 通算打率 通算打点 通算本塁打 実働年数 引退した年齢
野村克也 3017 .277 1988 657 26年 45歳
森祇晶 1844 .236 582 81 20年 37歳
田淵幸一 1739 .260 1135 474 16年 38歳
古田敦也 2008 .294 1009 217 18年 42歳
伊東勤 2379 247 811 156 22年 41歳
梨田昌孝 1323 .254 439 113 17年 35歳
山倉 和博 1262 .231 426 113 13年 35歳
城島健司 (日米)1785 (日米).289 (日米)1006 (日米)292 (日米)18年 36歳
阿部慎之助 (7/29)1914 (7/29).285 (7/29)1110 (7/29)367 (7/29)16年 —-

「打てるキャッチャーが少なくなった」というのは本当でしょうか?

打てるキャッチャーはいるのですが、打力の高さがチームにとっては大きな戦力とみなされ、外野などにコンバートされてしまうケースが非常に多いのです。

昨年引退した元中日の和田一浩さんや、北海道日本ハムや巨人などで活躍し、現在は中日の2軍監督を務める小笠原道大さんは、捕手での入団をしています。

また現役では、西武・森友哉選手、楽天・岡島豪郎選手も捕手からのコンバート組です。

和田一浩

和田 一浩(わだ かずひろ)

生年月日 1972年6月19日(44歳)
出身地 岐阜県岐阜市
身長 182cm
体重 90kg
ポジション 外野手
投打 右投右打
プロ入り 1996年 ドラフト4位
通算成績 試1968 率.303 本319 点1081 盗76 OPS.895

小笠原道大

小笠原 道大(おがさわら みちひろ)

生年月日 1973年10月25日(42歳)
出身地 千葉県千葉市美浜区
身長 178cm
体重 84kg
ポジション 内野手
投打 右投左打
プロ入り 1996年 ドラフト3位
通算成績 試1992 率.310 本378 点1169 盗63 OPS.932

森友哉

森 友哉(もり ともや)

生年月日 1995年8月8日(20歳)
出身地 大阪府堺市南区
身長 170cm
体重 80kg
ポジション 外野手
投打 右投右打
プロ入り 2013年 ドラフト1位
今季成績 7/29 試51 率..291 本5 点23 盗0 OPS.798

岡島豪郎

岡島 豪郎(おかじま たけろう)

生年月日 1989年9月7日(26歳)
出身地 群馬県邑楽郡千代田町
身長 176cm
体重 82kg
ポジション 外野手
投打 右投左打
プロ入り 2011年 ドラフト4位
今季成績 7/29 試80 率.266 本3 点25 盗7 OPS.709

しかし、キャッチャーとしての能力を高める前に、打撃に専念させて、チームの主軸にしたいという思いが、当時の首脳陣にはあったのでしょう。

「打てるキャッチャー」はキャッチャーとして大成する前に、どうしても打力が優先され、コンバートされてしまう…

それが「打てるキャッチャー」が少なくなっている要因であるかもしれません。

各球団・正捕手の評価は?

出場試合数から見てみます。

スタメンキャッチャーがH28年7月29日の現時点試合数、7割以上出場しているのは、

東京ヤクルト・中村悠平選手(91試合)

横浜DeNA・戸柱恭孝選手(84試合)

巨人・小林誠司選手(78試合)

千葉ロッテ・田村龍弘選手(89試合)

埼玉西武・炭谷銀仁朗選手(86試合)といったところ。

中村悠平

中村 悠平(なかむら ゆうへい)

生年月日 1990年6月17日(26歳)
出身地 福井県大野市
身長 176cm
体重 83kg
ポジション 捕手
投打 右投右打
プロ入り 2008年 ドラフト3位
今季成績 7/29 試91 率.186 本2 点36 盗1 OPS.518

戸柱恭孝

戸柱 恭孝(とばしら やすたか)

生年月日 1990年4月11日(26歳)
出身地 鹿児島県肝属郡肝付町
身長 178cm
体重 88kg
ポジション 捕手
投打 右投左打
プロ入り 2015年 ドラフト4位
今季成績 7/29 試84 率.224 本1 点12 盗0 OPS.519

小林誠司

小林 誠司(こばやし せいじ)

生年月日 1989年6月7日(27歳)
出身地 大阪府堺市
身長 178cm
体重 81kg
ポジション 捕手
投打 右投右打
プロ入り 2013年 ドラフト1位
今季成績 7/29 試78 率.205 本2 点22 盗1 OPS.536

田村龍弘

田村 龍弘(たむら たつひろ)

生年月日 1994年5月13日(22歳)
出身地 大阪府大阪狭山市
身長 174cm
体重 80kg
ポジション 捕手
投打 右投右打
プロ入り 2012年 ドラフト3位
今季成績 7/29 試89 率.280 本1 点21 盗5 OPS.716

炭谷銀仁朗

炭谷 銀仁朗(すみたに ぎんじろう)

生年月日 1987年7月19日(29歳)
出身地 京都府京都市左京区
身長 180cm
体重 93kg
ポジション 捕手
投打 右投右打
プロ入り 2005年 高校生ドラフト1巡目
今季成績 7/29 試86 率.235 本0 点15 盗0 OPS.528

最近では阪神・原口文仁選手が月間MVPを受賞するなど、急成長を見せています。

その反面、ここに挙がらなかった球団は、なかなか正捕手を定めることができていなかったり、ベテラン捕手の力に頼ったりという傾向が見受けられます。

正捕手の中で、打力でもアピールしているのが千葉ロッテ・田村選手と阪神・原口選手でしょう。

原口文仁

原口 文仁(はらぐち ふみひと)

生年月日 1992年3月3日(24歳)
出身地 埼玉県大里郡寄居町
身長 182cm
体重 86kg
ポジション 捕手
投打 右投右打
プロ入り 2009年 ドラフト6位
今季成績 7/29 試63 率.346 本9 点37 盗0 OPS.966

しかし、原口選手は打力は申し分ないものの、守備ではフライを落球したり、内野のコンビネーションが取れないときがあったりと、キャッチャーとしての課題は山積しています。

一方でリード面で定評がある東京ヤクルト・中村選手や埼玉西武・炭谷選手は、低打率となっています。

守備、打撃の両方でバランスが取れているキャッチャーが少ないのが現状のようです。

球界No1はだれ?侍ジャパン正捕手は?

現在のプロ野球で突出したキャッチャーがなかなかいないのは大きな課題です。

ベテランには味のあるリードが魅力の選手はいるものの、若手となれば人材不足は顕著でしょう。

打撃では千葉ロッテ・田村選手や阪神・原口選手が今や球界屈指の攻撃的キャッチャーであり、守備では東京ヤクルト・中村選手や東北楽天・嶋基宏選手、また埼玉西武・炭谷選手が優秀なキャッチャーでしょう。

楽天 嶋

嶋 基宏(しま もとひろ)

生年月日 1984年12月13日(31歳)
出身地 岐阜県海津市
身長 179cm
体重 82kg
ポジション 捕手
投打 右投右打
プロ入り 2006年 大学生・社会人ドラフト3巡目
今季成績 7/29 試41 率.282 本1 点11 盗2 OPS.766

ただ総合力となれば、バランスの良いキャッチャーは現時点では不在といっても過言ではありません。

それゆえ侍ジャパンのメンバーに選ぶとしても、過去の出場選手に比べると見劣りする面も多分にあります。

WBC侍ジャパン歴代正捕手プロ通算成績
大会 名前 通算試合数 通算打率 通算打点 通算本塁打 実働年数
第一回 里崎智也 1089 .256 458 108 15年
第二回 城島健司 (日米)1785 (日米).289 (日米)1006 (日米)292 (日米)18年
第三回 阿部慎之助 7/29)1914 7/29).285 (7/29)1110 (7/29)367 (7/29)16年

ただ、プロ公式戦で実戦経験を積めている若手捕手は、一層成長する可能性は十分にあります。

キャッチャーそのものが育成にはかなりの時間を要するポジションであり、一朝一夕には育たないためです。

などなど色々と調べてみましたが結局、誰もが認める【球界No1捕手】といえる選手は、現時点ではいないようです。

今季まで1軍で正捕手を担っている東京ヤクルト・中村選手と千葉ロッテ・田村選手は、今後、総合力を高められる可能性を秘めています。

それに向けての経験も日々積めているだけに、この二人に期待したいと思います。

中村捕手 侍ジャッパン
中村 悠平捕手

田村捕手 侍ジャッパン
田村 龍弘捕手

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク