李大浩日本球界復帰か!?日米争奪戦ソフトバンク・ロッテ候補球団は?

李大浩日本球界復帰か!?日米争奪戦ソフトバンク・ロッテ候補球団は?福岡ソフトバンクに在籍し、強力打線の中核を担っていた李大浩選手。

今季は大リーグ・マリナーズに在籍していましたが、起用法に馴染めなかったのかなかなか調子が上がらず、日本球界復帰を望んでいるという情報も。

すでに獲得調査に乗り出している球団もあるそうですが、果たしてその動向は?

スポンサーリンク
アドバンク大

李大浩選手の経歴・生い立ち

李大浩選手は1980年6月21日、韓国の釜山で生まれました。

幼少時代は家庭に恵まれていたわけではなかったようてす。

お父さんは早くから亡くなり、お母さんとは別居し、おばあさんに育てられました。

李 大浩(イ・デホ)-シアトル・マリナーズ (2016 – )

李大浩(マリナーズ)

生年月日 1982年6月21日(34歳)
出身地 大韓民国釜山広域市
身長 193cm
体重 113kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り 慶南高〜2000年 2次ドラフト
NPB通算:4年 試570 率.293(2122打数622安打)本98 点348 盗0

野球歴は長く小学生の時から。

高校では投手で4番を務めるほど野球センスの塊でもありました。

李大浩(投手)

世界青少年野球大会にも投手で出場しながらもパンチ力ある打撃力でチームに大きく貢献しました。

その後2001年からは韓国プロ野球・ロッテに在籍。

李大浩(ロッテ・ジャイアンツ)
▲2001年にロッテ・ジャイアンツに入団。肩を痛めたことにより打者に転向します。

2012年からはプロ野球のオリックスでプレーし2014年からは福岡ソフトバンクに移籍。

李大浩(オリックス)
▲2011年オフ、FA宣言しオリックス・バファローズへの移籍。

李大浩(ソフトバンク)
▲2013年オリックスを退団した李大浩をソフトバンクが2年総額9億円(推定)で獲得。

日本プロ野球界では計4年間プレーしました。

2016年の今季は大リーグのマリナーズに所属。

李大浩(マリナーズ)
▲2016年 シアトル・マリナーズとマイナー契約。

私生活に目を向けてみると李大浩選手はすぐに結婚されています。

奥さんは美人ということでも有名で李大浩選手自身、大変に家庭を思いやり、また愛妻家であることも知られています。

李大浩(シン・ヘジョン)
▲李大浩の奥さん「シン・ヘジョン」さん。

幼少の頃に家庭環境に恵まれなかったことが現在の家庭を思いやる気持ちのきっかけになったのかもしれません。

李大浩(シン・ヘジョン)

韓国プロ野球・日本での実績

2001年に韓国プロ野球のロッテに投手として入団しましたが、肩を痛めたことで打者に転向します。

持ち前のパワーが試合で発揮されるようになったのはプロ4年目の2004年のこと。

李大浩(ロッテ・ジャイアンツ)

20本塁打をマークすると、2006年には26本塁打、88打点、打率.336で三冠王を達成しました。

韓国プロ野球での三冠王は22年ぶりの快挙。

2010年には44本塁打、133打点、打率.364の驚異の成績で自身2度目の三冠王を達成しました。

韓国プロ野球 歴代三冠王

年度 選手 所属球団 試合 打率 本塁打 打点
1984年 李 萬洙 三星ライオンズ 89 .340 23 80
2006年 李 大浩 ロッテ・ジャイアンツ 122 .336 26 88
2010年 李 大浩 ロッテ・ジャイアンツ 127 .364 44 133

李大浩(ロッテ・ジャイアンツ)

KBO年度別打撃成績

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 安打
2001年(19) 6 .500 1 0 0 8打数4安打
2002年(20) 74 .278 32 8 1 255打数71安打
2003年(21) 54 .243 13 4 0 152打数37安打
2004年(22) 132 .248 68 20 4 444打数110安打
2005年(23) 126 .266 80 21 1 447打数119安打
2006年(24) 122 .336 88 26 0 443打数149安打
2007年(25) 121 .335 87 29 1 415打数139安打
2008年(26) 122 .301 94 18 0 435打数131安打
2009年(27) 133 .293 100 28 0 478打数140安打
2010年(28) 127 .364 133 44 0 478打数174安打
2011年(29) 133 .357 113 27 2 493打数176安打
KBO通算:11年 1150 .309 809 225 9 4048打数1250安打

KBOタイトル・表彰

首位打者 3回 (2006年、2010年、2011年)
本塁打王 2回 (2006年、2010年)
打点王 2回 (2006年、2010年)
最高出塁率 2回 (2010年、2011年)
最多安打 2回 (2010年、2011年)
MVP 1回 (2010年)
ゴールデングラブ賞 4回 (2006年、2007年、2010年、2011年)
オールスターゲームMVP 2回 (2005年、2008年)

韓国で通算225本塁打をマークし、2012年からはいよいよ活躍の舞台を日本に移してオリックスでプレーしました。

李大浩(オリックス)

1年目から24本塁打をマークし、91打点を挙げると、いきなり打点王のタイトルを獲得。

2014年からは福岡ソフトバンクに移籍し打線の主軸として、チームを牽引し2年連続の優勝に大きく貢献しました。

李大浩(オリックス)

パワーヒッターでありながらライト方向へも流すことができる柔軟な打撃で日本野球にも見事適応したのです。

李大浩(ソフトバンク)

NPB年度別打撃成績

1977年 (22歳) ドラフト4位

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 年俸
2012年(30) 144 .286 91 24 0 2億5000万
2013年(31) 141 .303 91 24 0 2億5000万
2014年(32) 144 .300 68 19 0 4億0000万
2015年(33) 141 .282 98 31 0 4億0000万
NPB通算:4年 570 .293 348 98 0

NPBタイトル・表彰

打点王 1回 (2012年)
日本シリーズMVP 1回(2015年)
ベストナイン 2回 (一塁手部門:2012年、指名打者部門:2015年)
月間MVP 4回 (2012年5月、2012年7月、2014年6月、2015年5月)

またWBC韓国代表、2008年は北京オリンピック野球韓国代表として指名打者で出場。

代表チームには欠かせない存在となっています。

李大浩(WBC)

韓国代表

WBC 2回 (2009年、2013年)
オリンピック 1回 (2008年)
プレミア12 1回 (2015年)

李大浩選手は非常に無邪気な性格で、韓国時代は「大きな子供」というあだ名がついていたほど。

李大浩(大きな子供)

日本でプレーする前から天ぷらやガンダムが好きといった意外な一面を持っています。

今季2016年メジャーでの活躍は?

李大浩選手自身、以前からメジャーで挑戦してみたかったのでしょう。

メジャー経験は、成績が残せなくても韓国プロ野球界では「箔がつく」ようです。

福岡ソフトバンクはメジャーよりも高い契約金を提示したようですが、あえて夢を追いかけました。

そして過去にはイチロー選手が所属していたマリナーズのメンバーとなったのです。

李大浩(マリナーズ)

マリナーズでは初となる新人選手による代打サヨナラホームランを放つなど、そのパワーを大リーグの舞台でもいかんなく発揮しました。

しかし出番は相手が左投手のときに限られる傾向にありました。

シーズン後半には未曾有のスランプに陥り、一時は3Aでプレーしていた時期もありました。

シーズン打率は.253、14本塁打にとどまった李大浩選手。

李大浩(マリナーズ)

大リーグではどうしても左投手専門のような起用に終始したことが、どうしても不満だったのでしょう。

MLB年度別打撃成績

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 安打
2016年(34) 104 .253 49 14 0 292打数74安打

消化不良の感覚を持っていたことが、常時試合に出場できる日本でのプレーに戻りたいと思うようになった理由なのでしょう。

獲得には争奪戦必死になるのか?

日本では抜群の実績を残した李大浩選手。

日本復帰を希望しているとなれば、それは獲得に名乗り挙げない球団はないでしょう。

今季、北海道日本ハムに逆転Vを喫した、古巣の福岡ソフトバンク。

主砲・デスパイネ選手の去就が分からない中で、打線の軸として獲得に興味を満っている千葉ロッテ。

さらには打線の強化が急務の東北楽天といったチームが獲得に乗り出そうとしています。

李大浩(争奪戦)

大リーグではけして満足ではない成績に終わった李大浩選手ですが、その実績そして日本での生活に慣れている点からも、争奪戦は必死の状況です。

李大浩(日本球界復帰)

日本では引く手あまたの李大浩選手。

このまま日本でプレーする意志を固めれば、間違いなく、来季はプロ野球のどこかの球団のユニフォームを着ていることでしょう。

日本での実績も豊富であるだけに、彼が戦力として加わったチームの打撃力は一気に上がることは間違いありません。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク