中日・ゲレーロってどんな選手?新助っ人外国人のメジャー成績・守備は?

中日が打線の中軸を期待して獲得したアレックス・ゲレーロ選手。

2015年には大リーグで11本塁打を放つなど、長打力が大きな魅力です。

獲得報道までに中日・森監督がうっかり獲得について口を滑らせてしまったことでも有名となりましたが、そんなゲレーロ選手は一体どんな選手なのでしょうか。

もっと詳しく掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

中日アレックス・ゲレーロの経歴・生い立ち

アレックス・ゲレーロ選手は1986年12月20日生まれで、昨年末に歳になったばかりの選手です。

出身はキューバで、2011年には野球でキューバ 代表に選出された経験もあります。

その後、2013年にハイチに亡命し、その年の10月ロサンゼルス・ドジャースと4年契約という大型契約を結びました。

アレックス・ゲレーロ  -中日ドラゴンズ (2017 – )

アレックス・ゲレーロ(中日ドラゴンズ)

生年月日 1986年12月20日(歳)
出身地 キューバ・ラス・トゥーナス州
身長 182cm
体重 99kg
ポジション 内・外野手
投打 右投右打
プロ入り 2013年 アマチュア・フリーエージェントでロサンゼルス・ドジャースと契約
MLB通算:2年 試117 率.224(232打数52安打)本11 点36 盗1

キューバ時代  – (2004 – 2012)

アレックス・ゲレーロ(ラス・トゥーナス)キューバ

2004年17歳の時、セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボルのラス・トゥーナスに入団

キューバ時代には二遊間を守ることも多かったゲレーロ選手。

その素質がないことを監督が見抜き、今ではサードと外野を中心に守っています。

年度別打撃成績 -2004〜2011年

年度 所属 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 出塁率 長打率
2004年(17) ラス・トゥーナス .223(121打数27安打) 15 0 1 .277 .281
2005年(18) ラス・トゥーナス 57 .248(129打数32安打) 23 4 3 .327 .411
2006年(19) ラス・トゥーナス 82 .293(273打数80安打) 41 6 4 .365 .414
2007年(20) ラス・トゥーナス 81 .296(260打数77安打) 53 11 0 .391 .504
2008年(21) ラス・トゥーナス 81 .338(281打数95安打) 71 19 0 .408 .641
2009年(22) ラス・トゥーナス 87 .343(321打数110安打) 87 19 0 .414 .583
2010年(23) ラス・トゥーナス 79 .310(284打数88安打) 66 22 0 .401 .599
2011年(24) ラス・トゥーナス 80 .290(269打数78安打) 51 21 2 .402 .576
通算:8年 547 .303(1938打数587安打) 407 102 10 .386 .528

キューバ代表歴

2011年 ワールド・ポート・トーナメント キューバ代表
2012年 ハーレム・ベースボール・ウィーク キューバ代表

その後、2013年にハイチに亡命し、同年10月22日にロサンゼルス・ドジャースと4年総額2800万ドル・契約金1000万ドルの大型契約を結びました。

ドジャース時代  – (2014 – 2016)

ドジャース入団1年目のシーズンで大リーグデビューを果たしましたが、すぐに3Aに降格。

その間に、試合中の口論が原因で耳を噛み切られるというアクシデントに見舞われ、長期離脱を余儀なくされました。

アレックス・ゲレーロ(中日ドラゴンズ)耳

期待のキューバ人選手ゲレーロ、チームメートに耳かみちぎられる
【5月21日 AFP】米大リーグ(MLB)、ロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)のマイナー球団に所属するキューバ人選手のアレックス・ゲレーロ(Alex Guerrero)内野手が、チームメートのミゲル・オリボ(Miguel Olivo)捕手とダグアウトで小競り合いを起こした末に、耳の一部をかみちぎられた。ゲレーロの代理人を務めるスコット・ボラス(Scott Boras)氏は20日、FOXニュース(FOX News)に対し、同選手は病院に運ばれ、損傷した耳の修復のため手術を受ける見込みだと話した。
オリーボはドミニカ共和国出身で、両選手はドジャースのファーム(3A)のアルバカーキ・アイソトープス(Albuquerque Isotopes)に所属している。ボラス氏によると、グラウンド内で口論を始めた両選手は、ダグアウトに戻っても小競り合いをやめず、少なくともパンチが一度は飛び、ゲレーロの耳の一部が「かみちぎられた」という。今オフにキューバから亡命したゲレーロは、形成外科手術が必要になるという。ドジャースと4年総額2800万ドル(約28億円)で契約を結んだゲレーロは、アイソトープスで打率.376、10本塁打、29打点の数字を残している。

結局、1年目はシーズン終盤に大リーグに昇格しましたが、13打数1安打という結果に終わっています。

しかし、ドジャースでは2年目のシーズンに106試合に出場し、11本塁打を放つ活躍を見せました。

アレックス・ゲレーロ(ドジャース)

MLB年度別打撃成績 -2014〜2015年

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 出塁率
2014年(27) 11 .077(13打数1安打) 0 0 0 0 6 .077
2015年(28) 106 .233(219打数51安打) 36 11 1 0 57 .261
MLB通算:2年 117 .224(232打数52安打) 36 11 1 0 63 .251

アレックス・ゲレーロ(ドジャース)マイナー

マイナー・リーグ年度別打撃成績 -2014〜2016年

年度 所属 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁
2014年(27) ルーキー級(アリゾナリーグ・ドジャース)
A+級(ランチョクカモンガ・クエークス)
AAA級(アルバカーキ・アイソトープス)
7
5
65
.348(23打数8安打)
.368(19打数7安打)
.329(243打数80安打)
6
2
49
2
0
15
0
0
4
2016年(29) A+級(ランチョクカモンガ・クエークス)
AA級(タルサ)
AAA級(アルバカーキ・アイソトープス)
6
8
2
.269(26打数7安打)
.031(32打数1安打)
.125(8打数1安打)
4
0
0
1
0
0
0
0
0

レギュラーを奪うまでは至らなかったものの、大リーグ定着へ向けてインパクトを残したシーズンでもありました。

ところが、2016年に左ひざの故障がきっかけで、結局6月には自由契約となってしまいました。

大リーグで活躍しかけながら、故障がきっかけでチームを去ることに。

中日ドラゴンズ入り  – (2016)

そこに中日が目をつけ、獲得に至ったのです。

アレックス・ゲレーロ(中日ドラゴンズ)
▲ 会見に臨んだ、左からアラウホ、ゲレーロ、ロンドン

新加入ゲレーロ「勝負強さ見て」 中日入団会見
プロ野球・中日は25日、ナゴヤ球場で新外国人選手3人の入団記者会見を開いた。
3人とも元米大リーガー。キューバ出身のゲレーロ(30)は2014~16年にドジャースに在籍。15年は106試合に出場し、11本塁打を放った。内外野ほぼ全ポジションを守れる。ゲレーロは「パワーに自信があるので、走者を還す勝負強い打撃を見せたい」と意欲を示した。

中日アレックス・ゲレーロの打力・守備の評価は?

打撃力

アレックス・ゲレーロ(中日ドラゴンズ)

ゲレーロ選手の持ち味は何と言ってもパワフルな打撃でしょう。

ただし荒削りの面も多いため、パワーという魅力がある反面で、確実性に欠ける面があるのも確かです。

アレックス・ゲレーロ(中日ドラゴンズ)

そのためクリーンナップを任せるという意向であるならば、どちらかといえば5番バッタータイプとなってくるのではないでしょうか。

現状では下位打線に据える方が打線に厚みが出てくるのではないかと思われます。

メジャー・マイナー通算打撃成績

所属 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 出塁率 長打率
A+(2シーズン) 11 .311(45打数14安打) 6 1 1 .354 .533
AAA(2シーズン) 67 .323(251打数81安打) 49 15 4 .357 .598
MBL(2シーズン) 117 .224(232打数52安打) 36 11 1 .251 .414

守備力

アレックス・ゲレーロ(中日ドラゴンズ)

一方でゲレーロ選手の最大の弱点は守備。

主にサードとレフトを守るゲレーロ選手ですが、外野の守備に関しては難点があるようです。

アレックス・ゲレーロ(中日ドラゴンズ)

かといって、とりわけサードの守備が上手いわけでもないため、ある程度守備は目をつぶって、その得点力と破壊力に期待するという起用法になってくるのではないでしょうか。

中日が期待する事は?

中日はどちらかといえば、外国人選手はローコストで大きなリターンがあることが多い印象があります。

アレックス・ゲレーロ(中日ドラゴンズ)入団

そんな中、ゲレーロ選手とは1年契約1億5000万円プラス出来高という大型契約となりました。

それだけ球団側も期待をかけているということになるでしょう。

さて、その起用法ですが、森監督自身はクリーンアップを想定しているようです。

アレックス・ゲレーロ(中日ドラゴンズ)

ビシエド選手や昨季終盤に4番を打った福田選手、さらには平田選手ら4番候補がいる中で、その前後を固め、打線につながりを生むような配置にするのではないでしょうか。

ダヤン・ビシエド  -中日ドラゴンズ (2016 – )

ダヤン・ビシエド(中日ドラゴンズ)

福田 永将(ふくだ のぶまさ)-中日ドラゴンズ (2007 – )

福田永将(中日ドラゴンズ)

平田 良介(ひらた りょうすけ) -中日ドラゴンズ (2006 – )

中日平田良介

ただ、難点はポジションですが、本職のサードには若手期待の高橋選手がいますし、ファーストにはビシエド選手もいます。

高橋 周平(たかはし しゅうへい) -中日ドラゴンズ (2012 – )

高橋周平(ホームラン)中日

ただ、ゲレーロ選手自身はレフトも守れますし、ビシエド選手も同じく外野に回ることも出来ます。

レフトとファーストでビシエド選手と上手く併用しながらの起用となりそうです。

アレックス・ゲレーロ(中日ドラゴンズ)

中日ドラゴンズ打線 (2016年度)

1番 大島 洋平 センター 試143 率.292(599打数175安打)本3 点27 盗26
2番 荒木 雅博 セカンド 試93 率.246(289打数71安打)本1 点16 盗13
3番 平田 良介 ライト 試118 率.248(416打数103安打)本14 点73 盗4
4番 ビシエド ファースト 試119 率.274(416打数114安打)本22 点68 盗1
5番 ナニータ(退団) レフト 試92 率.299(319打数91安打)本8 点35 盗0
6番 福田 永将 サード 試89 率.267(270打数72安打)本10 点37 盗0
7番 堂上 直倫 ショート 試131 率.254(456打数116安打)本6 点46 盗1
8番 杉山 翔大 キャッチャー 試104 率.260(269打数70安打)本3 点27 盗1
9番 大野 雄大 ピッチャー 登19 防3.54(7勝10敗)投129.2 振85

まとめ

FA権を行使して移籍するのではないかと言われていた大島選手と平田選手が残留を決めたことは、中日にとって命拾い。

今シーズン、最下位からの巻き返しに向けて希望の光ともなりました。

そこにゲレーロ選手が加わって打線に厚みが増してくるようになれば、中日はセリーグの台風の目となる可能性も出てきそうです。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク