VR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)のゲームに注目!

スポンサーリンク
アドバンク大

今 注目すべきゲーム

ゲーム業界において、新しい技術を用いるというのは非常に大事なことで、今までも常に新しい技術を取り入れては人々の人気を集めてきました。

その中で今話題のこれから流行るゲームとはなんなのかを考えると、やはりVR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)の技術を用いたゲームが妥当ではないかと思います。

AR(Augmented Reality)とは拡張現実のことであり、人が見たり聞いたりするものをコンピューターによって拡げるものです。

最近では「ポケモンGO」などがそれに 挙げられていますが、実際はポケモンを捕まえる時にARモードというのがあるだけで、純粋なARゲームとは言えません。

ARではまだデジタル絵本や飛び出す広告というのがやっとと言えるでしょう。

そこで、ARよりもよりゲームの技術を発揮できるのは、VR(virtual reality)、仮想現実の方だと考えています。

PSVRが今月10月に販売した事が話題となっていますが、今現在既にOculus社、HTC社、 Steam等のVRソフトが出てきています。

動画等でその技術や内容を視聴しましたが、画期的でこれからのゲーム業界を引っ張るのはこれらの技術のような気がしました。

自分自身はVRを持っているわけではないのですが、以前友人宅でVRを実際に体験させてもらいました。

すごいのは、360度どこを見ても仮想の世界にいる ことがはっきり分かること、手を前に出すと画面内の手もきちんと前に出るように、とても反応がよく、精度の高い作りとなっていました。

VRの技術だけに止まらず、こうやって動きをきちんと読み取るように設計された、妥協のない作りは素晴らしいと感じました。

1つ難点を上げるとすれば、現実よりも動きが多くなるので、酔いやすいです。

車でもほとんど酔わない自分がこれ程までに酔ってしまうので、本当に酔いやすい人は使うのをオススメしません。

近年では、VR研究が様々な場所で行われているほど、VRという言葉が浸透し始め、皆の注目を集めてきました。

ゲーム技術革新といえば、DSの2画面と タッチパネル、Wiiのリモコン、もっと遡れば、コントローラだってそうでした。

昨今のゲーム業界は規模が縮小したり、大企業の撤退が相次いだりと、あまりよくない噂やニュースが飛び交っています。

そんな中でまた1つのイノベーションを、ARやVRという技術で起こして、ゲーム業界をまた盛り上げてほしい、そう願っています。

是非とも、成功してほしいものです。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク