夏の甲子園!高校野球強豪横浜の藤平投手の活躍は?東北戦・履正社戦

第3日 8月9日(火)一回戦 13:00〜

東北
(宮城)

1

7

横浜
(神奈川)

第8日 8月14日(日)二回戦 15:30〜

履正社
(大阪)

5

1

横浜
(神奈川)

今年の夏の甲子園は初戦から強豪同士の激突となりました!

甲子園の常連であり、優勝候補の一角である横浜と強豪として知られる東北、組み合わせとしては非常に面白い好カードとなっていますね!

そこで今回は、「横浜と東北、どちらが有利なのか?」をそれぞれのチームごとに見ていきたいと思います!

スポンサーリンク
アドバンク大

横浜の初戦東北!両校の甲子園での実績は?

まず、両校の甲子園での実績についてですが、横浜は春夏連覇を含み、5度の全国制覇の経験があるまさに名門中の名門です。

それだけに選手も自信を持って臨むことができると思いますね。

一方、東北についてですが、こちらも甲子園優勝経験こそありませんが、決勝まで勝ち進んだこともある実績は決して侮れません!

準決勝に3度進んでいる経験があるというのも実績としては十分でしょう。

ただ、実績で比較すると横浜が有利なのも確かだと思います。

横浜高校(神奈川県) 3年ぶり16度目

横浜高校

監督 平田徹
部員数 80名
所在地 神奈川県横浜市金沢区能見台通46-1
チーム打率 県予選 .364
総得点 県予選 65
総失点 県予選 10
横浜高校 甲子園通算成績
大会 出場回数 勝敗 優勝 準優勝 ベスト4
春の選抜 15回 23勝12敗 3 1 0
夏の選手権 16回 33勝14敗 2 0 3
甲子園通算 31回 56勝26敗 5 1 3
横浜高校出場メンバー
背番号 選手 学年 身長・体重 打投
1 藤平 尚真 3年 18583 右右
2 徳田 優大 3年 17570 右右
3 申 晟守 3年 18283 右右
4 戸堀 敦矢 3年 18378 右右
5 主将 公家 響 3年 17979 右右
6 遠藤 駆 3年 17262 右右
7 村田 雄大 3年 18585 左左
8 増田 珠 2年 18079 右右
9 松井 雄太 3年 18077 右左
10 石川 達也 3年 17872 左右
11 臼井 健雄 3年 18075 右右
12 福永 奨 2年 17778 右右
13 万波 中正 1年 19092 右右
14 斉藤 大輝 1年 17770 右右
15 長南 有航 1年 18377 右左
16 渡辺 翔 2年 17068 右左
17 角田 康生 1年 17475 右右
18 今川 知彦 3年 17168 右右

東北高校 (宮城県)7年ぶり22度目

東北(7年ぶり22度目)

監督 我妻敏
部員数 101名
所在地 宮城県仙台市泉区館7-101-1
チーム打率 県予選 .387
総得点 県予選 38
総失点 県予選 11
東北高校 甲子園通算成績
大会 出場回数 勝敗 優勝 準優勝 ベスト4
春の選抜 19回 14勝19敗 0 0 1
夏の選手権 22回 28勝21敗 0 1 1
甲子園通算 41回 42勝40敗 0 1 2

横浜高校の注目選手は?

横浜の注目選手は何と言っても高校生No.1右腕と呼ばれる藤平尚真投手でしょう!

恵まれた体格から繰り出す150kmを超えるストレートと一級品と言われるスライダーを
中心としたピッチングは相手を圧倒するに十分な威力を誇ります。

プロからの評価が高く、ドラフト1位候補としても注目を集めていますね。

打線ではU15日本代表で4番を務めたこともある2年生の増田珠選手や1年生ですが、横浜スタジアムのバックスクリーンに放り込んだ圧巻のパワーを持つ万波中正選手など、投手、野手共にレベルの高い選手が多いのが今年の横浜高校の特徴です。

増田珠 横浜

増田 珠(ますだ しゅう)
出身校 横浜(神奈川県)
出身地 長崎県長崎市
身長 178cm
体重 79kg
ポジション 外野手
投打 右投右打
備考 左右に長打を飛ばす右の中距離打者
神奈川予選打者成績
 試合数 打数 安打 本塁打 打点 四死球 盗塁 打率
7試合 25 11 3 8 6 1 .440

万波中正 横浜

万波 中正(まんなみ ちゅうせい)
出身校 横浜(神奈川県)
出身地 東京都練馬区
身長 190cm
体重 92kg
ポジション 外野手
投打 右投右打
備考 遠投105m 50m6秒5
神奈川予選打者成績
 試合数 打数 安打 本塁打 打点 四死球 盗塁 打率
2試合 6 4 1 1 0 0 .667

東北高校の注目選手は?

一方、東北高校の注目選手についてですが、投手では3年の渡辺法聖選手ですね!

投手は投げる際に準備動作となるテイクバックを行ってから放るのが一般的ですが、渡辺投手はこのテイクバックをなくした「テイクバックゼロ投法」という独特の投げ方をしています。

ストレートの速さはMAX139kmと決して早くはありませんが、テイクバックを無くしたことによってタイミングが取り辛く、打者から見ると非常に厄介な存在と言っていいでしょう!

プロでも一部の選手に見られることですが、如何にして相手のタイミングをずらすかは打者と対するときに重要な要素の一つであり、実践のためには高い技術を必要としますから、センスに優れた選手と言っていいのではないでしょうか?

渡辺法聖

渡辺 法聖(わたなべ ほうせい)
出身校 東北高(宮城県)
出身地 宮城県
身長 179cm
体重 82kg
ポジション 投手
投打 左投左打
球速 MAX139km

また、打者では1年の杉沢龍選手と2年の植木利久選手の2人が注目選手ですね!

杉沢選手は打率こそ物足りない数字ですが、足が非常に早く、50mを6.2秒で駆けるとも言われています。

植木選手は4番を任されている選手で左右に強い打球を打てるタイプのバッターであり、豪快さとコンパクトさを併せ持つ器用さも光っていますね。

植木利久

植木 利久(うえき としひさ)
出身校 東北高(宮城県)
出身地 宮城県石巻
身長 178cm
体重 85kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
球速 豪快かつコンパクトなスイングも出来る東北高校の4番打者

 

プロ注目右腕!横浜藤平投手の出来は?

この試合を大きく左右するのは間違いなく、藤平投手の出来にかかっています。

藤平投手は6月22日に慶応大2軍との練習試合で150kmを超えるストレートを披露する等、調子は上向きと言っていいですね!

また、この試合で完投していることから、体調の面でも心配は無いようです。

甲子園でも活躍を期待していいと思いますよ!

藤平尚真

藤平 尚真(ふじひら しょうま)
出身校 横浜高(神奈川県)
出身地 千葉県富津市
身長 185cm
体重 83kg
ポジション 投手
投打 右投右打
球速 MAX152km
球種 スライダー・フォーク・カーブ
神奈川県予選投手成績
 試合数 投球回数 被安打 奪三振 与四死球 失点 防御率
6試合 22.2 11 30 8 6 2.38
第98回高校野球選手権 今大会の甲子園投手成績 防御率0.69
 対戦校・回戦 投球回数 被安打 奪三振数 与四死球数 自責点
○東北 1回戦 6.2 6 13 1 1
●履正社 2回戦 6.1 4 7 4 0
通算 2試合 13.0 10 20 5 1

まとめ

以上、「横浜対東北戦どちらが有利?」についてでした。

やってみないとわからない部分はあるのですが、藤平投手の調子が良さそうなのを踏まえると横浜が有利と見るのが妥当でしょうか。

全体的なバランスの良さや戦力的に見ても東北の方が苦しいように思えますね。

しかし、東北も渡辺投手の様にそれぞれの持ち味を生かしている選手が多いですから、上手くはまれば面白い展開になるかもしれません。

チームカラーが異なる両チームだけにその辺りも楽しめる要素の一つになってくるかと思いますよ!

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク