【WBCドミニカ共和国代表】2017年2連覇可能か?豪華メンバーのメジャー成績

【WBCドミニカ共和国代表】2017年2連覇可能か?豪華メンバーのメジャー成績

過去3回行われたWBC。

最初の2回は日本が連覇しましたが、第3回開催で初優勝を達成したのがドミニカ共和国でした。

決勝のプエルトリコ戦を3対0で下し、何とWBC3回目にして初となる第1ラウンドからの8連勝という無敵の強さでの優勝となったのです。

第三回WBCドミニカ試合結果(2013年)

大会  対戦
第1ラウンド 1回戦
○ ドミニカ共和国 9-3   ● ベネズエラ
第1ラウンド 2回戦 ○ ドミニカ共和国 6-3   ● スペイン
第1ラウンド 3回戦 ○ ドミニカ共和国 4-2   ● プエルトリコ
第2ラウンド 1回戦 ○ ドミニカ共和国 5-4   ● イタリア
第2ラウンド 2回戦 ○ ドミニカ共和国 3-1   ● アメリカ
第2ラウンド 3回戦 ○ ドミニカ共和国 2-0   ● プエルトリコ
準決勝 ○ ドミニカ共和国 4-1   ● オランダ
決勝 ○ ドミニカ共和国 3-0   ● プエルトリコ
全8試合 8勝

そして今大会は、前回よりもさらに豪華な顔ぶれだという評価も。

果たして連覇なるか、そのメンバーをチェックしてみましょう。

WBCドミニカ共和国代表(ワールド・ベースボール・クラシック)

ドミニカ共和国代表 -チーム紹介

監督 T.ペーニャ
出場回数 4回
世界ランキング 13位
過去成績 2006
2009
2012
ベスト4
1ラウンド敗退
優勝
スポンサーリンク
アドバンク大

ドミニカ共和国代表の注目投手は?

ドミニカ共和国が誇る強力投手陣の中でも注目度が高いのが、メジャーリーグ・ジャイアンツに所属しているジョニー・クエト投手でしょう。

ジョニー・クエト -サンフランシスコ・ジャイアンツ (2016 – )

ジョニー・クエト(WBCドミニカ共和国代表)

生年月日 1986年2月15日(31歳)
出身地 ドミニカ共和国 サンペドロ・デ・マコリス
身長 180cm
体重 100kg
ポジション 投手
投打 右投右打

昨シーズンは18勝5敗、防御率2.79という素晴らしい成績を残しました。

レッズ時代の2014年には20勝を挙げており、大リーグ通算で114勝をマークしている右腕です。

年度別投手成績 -ジョニー・クエト ( サンフランシスコ・ジャイアンツ )

年度 登板/先発 防御率 勝敗 投球回 三振 WHIP
2012年(26) 33(33) 2.78 199 217.0 170 1.17
2013年(27) 11(11) 2.82 52 60.2 51 1.06
2014年(28) 34(34) 2.25 209 243.2 242 0.96
2015年(29) 32(32) 3.44 1113 212.0 176 1.13
2016年(30) 32(32) 2.79 185 219.2 198 1.09
メジャー通算 258(258) 3.23 11475 1640.0 1369 1.17

続きを読む

また、エディンソン・ボルケス投手は160キロ近い速球を投げ込む先発投手。

昨年所属していたロイヤルズでは13年連続の2ケタ勝利となる10勝をマークしました。

エディンソン・ボルケス -マイアミ・マーリンズ (2017 – )

エディンソン・ボルケス(WBCドミニカ共和国代表)

生年月日 1983年7月3日(33歳)
出身地 ドミニカ共和国 バラオナ州
身長 183cm
体重 100kg
ポジション 投手
投打 右投右打

年度別投手成績 -エディンソン・ボルケス ( マイアミ・マーリンズ )

年度 登板/先発 防御率 勝敗 投球回 三振 四球
2012年(29) 32(32) 4.14 1111 182.2 174 105
2013年(30) 33(32) 5.71 912 170.1 142 77
2014年(31) 32(-) 3.04 137 192.2 140 71
2015年(32) 34(-) 3.55 139 200.1 155 72
2016年(33) 34(-) 5.37 1011 189.1 139 76
メジャー通算 259(-) 3.51 8979 1432.1 1229 668

さらに昨季はカージナルスで16勝9敗の成績を残したカルロス・マルティネス投手も注目です。

最速163キロとも言われる豪快なストレートにシンカーなどの変化球を投げ込む速球派投手です。

カルロス・マルティネス -セントルイス・カージナルス (2013 – )

カルロス・マルティネス(WBCドミニカ共和国代表)

生年月日 1991年9月21日(25歳)
出身地 ドミニカ共和国 コリナス・デル・スール
身長 183cm
体重 86kg
ポジション 投手
投打 右投右打

年度別投手成績 -カルロス・マルティネス ( セントルイス・カージナルス )

年度 登板/先発 防御率 勝敗 投球回 三振 WHIP
2013年(21) 21(4) 5.08 21敗1s3h 28.0 24 1.41
2014年(22) 57(7) 4.03 24敗1s17h 89.1 84 1.41
2015年(23) 31(29) 3.01 147敗1h 179.2 184 1.29
2016年(24) 31(31) 3.04 169 195.1 174 1.22
メジャー通算 140(68) 3.32 3421敗2s21h 492.2 466 1.29

これだけ見ても、150キロを軽く超えるようなストレートを投げ込む先発投手がずらりと並びます。

しかも大リーグでも結果を残し、一定の地位を築いている投手ばかり。

連覇の期待が十分に出来るほどの豪華な顔ぶれです。

ドミニカ共和国代表(出場登録投手)

背番号 選手(年齢) 守備 身長/体重 投打 所属 成績
68 D.ベタンセス(28) 投手 203/120 右投右打 ヤンキース 防3.08(3勝6敗12s)
46 S.カシーヤ(36) 投手 183/95 右投右打 アスレチックス
3.57(2勝5敗31s)
37 A.コロメ(28) 投手 188/100 右投右打 レイズ 防1.91(2勝4敗37s)
47 J.クエト(30) 投手 180/100 右投右打 ジャイアンツ 2.79(18勝5敗)
21 S.デドゥーノ(33) 投手 191/95 右投右打 ドミニカンリーグ
70 J.ディアス(32) 投手 193/126 右投右打 レッズ 防3.14(1勝1敗)
27 J.ファミリア(27) 投手 191/109 右投右打 メッツ 防2.55(3勝4敗51s)
18 C.マルティネス(25) 投手 183/86 右投右打 カージナルス 防3.04(16勝9敗)
50 H.ネリス(27) 投手 188/98 右投右打 フィリーズ 防2.58(4勝4敗2s)
38 W.ペラルタ(27) 投手 185/116 右投右打 ブルワーズ 防4.86(7勝11敗)
74 H.ロブレス(26) 投手 180/84 右投右打 メッツ 防3.48(6勝4敗1s)
56 F.ロドニー(39) 投手 180/104 右投右打 ダイヤモンドバックス 防3.44(2勝4敗1s)
45 E.ロメロ(26) 投手 191/98 左投左打 レイズ 防5.91(2勝0敗1s)
36 E.ボルケス(33) 投手 183/100 右投右打 マーリンズ 防5.37(10勝11敗)

ドミニカ共和国代表の注目野手は?

野手でも注目選手が目白押しです。

最も注目度が高い選手として、マリナーズに所属しているロビンソン・カノ選手が挙げられるでしょう。

ロビンソン・カノ -シアトル・マリナーズ (2014 – )

ロビンソン・カノ(WBCドミニカ共和国代表)

生年月日 1982年10月22日(34歳)
出身地 ドミニカ共和国 サンペドロ・デ・マコリス州
身長 183cm
体重 95kg
ポジション 内野手
投打 右投左打

現在、メジャーリーグで現役二塁手としては最高のプレーヤーと評される選手です。

昨年は39本塁打、103打点をマークしました。

年度別打撃成績 -ロビンソン・カノ ( シアトル・マリナーズ )

所属 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 三振 OPS
2012年(28) 161 .313(627打数196安打) 94 33 3 96 .929
2013年(29) 160 .314(605打数190安打) 107 27 7 85 .899
2014年(30) 157 .314(595打数187安打) 82 14 10 68 .836
2015年(32) 156 .287(624打数179安打) 79 21 2 107 .779
2016年(33) 161 .298(655打数195安打) 103 39 0 100 .882
メジャー通算 1848 .307(7210打数2210安打) 1086 278 50 964 .853

またオリオールズに所属しているマニー・マチャド選手もまた注目される選手の1人でしょう。

昨シーズンは37本塁打96打点をマークしています。

マニー・マチャド -シアトル・マリナーズ (2014 – )

マニー・マチャド(WBCドミニカ共和国代表)

生年月日 1992年7月6日(24歳)
出身地 ドミニカ共和国
身長 191cm
体重 84kg
ポジション 内野手
投打 右投右打

年度別打撃成績 -マニー・マチャド ( シアトル・マリナーズ )

所属 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 三振 OPS
2012年(20) 51 .262(191打数50安打) 26 7 2 38 .739
2013年(21) 156 .283(667打数189安打) 71 14 6 113 .746
2014年(22) 82 .278(327打数91安打) 32 12 2 68 .755
2015年(23) 162 .286(633打数181安打) 86 35 20 111 .861
2016年(24) 157 .294(640打数188安打) 96 37 0 120 .876
メジャー通算 608 .284(2458打数699安打) 311 105 30 450 .811

中軸候補としては36歳のベテランであるブルージェイズに所属するホセ・バティスタ選手。

ドミニカ代表屈指の長距離ヒッターです。

昨シーズンは22本塁打、打率.234と低迷はしましたが、2010年からは2年連続で本塁打王に輝いています。

また四球を選べる選球眼もあるのが魅力で、2015年には110個の四球を選び、四球王ともなりました。

ホセ・バティスタ -トロント・ブルージェイズ (2008 – )

ホセ・バティスタ(WBCドミニカ共和国代表)

生年月日 1980年10月19日(36歳)
出身地 ドミニカ共和国 サントドミンゴ
身長 183cm
体重 93kg
ポジション 外野手
投打 右投右打

年度別打撃成績 -ホセ・バティスタ ( トロント・ブルージェイズ )

所属 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 三振 OPS
2012年(31) 92 .241(332打数80安打) 65 27 5 63 .886
2013年(32) 118 .259(452打数117安打) 73 28 7 84 .856
2014年(33) 155 .286(553打数158安打) 103 35 6 96 .928
2015年(34) 153 .250(543打数136安打) 114 40 8 106 .913
2016年(35) 116 .234(423打数99安打) 69 22 2 103 .817
メジャー通算 1519 .255(5139打数1311安打) 862 308 60 1113 .861

同じく過去に本塁打王の経験もあり、37歳のベテランでもあるレンジャースのエイドリアン・ベルトレ選手もまた要注目でしょう。

エイドリアン・ベルトレ -テキサス・レンジャーズ (2011 – )

エイドリアン・ベルトレ(WBCドミニカ共和国代表)

生年月日 1979年4月7日(37歳)
出身地 ドミニカ共和国 サントドミンゴ
身長 180cm
体重 100kg
ポジション 内野手
投打 右投右打

年度別打撃成績 -エイドリアン・ベルトレ ( テキサス・レンジャーズ )

所属 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 三振 OPS
2012年(33) 156 .321(604打数194安打) 102 36 1 82 .921
2013年(34) 161 .315(631打数199安打) 92 30 1 78 .880
2014年(35) 148 .324(549打数178安打) 77 19 1 74 .879
2015年(36) 143 .287(567打数163安打) 83 18 1 65 .788
2016年(37) 153 .300(583打数175安打) 104 32 1 66 .879
メジャー通算 2720 .286(10295打数2942安打) 1571 445 119 1584 .818

ドミニカ共和国代表(出場登録野手)

背番号 選手(年齢) 守備 身長/体重 投打 所属 打撃成績
35 W.カスティーヨ(29) 捕手 178/100 右投右打 オリオールズ 率.264 14 68
86 A.ロザリオ(30) 捕手 178/86 右投右打 カージナルス 率.184 0 2
29 A.ベルトレ(37) 内野手 180/100 右投右打 レンジャーズ 率.300 32 104
22 R.カノ(34) 内野手 183/95 右投左打 マリナーズ 率.298 39 103
3 M.マチャド(24) 内野手 191/84 右投右打 オリオールズ 率.294 37 96
13 H.ラミレス(33) 内野手 188/107 右投右打 レッドソックス 率.286 30 111
7 J.レイエス(33) 内野手 183/88 右投両打 メッツ 率.267 8 24
41 C.サンタナ(30) 内野手 180/95 右投両打 インディアンス 率.259 34 87
5 J.ビヤー(25) 内野手 185/98 右投両打 ブルワーズ 率.285 19 63
19 J.バティスタ(36) 外野手 183/93 右投右打 ブルージェイズ 率.234 22 69
23 N.クルーズ(36) 外野手 188/104 右投右打 マリナーズ 率.287 43 105
6 S.マルテ(28) 外野手 185/86 右投右打 パイレーツ 率.311 9 46
25 G.ポランコ(25) 外野手 196/104 左投左打 パイレーツ 率.258 22 86
48 M.ロハス(26) 外野手 188/102 右投両打 ブレーブス(マイナー)

激戦区プールCを勝ち上がれるか

1次ラウンドのプールCは優勝へ向けて大きな戦力を補強しているアメリカとも同じグループ。

今大会屈指の激戦区でもあります。

試合日程(1次ラウンド-プールC)

日程 対戦
2017年3/10(金)8:00 ドミニカ共和国 VS カナダ
2017年3/12(日)8:30 ドミニカ共和国 VS アメリカ
2017年3/13(月)1:30 コロンビア VS ドミニカ共和国

そんな激戦区を勝ち抜き、そして連覇を実現すべく、集めてきた選手たちはどれもメジャーリーグで結果を残してきた強者ばかり。

前回優勝メンバー以上の戦力があるとも言われています。

ロビンソン・カノ選手やマニー・マチャド選手らが上位打線を形成。

ロビンソン・カノ -率.298    39本塁打    103打点

ロビンソン・カノ(WBCドミニカ共和国代表)

マニー・マチャド -率.294    37本塁打    96打点

マニー・マチャド(WBCドミニカ共和国代表)

ホセ・バティスタ選手やエイドリアン・ベルトレ選手といったベテラン勢が中軸を打つ可能性はあります。

ホセ・バティスタ -率.234   22本塁打    69打点

ホセ・バティスタ(WBCドミニカ共和国代表)

エイドリアン・ベルトレ -率.300    32本塁打    104打点

エイドリアン・ベルトレ(WBCドミニカ共和国代表)

メジャーリーグで本塁打王の経験があったり、昨シーズン40本近い本塁打を放ったりと、そんな豪快な選手がずらりと顔を揃えます。

まさにその顔ぶれはオールスター。

予選突破はもちろんの事、優勝、つまり連覇へ向けて四角は一切ないといったところではないでしょうか。

戻す

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク