生涯西武宣言!栗山巧のFA・経歴は?

埼玉西武・栗山巧選手が海外FA権を行使した上で、残留することとなりました。

来季は1年契約ですが、次にFA権を再取得できるのは、順調にいって4年後。

そのとき37歳となるだけに、今回の残留は「生涯西武」を宣言した事に等しいでしょう。

そんな栗山選手を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

栗山巧の経歴・生い立ち

1983年9月3日生まれの今年33歳。

兵庫県神戸市出身の栗山巧選手は、小学校時代は地元の神戸市少年団リーグの少年野球チームに所属します。

当時は、現在東京ヤクルトに所属している武内晋一選手ともチームメイトでした。

栗山 巧(くりやま たくみ)-埼玉西武ライオンズ (2002 – )

栗山巧(埼玉西武ライオンズ)

生年月日 1983年9月3日(33歳)
出身地 兵庫県神戸市西区
身長 177cm
体重 85kg
ポジション 外野手
投打 右投左打
プロ入り 育英高〜2001年 ドラフト4巡目
プロ通算成績 率.289(5403打数1560安打)本77 点592 盗82

その後、中学に進学しても地元のリーグに所属し、高校は地元の名門・育英高校に進学します。

栗山巧(育英)

2年の時には外野手として春夏連続で甲子園に出場し、準決勝まで進出した経験もあります。

第72回選抜高校野球大会(2000年)栗山選手2年生時の試合結果

回戦 対戦校 勝敗
一回戦 国学院栃木(栃木県) 6-10

第82回全国高校野球選手権大会(2000年)栗山選手2年生時の試合結果

回戦 対戦校 勝敗
一回戦 秋田商(秋田県) 8-1
二回戦 小松工(石川県) 11-6
三回戦 那覇(沖縄県) 12-2
準々決勝 長崎日大(長崎県) 8-7
準決勝 東海大浦安(千葉県) 7-10

高校通算で47本塁打を放ち、またミートセンスが高いことから、プロから注目を集め、2001年のドラフト4位で西武が指名し入団に至りました。

主な高校生強打者の通算本塁打 -通算40本塁打代編-

名前 通算 経歴
丸 佳浩 49 千葉経大付-広島
炭谷 銀仁朗 48 平安-西武
栗山 巧 47 育英-西武
内川 聖一 43 大分工-横浜-ソフトバンク
鈴木 誠也 43 二松学舎大付-広島
森 友哉 41(甲-5) 大阪桐蔭-西武
福留 孝介 40(甲-3) PL学園-日本生命-中日

栗山巧(ドラフト4位)

2001年 ドラフト

自由獲得枠 細川 亨 捕手 青森大学
2巡目 中村 剛也 内野手 大阪桐蔭高
4巡目 栗山 巧 外野手 育英高
5巡目 竹内 和也 投手 近江高

ちなみに、栗山選手は2010年にすでに結婚されています。

プロ入り4年目の2005年、同じ兵庫県出身で3歳年上の女性の方と知り合い交際をスタート。

5年間の交際を実らせて、ゴールインしました。

栗山巧(上田 深咲)

1億円プレイヤーになったことで、結婚に踏み切ったようで、そこに栗山選手の一途で真面目な性格がにじみ出ています。

すでにお子さんもいらっしゃいます。

栗山巧とはどんな選手?

栗山選手は2008年にパリーグの最多安打のタイトルを獲得するだけでなく、埼玉西武の外野のレギュラーとして長年、主力として活躍しています。

栗山巧(埼玉西武ライオンズ)

今季は打率.279にとどまりましたが、それでも出塁率はチームトップの.390をマーク。

打席での粘り強さ、そして選球眼の良さはチームでも屈指です。

それだけでなく過去に外野手として3度のベストナイン。

さらに2010年にはゴールデングラブ賞を受賞するなど、走攻守3拍子揃い、埼玉西武打線を牽引するのが栗山選手のプレースタイルなのです。

栗山巧(埼玉西武ライオンズ)

NPB年度別打撃成績

2001年 (18歳) ドラフト4巡目 契約金4000万円

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 年俸
2002年(19) 500万
2003年(20) 500万
2004年(21) 1 .333 0 0 3 500万
2005年(22) 84 .297 28 10 30 1300万
2006年(23) 63 .268 22 2 42 4500万
2007年(24) 112 .278 29 5 21 9000万
2008年(25) 138 .317 72 11 24 9000万
2009年(26) 140 .267 57 12 23 1億4000万
2010年(27) 144 .310 74 4 19 1億5000万
2011年(28) 144 .307 60 3 44 1億5000万
2012年(29) 103 .289 33 2 30 1億5000万
2013年(30) 144 .279 73 12 31 2億4000万
2014年(31) 144 .288 61 3 267 2億4000万
2015年(32) 142 .268 42 10 31 2億4000万
2016年(33) 133 .279 41 3 267 2億4000万
プロ通算:15 1494 .289 592 77 31

タイトル・表彰

最多安打 1回 (2008年)
ベストナイン 3回 (外野手部門:2008年、2010年 – 2011年)
ゴールデングラブ賞 1回 (外野手部門)
月間MVP 1回 (2013年3・4月)
JA全農Go・Go賞 1回 (最多二・三塁打賞:2008年8月)
スピードアップ賞 2回 (2013年、2014年)
ゴールデンスピリット賞 1回 (2014年)
オールスターゲーム敢闘選手賞 1回 (2016年第1戦)

ところで、栗山選手の魅力はプレーだけでなく、プロ野球選手としての人格もまた多くのファンをひきつけています。

栗山巧(ファンサービス)

自分のミスで負けてしまったときなど、どうしてもマスコミへの対応が疎かになりがちですが、栗山選手はそれでも真摯にインタビューに受け答えをする姿勢を見せてくれます。

その他、所沢市内の知的障がい者の方々を試合に招待したり、東日本大震災の復興支援を行うなどボランティア意識も非常に高いのです。

栗山巧(ファンサービス)

またファンを大切にし、積極的にサインボールを渡すなどサービスを欠かしません。

栗山巧(所沢市表彰式)
▲ 平成26年度「所沢市表彰式」

各般にわたって市勢の振興に寄与した方々を功労表彰する所沢市の最高位の表彰です。

埼玉西武ライオンズ栗山巧選手は、善行表彰を受賞。

多岐の分野で活躍するその姿勢は、プロ野球選手としての鑑ともいえるでしょう。

栗山巧選手の西武愛は本物?

今季、埼玉西武はエースの岸孝之投手がFA宣言し、他球団への移籍を視野に入れています。

岸孝之
▲ 2016年にFA宣言:埼玉西武ライオンズ:岸孝之(きし たかゆき)

この埼玉西武ライオンズは、FAでの選手流出が12球団で最も多いのです。

FAによる流出選手ランキング

1位 西武 13人 工藤公康、石毛宏典、清原和博、松井稼頭央、豊田清、和田一浩 他
2位 日本ハム 11人 片岡篤史、岡島秀樹、小笠原道大、建山義紀、藤井秀悟、森本稀哲 他
3位 ソフトバンク 9人 工藤公康、若田部健一、城島健司、杉内俊哉、和田毅、川崎宗則 他
3位 オリックス 9人 石嶺和彦、中嶋聡、木田優夫、星野伸之、田口壮、寺原隼人 他
3位 阪神 9人 松永浩美、新庄剛志、藪恵壹、野口寿浩、藤本敦士、藤川球児 他
6位 ヤクルト 8人 高津臣吾、稲葉篤紀、石井一久、五十嵐亮太、相川亮二 他
6位 巨人 8人 駒田徳広、松井秀喜、小久保裕紀、上原浩治、高橋尚成 他
6位 中日 8人 落合博満、前田幸長、野口茂樹、福留孝介、川上憲伸 他
6位 DeNA 8人 佐々木主浩、谷繁元信、内川聖一、村田修一、金城龍彦 他
10位 広島 7人 川口和久、江藤智、金本知憲、黒田博樹、新井貴浩 他
11位 ロッテ 6人 田村藤夫、小林雅英、薮田安彦、橋本将、小林宏之、成瀬善久
12位 楽天 3人 藤井彰人、福盛和男、岩隈久志
12位 近鉄 3人 金村義明、山崎慎太郎、大村直之

2013年は片岡治大選手をFAで失い、その補償で獲得した脇谷亮太選手も2015年にFAで失いました。

片岡(巨人)
▲ 2013年西武から巨人へFA移籍:片岡 治大(かたおか やすゆき)

脇谷亮太(巨人)
▲ 2015年西武から巨人へFA移籍で復帰:脇谷 亮太(わきや りょうた)

それほど、流出に歯止めがかからないのです。

その中で、栗山選手はFA権を行使しながら、残留という形をとりました。

栗山巧(埼玉西武ライオンズ)

これで少なくとも4年後まではFA権を再取得する事ができません。

生え抜き選手の「生涯西武」ともいえる残留は、ファンにとっても大きな喜びとなりました。

球団側としても、主力野手だけに、非常に評価も高く、残留してほしいという思いは強かったようです。

栗山巧(埼玉西武ライオンズ)

FA権を行使して残留するということは、つまり再取得するまではチームに残留するということの意思表示でもあります。

何もFA権を行使する事は、他球団の評価を聞きたいと言う気持ちだけではないのです。

あえて、FAで移籍できる可能性を放棄するということですから、それは生涯西武を宣言したようなもの。

それだけ西武愛を貫いているという点では、一途な奥様への思いとリンクする真面目な栗山選手らしさともいえるかもしれませんね。

まとめ

FA流出が目立つ埼玉西武にあってFA宣言を行使して残留することで「生涯西武」を意思表示を示した栗山選手。

今シーズン、1500本安打をクリアし、続く目標は2000本安打ということになるでしょう。

栗山巧(1500本安打)

現役最多安打ランキング -2016年シーズン終了時

1位 新井 貴浩 7577打数 2107安打 2220試合
2位 松井 稼頭央 7075打数 2068安打 1839試合
3位 荒木 雅博 7308打数 1961安打 2083試合
4位 福浦 和也 6720打数 1932安打 2082試合
5位 阿部 慎之助 6703打数 1917安打 1963試合
6位 内川 聖一 6114打数 1896安打 1696試合
7位 鳥谷 敬 6648打数 1872安打 1831試合
8位 村田 修一 6544打数 1765安打 1835試合
9位 井口 資仁 7577打数 1730安打 1850試合
10位 福留 孝介 5324打数 1576安打 1512試合
11位 森野 将彦 5666打数 1571安打 1779試合
11位 中島 宏之 5293打数 1571安打 1438試合
13位 栗山 巧 5403打数 1560安打 1494試合
14位 今江 敏晃 5323打数 1513安打 1500試合

西武のユニフォームを着てチームのために勝利に貢献し続けてくれることでしょう。

そして西武の選手として2000本安打の記録を何年か後にきっと達成してくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク