見た目が怖すぎる中日監督代行森繁和氏。どんな人物?

見た目が怖すぎる中日監督代行森繁和氏。どんな人物?中日ドラゴンズは今季、不振が続き谷繁監督が事実上の解任になるという事態にまで発展しました。

それに伴い、現在指揮を取っているのが、森繁和監督代行です。

ちょっとコワモテの印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は森繁和氏についてご紹介させていただきたいと思います!

スポンサーリンク
アドバンク大

森繁和の経歴・生い立ち

森 繁和(もり しげかず)-選手歴:西武ライオンズ (1979 – 1988)

森繁和

生年月日 1954年11月18日(61歳)
出身地 千葉県長生郡一宮町
身長 181cm
体重 81kg
ポジション 投手
投打 右投右打
プロ入り 住友金属〜1978年 ドラフト1位

森繁和監督代行は千葉県長生郡の出身、現在は61歳になります。

千葉県の科学技術工業高等学校に在籍し2年時からエースピッチャーとして活躍します。

3年生の時に廃校が決定、1972年の県予選大会で敗退する等、甲子園への出場は残念ながら果たすことはできませんでした。

その後、駒澤大学高等学校に移り、駒澤大学へ進学、大学在籍中には5度の優勝を経験し全日本大学野球選手権大会でも優勝を経験しています。

また、1976年には秋季リーグで8勝を挙げて、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインを受賞、完全試合も達成するなど、チームの中心として活躍。

その実績が認められる形で同年に開催された日米大学野球選手権大会日本代表にも選出されました!

そこから社会人に進んだ後も社会人野球日本選手権大会で最高殊勲選手賞の受賞やアマチュア野球世界選手権日本代表にも選出されていますね。

いっけん893!森繁和氏とはどんな人物?

森繁和

その怖すぎる風貌から誤解を受けることも多い森繁和さんですが、外見からくるイメージとは違い、親分肌で面倒見の良い性格は多くの選手たちに慕われいます。

特に自身がパイプとなって連れてきたドミニカ選手からの信頼は厚いと言われています。

口も固く投手の調子を外部に決して漏らさない姿勢は選手だけでなく、監督からの信頼も絶大であったとされていますね。

選手に対しての指導方針は確かに厳しいものであったのですが、森氏が名参謀と呼ばれる所以は厳しさの中にも優しさや確かな信頼があったからであることも間違いありません!

厳しいだけでは人はついてきませんし、優しいだけでも選手は育ちませんから、その意味でもメリハリがハッキリしているコーチだったと言えるのではないでしょうか?

森繁和
▲談笑する森繁和コーチとルーキー小笠原慎之介。端から見ると恐喝に見える?

中日・吉見「あの人は怖くないんです」
中日吉見一起投手が、昨季までヘッドコーチを務めた森繁和氏への感謝の気持ちを口にした。15日、名古屋市東区の「イオンモールナゴヤドーム前」でトークショーに出演。ファンからの質問コーナーで「森コーチは怖かったですか?」と聞かれると、こう答えた。
「あの人をイヤだという選手はいないと思う。すごくいいお父さんという感じ。テレビで見る姿と本当の森さんとは違う。本当にいい人」。こわもてで、リーゼント風の髪形、さらにべらんめえ口調という個性派の名コーチに対し世間が抱く“誤解”を解いた。
もっとも優しいばかりではなく「1度だけ、メチャクチャ怒られたことがある」と明かし、苦笑いで当時を懐かしんでいた。

引用:http://www.nikkansports.com/

ですが、やはり顔が怖いのも確かでそれにまつわるエピソードも存在しており「ドミニカに視察に行ったとき、3度銃を突き付けられた」などはその最たるものだと思います。

現地の治安の問題があるとしても見た目が少なからず影響した話なのは否定できないところです。

何よりも相手と面識がない状態ではこうしたことも起こるということでしょう。

それから現役時代に先発から抑えと様々なポジションを経験していることも今の指導に役立っているのかもしれませんね。

森繁和 西武
▲現役時代の西武ライオンズ・森繁和投手

年度別投手成績

1978年 (24歳) ドラフト1位 契約金5千万円

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 年俸
1979年(25) 43 4.51 5勝16敗7s 203.1 130 360万
1980年(26) 40 4.71 10勝14敗7s 156.2 73 680万
1981年(27) 31 3.77 14勝11敗 200.1 83 980万
1982年(28) 51 3.19 10勝2敗10s 101.2 46 1560万
1983年(29) 59 1.48 5勝5敗34s 85.0 46 2310万
1984年(30) 38 2.81 6勝7敗13s 64.0 36 3512万
1985年(31) 39 4.30 6勝6敗8s 73.1 22 3400万
1986年(32) 3000万
1987年(33) 22 1.57 1勝0敗1s 28.2 10 1500万
1988年(34) 21 3.81 0勝1敗2s 26.0 9 2400万
通算:10年 344 3.73 57勝62敗82s 939.0 455 1億9702万

スカウトとして有能?指導者・監督としての評価は?

森繁和氏といえばドミニカを中心とした独自のパイプを持っていることでも知られていますが。

森氏が連れてきたドミニカの選手は中軸となった選手も多いことを踏まえるとスカウトとしての能力も高いですね。

外国人選手の見極めは本職のスカウトでも困難とされている中で性格面や取り組む姿勢などを重視して連れてくる独特の選び方が好選手を発掘してくる秘訣なのかもしれません!

森繁和コーチが発掘した主な助っ人外国人選手

2005年 ルイス・マルティネス
2006年 クラウディオ・ガルバ
2007年 ジョー・バレンタイン/フランクリン・グラセスキー
2008年 マキシモ・ネルソン/トマス・デラロサ
2009年 トニ・ブランコ/ネルソン・パヤノ
2010年 ディオニス・セサル/エドワード・バルデス
2011年 ジョエル・グスマン/フェリックス・カラスコ
2014年 アンダーソン・エルナンデス/アレクシス・ゴメス
2015年 ラウル・バルデス/アマウリ・リーバス
リカルド・ナニータ/ラファエル・ペレス
2016年 フアン・ハイメ/ジョーダン・ノルベルト/ダヤン・ビシエド

また、指導者としてですが西武コーチ時代は目立った功績をあげることができず、解雇されています。

その後も日ハム、横浜の投手コーチを受け持ったものの成果を挙げるまでには至りませんでした。

落合 森
▲(左)森繁和コーチと(右)中日落合元監督

しかし、落合元監督の要請で投手コーチに就任した2004年以降は4度のリーグ優勝と日本一を達成する等、投手陣をまとめ上げる名参謀として知られるようになっています!

▲著:森繁和/出版社:講談社

2014年からは谷繁選手兼任監督の元でヘッドコーチを務め谷繁監督が兼任監督であったこともあり選手として出場した時には監督代行も行っていましたね。

2016年には谷繁監督が専任監督となった関係上ヘッドコーチに専念できる環境となりましたが、チームの不振の責任を取らされる形で谷繁監督が事実上の解任。

現在は森繁和氏が監督代行を務めている状態です。

解任した谷繁元信監督
▲谷繁監督解任会見

落合監督とは互いに信頼もあり関係は良好だったと言われていますが、谷繁元監督と落合現GMとは不仲説も流れていました。

谷繁監督政権下ではやりにくさもあったのではないでしょうか?

ですが、選手から慕われる人格の持ち主であり指導者としての経験も豊富な森氏は監督としても十分やっていける能力を備えていると思います!

▲著:森繁和/出版社:ビジネス社

来季の監督続投それとも次の監督候補は?

谷繁監督が事実上の解任となっている以上、来年の指揮を誰が取るのかという話になってきます。

個人的には新しい監督を呼ぶよりも森氏にそのまま指揮を取ってもらった方がいいのではないかと感じます。

雰囲気を一新するという意味では新体制も視野に入れたくなるところですがチームの立て直しという面で見れば新監督よりも内情を良く知る人が適任だと思います。

落合GMとの繋がりを考えてもその方が無難な選択なのではないでしょうか?

中日 小笠原道大
▲現二軍監督を務める小笠原道大の昇格の可能性も有る?

まとめ

以上、森繁和監督代行についてでした。

顔の怖さがどうしても付いて回りますが、指導者としても優れているのは落合政権下で証明済みです。

チームを安定させるためにも是非、このまま指揮をとり続けてほしいと思います!

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク