広島・鈴木誠也はトリプルスリー可能?ヤクルト山田と比較

広島・鈴木誠也はトリプルスリー可能?ヤクルト山田と比較長いプロ野球の歴史の中でわずかに10人しか達成していないトリプルスリー。

11人目の候補になるのではないかと期待されているのが、昨年「神ってる」大活躍で大ブレイクした広島・鈴木誠也選手です。

鈴木誠也(広島東洋カープ)

鈴木選手はトリプルスリーを達成できる可能性はどのくらいあるのでしょうか?

史上初の2年連続トリプルスリーを達成した東京ヤクルト山田哲人選手と比較して、その可能性を探ってみみます。

スポンサーリンク
アドバンク大

鈴木誠也と山田哲人を比較

広島・鈴木誠也選手と東京ヤクルト・山田哲人選手を入団当時からの成績で振り返ってみます。

まずは山田選手の紹介。

2010年ドラフト1位で大阪・履正社高校から東京ヤクルトに入団。

山田 哲人(やまだ てつと)-東京ヤクルトスワローズ (2011 – )

山田哲人(ヤクルト)

生年月日 1992年7月16日(歳)
出身地 兵庫県豊岡市
身長 180cm
体重 76kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り 履正社高〜ヤクルト2010年 ドラフト1巡目

ルーキイヤー(2011)

1年目は1軍の出場はなかったものの、イースタンリーグでは打率2割5分9厘をマーク。

盗塁も17個決め、今後のブレイクを期待させるような成績を残しました。

イースタン・打撃成績 – (2011)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2011年(19) 114 .259(409打数106安打) 39 5 17 10 56 720万

入団2〜3年目(2012 – 2013)

2年目には1軍に初めて昇格し、プロ初ホームランを記録。

3年目には自身最多の94試合に出場して、9つの盗塁も決めました。

年度別打撃成績 –  (2012 – 2013)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2012年(20) 26 .250(44打数11安打) 1 1 0 0 11 800万
2013年(21) 94 .283(350打数99安打) 26 3 9 3 37 1000万

入団4年目(2014)

トリプルスリーを達成するのではないかと予感させるシーズンとなったのは4年目。

山田 哲人(ヤクルト)

持ち味のミート力と長打力でレギュラーの座をつかみ、打率3割2分4厘、29本塁打をマーク。

盗塁は15にとどまりましたが、トリプルスリーに向けて打率で条件をクリアし、本塁打はあと一歩のところまで迫ってきたのです。

打撃成績 – (2014)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2014年(22) 143 .324(569打数193安打) 89 29 15 2 95 2200万

入団5年目にトリプルスリー達成(2015 – 2016)

2015年には打率3割2分9厘、38本塁打、34盗塁で堂々のトリプルスリーを達成。

山田哲人

さらに翌年の2016年には打率3割4厘、38本塁打、30盗塁と成績自体は若干、下がりましたが、プロ野球史上初の2年連続トリプルスリーを達成したのです。

年度別打撃成績 –  (2015 – 2016)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2015年(23) 143 .329(557打数183安打) 100 38 34 0 111 8000万
2016年(24) 133 .304(481打数146安打) 102 38 30 0 101 2億2000万
通算:6年 539 .312(2028打632安打) 318 109 88 5 355 3億5000万

一方で将来のトリプルスリー達成が期待される広島・鈴木誠也選手は2012年ドラフト2位で東京・二松学舎大附属高校から広島に入団。

鈴木 誠也(すずき せいや)-広島東洋カープ (2013 – )

鈴木誠也(広島東洋カープ)

生年月日 1994年8月18日(歳)
出身地 東京都荒川区
身長 181cm
体重 90kg
ポジション 内野手   外野手
投打 右投右打
プロ入り 二松學舍大附高〜広島2012年 ドラフト2位

ルーキイヤー(2013)

高卒ルーキーながら2軍では、93試合に出場し、打率2割8分1厘、10個の盗塁を決めました。

ウエスタン・打撃成績 – (2013)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2013年(19) 93 .281(335打数94安打) 38 2 10 2 36 600万

1年目から1軍を経験し、打率は8分3厘とプロの壁に当たったものの、周囲の期待の高さを感じさせるものでした。

1軍・打撃成績 – (2013)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2013年(19) 11 .083(12打数1安打) 1 0 0 0 1 600万

入団2〜3年目(2014 – 2015)

2年目、3年目と出場機会を増やしていき、3年目の2015年には95試合に出場しました。

鈴木 誠也(すずき せいや)

年度別打撃成績 –  (2014 – 2015)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2014年(20) 36 .344(64打数22安打) 7 1 0 0 13 650万
2015年(21) 97 .275(211打数58安打) 25 5 6 7 38 900万

入団4年目(2016)

そして鈴木選手の才能が一気に開花したのが2016年のこと。

鈴木 誠也(すずき せいや)

開幕から出遅れたものの、交流戦では3試合連続の決勝ホームランを放ち、その活躍ぶりは後に流行語大賞を受賞する「神ってる」が評価されました。

鈴木 誠也(すずき せいや)

広島の25年ぶりのリーグ優勝にも大きく貢献し、チームの主力選手として129試合出場、打率3割3分5厘、29本塁打、16盗塁という好成績をマークしました。

年度別打撃成績 –  (2015 – 2016)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2016年(22) 129 .335(466打数156安打) 98 29 16 3 79 1700万
通算:4年 273 .315(753打数237安打) 128 35 22 10 131 6000万

もし全試合フルに出場していたら、盗塁数で30をクリアするのは厳しかったかもしれませんが、かなり良い線までいっていたのではないでしょうか。

これこそが山田選手と似たような軌跡をたどっており、近い将来、トリプルスリーの可能性があると期待される要因でもあります。

入団4年目までの成績比較

鈴木 誠也
項目 山田 哲人
181cm 身長 180cm
90kg 体重 76kg
273 通算試合数 263
.315 打率(通算) .306
.335 打率(シーズン) .324
35本塁打 本塁打(通算) 33本塁打
29本塁打 本塁打(シーズン) 29本塁打
128打点 打点(通算) 116打点
95打点 打点(シーズン) 89打点
237安打 安打(通算) 303安打
156安打 安打(シーズン) 193安打
22盗塁 盗塁(通算) 24盗塁
16盗塁 盗塁(シーズン) 15盗塁
131三振 三振(通算) 143三振
79三振 三振(シーズン) 95三振

鈴木誠也のトリプルスリー達成の可能性は?

では、実際に鈴木選手は近い将来、トリプルスリーを達成できるのでしょうか。

今シーズンに入り、鈴木選手は広島の4番を任されるようになりました。

鈴木 誠也(すずき せいや)

一般的に4番打者というのは、長打力もあり、打撃に安定感があり、さらに勝負強いという特色を持ったバッターが任される傾向が強くあります。

そのため足の速さはあまり重要視されないのも特徴です。

つまりトリプルスリーを狙うに当たって、4番打者というのは打率と本塁打はクリアできるかもしれませんが、30盗塁というのが大きな壁となりがちです。

広島カープのチームのカラーは何と言っても機動力。

鈴木 誠也(すずき せいや)

どこからでも次の塁を狙い、相手をかき回してくるのが攻撃の特徴です。

その点から考えると、4番打者は盗塁がネックとなりトリプルスリーを狙いにくいですが、広島カープ4番であれば走るチャンスが望まれます。

近い将来に達成の可能性は期待出来ますね!

主軸の歴代シーズン最多盗塁数 –  (広島東洋カープ)

選手 盗塁数 年度
山本 浩二 25 1971
衣笠 祥雄 31 1976
前田 智徳 18 1992
江藤 智 14 1995
緒方 孝市 50 1996
金本 知憲 30 2000

まとめ

広島は過去に、前監督の野村謙二郎さん、そして現在、阪神の監督を務めている金本知憲監督の2人がトリプルスリーを達成しています。

野村 謙二郎(のむら けんじろう)-広島東洋カープ (1989 – 2005)

野村謙二郎(広島東洋カープ)トリプルスリー

年度 試合数 打率 本塁打 盗塁
1995 131 .315(550打数173安打) 30 30

金本 知憲(かねもと ともあき)-広島東洋カープ (1992 – 2002)

金本知憲(広島東洋カープ)トリプルスリー

年度 試合数 打率 本塁打 盗塁
2000 136 .315(496打数156安打) 30 30

鈴木選手が達成することになれば球団史上3人目となります。

ヤクルト・山田選手と似たような軌跡を描く鈴木選手。

チームの4番の役割を担いながらも、機動力をフル活用していく広島だからこそ、その俊足を活かせる場面も多いでしょう。

4番でトリプルスリーが実現できるかが注目されます。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク