意外な国への英語留学が流行る?フィリピン・シンガポール・マレーシア・タイ・インド・フィジー・南アフリカ

留学

英語留学といえばアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドあたりが定番です。

しかし最近は今まで選択肢になかった国への英語留学が注目されています。

例えばフィリピン、シンガポール、マレーシア、タイ、インド、フィジー、南アフリカ、などといった国です。

スポンサーリンク
アドバンク大

海外旅行でも人気のアジアンリゾート地

東南アジア

世界を見渡せば実は英語圏の国は思った以上に多く、英語を母国語とする国のほか第二言語や公用語とする国も含めるとその数はかなりのものになるのです。

これらの国々のメリットはなんといっても費用の安さです。

学費、生活費などを先の定番の国々と比較すると30%から50%も安くなります。

海外留学で一番問題になるのが費用のことですが、これらの国を選択肢に入れると海外留学実現の可能性が一気に高くなります。

ただフィリピン、シンガポール、マレーシア、タイ、インド、フィジー、南アフリカ、などの国々が本当に留学に適しているのかどうか不安なこともあると思いますのでそのあたりの情報を検証していきましょう。

インドネシア(バリ島)


インドネシア(バリ島)

赤道上に広がる主要5島と大小17,000以上の島々からなる国。

美しい自然と動植物、言語や文化は地域によってさまざま。

タイ(プーケット、サムイ島)


タイ(プーケット、サムイ島)

日本から飛行機で約6時間。

東南アジアの中心に位置し、豊富な観光資源に恵まれた「微笑みの国」。

毎年世界中の観光客が訪れる。

シンガポール(セントーサ島)

シンガポール(セントーサ島)

市街地からわずか15分にあるセントーサ島をご存じでしょうか?

最新のテーマパークやリゾートホテルが集まり、観光地でも注目のスポットです♪

フィリピン(セブ島、ボラカイ島、パラワン島)

フィリピン(セブ島、ボラカイ島、パラワン島)

大小合わせて7,107の島々から構成される常夏の国フィリピン。

海の美しさには定評があり憧れのスポットも多数!

マレーシア(コタキナバル、ランカウイ島、ペナン島)

マレーシア(コタキナバル、ランカウイ島、ペナン島)

極上リゾートでのんびり留学も、本格ダイビングもよし!

高級リゾートホテルがリーズナブルなマレーシアで贅沢な留学を。

ベトナム(ホイアン、ダナン、ニャチャン)

ベトナム(ホイアン、ダナン、ニャチャン)

国土が海沿いに広がるベトナムには、穴場的ビーチリゾートが多くあります。

美味しいベトナム料理も魅力!

世界に通用する英語が学べるのだろうか?

留学本格的なブリティッシュイングリッシュやアメリカンイングリッシュと比べると、その土地で使われる英語には独特の発音やなまりがあるのは事実です。

しかし ほとんどの英語学校で指導する講師はアメリカ、イギリス、オーストラリアなどから派遣されたネイティブ・イングリッシュ・スピーカーです。

海外に派遣されるくらいなので、一般的に質が高い指導技術を持っています。

治安に問題があるのではないか?

留学 治安安全なアコモデーションを提供する、トラブルの対応をする専門のスタッフがいるなど生徒の安全に配慮した受け入れ先を選ぶのが重要です。

実際に行った人の体験談を聞くことを含めて出発前の情報収集が大事なポイントになります。

こうした国で生活の中から英語を学ぶことはできるのだろうか?

留学現地で生活する人が100%英語を話すわけではないし、また話せても学ぶにふさわしい英語とは限りません。

しかしそうした環境の中で工夫次第で英会話を上 達させることは可能です。

たとえばタイやフィジーの観光地では多くの国からツーリストが訪れて、そのほとんどの人が欧米出身で英語を話します。

これらの人々と交わることによって英語力を大幅にアップさせた人が実際かなりいます。

またどの国も日本人の留学生がまだ少ないので、学校内で生徒同士で英語を話す チャンスが多くあります。

タイ

タイ

まとめ

またこれらの国に留学するもうひとつのメリットは、欧米人以外の人々との交流を持つことで、世界に対して今までと違ったユニークな視点や価値観が養われるということです。

語学力だけではなく、将来進むべき方向がこれらの国で見つかる可能性もあるのです。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク