ヤクルト石川雅規・通算200勝の可能性は?

球団史上最年長の37歳で今シーズンの開幕投手を務めた東京ヤクルト・石川雅規投手。

「小さな大投手」の異名を持つ石川投手は、今なお、ヤクルトのエースです。

そして少しずつ迫ってきた通算200勝。

そこまでの道のりはまだ長いながらも、果たして将来、到達する事は出来るでしょうか?

スポンサーリンク
アドバンク大

石川雅規投手の経歴・生い立ち

東京ヤクルト・石川雅規投手は1980年1月22日生まれの歳、秋田県秋田市出身です。

身長167cmと北海道日本ハム・谷元圭介投手、埼玉西武・野田昇吾投手と並び、現プロ野球界では最も小柄な投手です。

石川 雅規(いしかわ まさのり)- 東京ヤクルトスワローズ (2002 – )

石川雅規(東京ヤクルトスワローズ)

生年月日 1980年1月22日(歳)
出身地 秋田県秋田市
身長 167cm
体重 73kg
ポジション 投手
投打 左投左打
プロ入り 秋田商〜青山学院大学〜 ヤクルト2001年 自由獲得枠
NPB通算:15年 登404(先発:389) 防3.76(152勝137敗3h)投2436.1 振1358

秋田商業高校時代 – (1995 – 1998 )

石川投手は学生時代地元・秋田の秋田商業高校の出身でエースとして活躍しました。

石川雅規(秋田商)

3年の夏に甲子園出場も経験しており、1回戦では島根・浜田高校の現ソフトバンク・和田毅投手と対戦し勝利を収めています。

和田毅 浜田高校
▲ 97年夏 力投する浜田高の和田投手

秋田商 vs 浜田高 – (1997 )

1997年夏1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9
●浜田(島根) 1 0 0 0 1 0 0 1 0 3
○秋田商(秋田) 0 0 0 1 0 0 0 0 3 4

第79回全国高校野球選手権大会 – (1997 )

回戦 対戦校 勝敗
一回戦 浜田(島根) 4-3
二回戦 浦添商(沖縄) 4-8

青山学院大学時代 – (1998 – 2002 )

石川雅規(青山学院大学)

その後、青山学院大学に進学し、名門チームのエースとして、4年間で通算23勝8敗という成績を残しました。

2年の春・秋、4年の春にはベストナインと最優秀投手にも選出。

青山学院大学投手成績  – ( 1998 – 2001)

年度 登板 勝敗 防御率 投球回 安打 三振 四死球 自責点
08春〜01秋 51 23勝8敗 1.63 284

表彰

最高殊勲選手 1回(2年生春)
最優秀投手 3回(2年生春・秋、4年生春)
ベストナイン 3回(2年生春・秋、4年生春)

ドラフト会議 – (2001 )

大学時代の技巧的なピッチングスタイルはプロからも注目を集め、2001年の自由獲得枠でヤクルトに入団しました。

石川雅規(青山学院大学)ドラフト自由獲得枠

ドラフト指名選手 – ( 福岡ソフトバンクホークス  )

自由獲得枠 石川 雅規 投手 青山学院大学
2巡目 梶本 勇介 内野手 専修大学北上高
4巡目 内田 和也 外野手 日本大学第三高
5巡目 福川 将和 捕手 三菱自動車岡崎
6巡目 萩原 多賀彦 投手 JR東日本
7巡目 五十嵐貴章 投手 JR東日本
8巡目 志田 宗大 外野手 青山学院大学

性格・結婚は?– (2003 – 2006 )

石川雅規(東京ヤクルトスワローズ)

石川投手はマウンド上でイライラするしぐさを見せることもあり、以外ではありますが「短気な性格」と言われています。

マウンド上は、闘争心溢れる負けん気強い性格ですが、普段はとても優しい選手です。

石川雅規(東京ヤクルトスワローズ)

また、漫画・サザエさんの「磯野カツオ」に似ていることから、チームメイトには「カツオ」と呼ばれることも。

でも、このニックネームが本人も気に入っているようで、アンダーシャツには鰹がデザインされているとか。

そんなお茶目な一面もあります。

石川雅規(東京ヤクルトスワローズ)家族

プライベートでは2003年に青山学院大学時代の同級生の女性の方と結婚しています。

お子さんは、大耀(だいや)くん、栄寿(えいす)くんという、まるで「ダイヤのエース」とも取れる名前の2人の男の子がいます。

ヤクルト石川は、今なお全盛期なのか?

石川投手は入団以来、コンスタントに結果を残していることでも知られています。

石川雅規(東京ヤクルトスワローズ)

ルーキーイヤー – ( 2002 )

1年目から先発ローテ入り29試合に登板し、12勝をマーク。

その年の新人王に輝きました。

年度別投手成績 – (2002)

2001年 (21歳) ヤクルト1位 契約金1億円

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 年俸
2002年(22) 29(先発28) 3.33 129 178.1 104 1300万

ヤクルトエースとして活躍– ( 2003 – 2013 )

石川雅規(東京ヤクルトスワローズ)

4年目には自身初の開幕投手を務め、左のエースとしての地位を築きます。

2007年は不振に苦しみ、わずか4勝に終わりました。

プロ入り後、5年連続で2ケタ勝利を達成していましたが、ここで途切れてしまいました。

しかし、その後は4年連続で2ケタ勝利を達成。

2008年には12勝をマークし、防御率2.68で、自身初の最優秀防御率のタイトルを獲得しました。

年度別投手成績 – (2003 – 2014)

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 年俸
2003年(23) 30(先発30) 3.79 1211 190.0 97 3900万
2004年(24) 27(先発27) 4.35 1111 163.1 72 7000万
2005年(25) 26(先発25) 4.87 108 149.2 105 8700万
2006年(26) 29(先発28) 4.53 1010 151.0 81 1億0000万
2007年(27) 26(先発15) 4.38 47敗2h 96.2 50 1億1500万
2008年(28) 30(先発29) 2.68 1210敗1h 195.0 112 9500万
2009年(29) 29(先発29) 3.54 137 198.1 84 1億5500万
2010年(30) 28(先発28) 3.53 138 186.1 98 1億8000万
2011年(31) 27(先発27) 2.73 109 178.1 127 1億8000万
2012年(32) 27(先発27) 3.60 811 172.2 100 2億0000万
2013年(33) 24(先発24) 3.52 69 148.1 85 2億0000万
2014年(34) 27(先発27) 4.75 1010 165.0 101 1億8000万

近年の活躍 – ( 2015-2016 )

シーズン通して、2ケタ勝利に到達できない年も徐々に目立ってきましたが、プロ14年目の2015年には13勝をマーク。

石川雅規(東京ヤクルトスワローズ)

今シーズンは球団史上最年長となる、37歳での開幕投手を務めるなど、今なお全盛期といっても過言ではないほど、エースとして活躍しています。

開幕投手回数

8回 (2005・2006・2008〜2012・2017)

年度別投手成績 – (2015 – 2016)

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 年俸
2015年(35) 25(先発25) 3.31 139 146.2 90 1億8000万
2016年(36) 20(先発20) 4.47 88 116.2 52 2億0000万
NPB通算:15年 404(先発389) 3.76 152137 2436.1 1358 1億8000万

タイトル・表彰

最優秀防御率 1回 (2008年)
新人王 1回(2002年)
スピードアップ賞 1回 (2002年)
優秀JCB・MEP賞 1回 (2003年)
ゴールデングラブ賞 1回 (2008年)
月間MVP 3回 (投手部門:2008年3・4月、2010年7月、2015年9月)
最優秀バッテリー賞 1回 (2015年、捕手:中村悠平)

167cmと小柄ながら、長きに渡って活躍を続け、今なお全盛期でもある石川投手。

石川雅規(東京ヤクルトスワローズ)

ストレートはけして速いわけではありませんが、スライダー、シンカー、シュート、カットボールなど、とにかく変化球が多彩。

しかも、四球をほとんど与えず、コントロールは抜群。

「精密機械」とも呼ばれた広島のかつてのエース・北別府学さんよりも、1試合当たりの四球数は少ないのです。

北別府 学(きたべっぷ まなぶ)- 広島東洋カープ (1976 – 1994)

北別府学(広島東洋カープ)精密機械

▲ 北別府:与四球率(656与四球/3113.0投球回=62)に対し石川:与四球率(463与四球/2436.1投球回=60)

現役での通算与四球率は、No1です。

そのコントロールの良さで、ヒットを許しても、連打を許さないピッチングが、石川投手を長く支えているのでしょう。

通算200勝達成の可能性は?

200勝投手といえば、2016年に当時、広島に在籍していた黒田博樹さんが日米通算200勝を達成しました。

黒田 博樹(くろだ ひろき)- 現役 (1997 – 2016)

黒田200勝

1990年代以降の200勝投手

達成日 選手 勝利数 登板数 防御率 投球回 WHIP
1992.07.16 北別 府学 213 515 3.67 3113.0 1.26
2004.08.17 工藤 公康 224 472 3.45 3336.2 1.25
2005.06.15 日米 野茂 英雄 201 462 3.86 3027.2 1.34
2008.08.04 山本 昌広 219 581 3.45 3348.2 1.22
2016.07.23 日米 黒田 博樹 203 533 3.51 3340.2 1.21

今の時代、プロ野球では先発、中継ぎ、抑えの分業制、中6日が基本の先発ローテーション。

日本のプロ野球だけで200勝を達成するのは至難の業とされています。

最近では50歳までプレーした元中日の山本昌さんを思い浮かべますが、それだけ長く、プロ野球の世界で、一線で活躍しなければ、200勝は難しいとされています。

そんな山本昌さんを尊敬しているのが石川投手です。

石川雅規(東京ヤクルトスワローズ)山本昌

現在37歳で、シーズン開幕前の時点で152勝を挙げています。

今シーズンもすでに勝ち星を積み重ね、じわりと200勝に詰め寄っていますが、まだ40勝以上を残しています。

石川投手は最近5年間で45勝を挙げており、このペースでいけば、41歳のシーズンには達成できる計算になります。

歴代大卒勝利数

順位 選手 勝敗 防御率 投球回 完投(完封)
1 村山 実 222147 2.09 3050.1 192(55)
2 黒田 博樹 203184 3.51 3340.2
82(20)
3 秋山 登 193171 2.60 2993.0 132(29)
4 杉浦 忠 187106 2.39 2413.1 95(18)
5 西口 文也 182118 3.73 2527.2 54(17)
6 高橋 直樹 169158 3.32 2872.2 141(23)
7 坂井 勝二 166186 3.26 2839.2 96(26)
8 佐藤 義則 165137 3.97 2608.2 141(27)
9 石川 雅規 152137 3.76 2436.1 25(8)
10 星野 仙一 146121 3.60 2128.2 66(15)

技巧的に相手を抑えるピッチングが、年を追うごとに円熟味を増してくれば・・・

そして今まだ通り大きな故障なく、息の長い投手になれば、40代前半には200勝を達成できる可能性はあります。

石川雅規(東京ヤクルトスワローズ)

年度別勝利ペース

2002 12
2003 12
2004 11
2005 10
2006 10
2007 4
2008 12
2009 13
2010 13
2011 10
2012 8
2013 6
2014 10
2015 13
2016 8
通算15 平均 10.13

まとめ

37歳になってもなお、チームの開幕投手を務めるほど、いまだ「全盛期」の石川投手。

身長167cmと非常に小柄なのに、打者を抑える技巧的なピッチングで、コンスタントに勝ち星を積み重ねてきました。

過去に2ケタ勝利は11度。

調子の波も小さく、このまま順調にいけば、200勝も夢ではありません。

日本のプロ野球界だけでこの金字塔を打ち立てられるのか、そして今年はどこまでその数字に近づけることができるかが注目されます。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク