巨人ドラ2畠 世周(はたけ せいしゅう)の経歴は?

ルーキーイヤーの今季、故障で出遅れたものの、2軍で衝撃のデビューを飾った巨人のドラフト2位ルーキー・畠 世周(はたけ・せいしゅう)投手。

剛速球が魅力の畠投手ですが、果たしてこれまでどのような経歴でプロ入りまで果たすことができたのでしょうか?

その経歴を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

畠 世周投手の経歴・プロフィール

畠世周投手は1994年5月31日生まれの今年歳。

広島県呉市出身の巨人の投手です。

畠 世周(はたけ せいしゅう)- 読売ジャイアンツ (2017 –  )

畠 世周(はたけ せいしゅう)読売ジャイアンツ #28

生年月日 1994年5月31日(歳)
出身地 広島県呉市
身長 186cm
体重 78kg
ポジション 投手
投打 右投左打
プロ入り 近大付福山高〜近畿大〜 巨人2016年 ドラフト2位
球速・球種 MAX152km(スライダー・カーブ・チェンジアップ)

野球を始めたのは小学3年のとき。

地元の少年野球チームに所属したことがきっかけでした。

中学でも野球を続け、高校は広島県東部の福山市にある近大福山高校。

広島・近大福山高校時代 – (2010 – 2013 )

近大福山高校時代は2年の秋からベンチに入り、3年からようやくエースの座をつかみました。

3年夏は県予選で4回戦までコマを進めましたが敗れてしまい、高校3年間で甲子園に出場することはできませんでした。

第94回選手権広島大会 – 3年時 ( 2012 )

回戦 対戦校 勝敗
二回戦 沼南 18-0
三回戦 呉三津田 8-1
四回戦 広島新庄 0-12

県大会投手成績  – ( 2012  )

年度 登板 投球回 安打 失点
2012 3 12.0 9 8

近畿大学時代 – (2013 – 2017 )

高校を卒業後、近畿地方の野球の名門である近畿大学。

畠 世周(はたけ せいしゅう)近畿大学

2年なってからリーグ戦にも出場するようになりました。

一気に注目を集めるようになったのは3年の秋。

リーグ戦で6勝をマークし、しかもそのうち4勝が完封勝利でした。

畠 世周(はたけ せいしゅう)近畿大学

近畿大学投手成績  – ( 2013 – 2016 )

年度 登板 勝敗 防御率 投球回 安打 三振 四死球 自責点
13春〜16秋 46 13勝13敗 2.03 266.0 187 216 89 60

ドラフト会議 – ( 2016 )

身長186cmという長身から繰り出す最速152キロのストレート。

スライダー、カーブなどの変化球が注目され、巨人が2016年ドラフト会議で2位指名しました。

畠 世周(はたけ せいしゅう)読売ジャイアンツ #28

▲ 2016年巨人2位(契約金7000万円、年俸1200万円)

ドラフト指名選手 – ( 読売ジャイアンツ )

1位 吉川 尚輝 内野手 中京学院大学
2位 畠 世周 投手 近畿大学
3位 谷岡 竜平 投手 東芝
4位 池田 駿 投手 ヤマハ
5位 高田 萌生 投手 創志学園高
6位 大江 竜聖 投手 二松學舍大学附属高
7位 廖 任磊 投手 開南大学

そんな畠投手、ご両親とお兄さんの4人家族で育ちました。

現在、彼女がいるという情報は特にありません。

まだプロ入りしたばかりですし、これからといったところでしょう。

どんなピッチングスタイル?

畠投手の魅力は何と言ってもパワーのあるストレート。

その球速は最速で152キロをマークします。

それを身長186cmという長身から投げ下ろすのです。

畠 世周(はたけ せいしゅう)近畿大学

この威力のある豪速球に加えて、スライダーやカーブといった変化球を織り交ぜるのが畠投手のピッチングスタイルです。

そんな畠投手が尊敬しているのが、昨年まで広島でプレーし、昨季限りで引退した黒田博樹さんだそうです。

黒田 博樹(くろだ ひろき)- 現役時代 ( 1997 –  2016 )

広島 黒田

黒田さんの著書を読み、ストレートに対する考え方について感銘を受けたよう。

練習時から妥協しないという姿勢を持つようになったともしています。

広島出身の畠投手にとって、郷里(きょうり)のチームである広島カープの大エースの言葉は心に響くものがあったのでしょう。

畠 世周(はたけ せいしゅう)読売ジャイアンツ #28

【巨人】ドラ2畠「黒田になる」球界代表する投手へ
巨人のドラフト2位・畠世周(せいしゅう)投手(22)=近大=が15日、大阪市内のホテルで仮契約を結んだ。契約金7000万円、年俸1200万円。背番号は未定。広島を今季限りで引退した黒田に憧れる右腕は「『畠選手のようになりたい』と言われる選手になりたい」と球界を代表する投手を目指す。最近の愛読書は黒田の著書「決めて断つ」。父・英彰さん(50)が勧めてくれた。自身のストレートは荒れる部分もあったが、「きれいな直球を投げられないことは悪いことじゃない」という一節に感銘を受け「プラス思考でできるようになった」と開き直れた。

2017年の起用法は、どうなるか?

速球派の即戦力として期待されていた畠世周投手ですが昨年、右肘を手術していることが発覚し、出遅れを余儀なくされました。

畠 世周(はたけ せいしゅう)読売ジャイアンツ #28

ドラフト2位・畠の右ヒジ手術発覚で揺れる巨人
巨人のドラフト2位ルーキー・畠世周投手(22=近大)が昨年、ドラフト後に右ヒジの遊離軟骨除去手術をしていたことが発覚し、球団内に波紋が広がっている。一軍戦力にただちに影響する問題ではないとはいえ、ドラフト最上位の即戦力投手がいきなり“開幕絶望”という事態に現場はあぜん。新人右腕の周囲には、ピリピリした空気が漂っている。新人選手研修会で元DeNA・三浦氏の講演など、熱心に耳を傾けた右腕は目を輝かせて「対戦して誰が一番すごかったかを聞いてみたかったです」と感想を語った。だが、右ヒジの状態を尋ねられると途端に表情は一変。「それはちょっと…」と、気まずそうに返答を避けた。畠がひそかに手術に踏み切っていたことは、9日の新人合同自主トレ初日の別メニュー調整で発覚した。本人によると、投球開始の時期は「全然わからない」という。現在は完全ノースロー。遊離軟骨の除去は深刻な手術ではないが、キャンプはリハビリ組でのスタートが確実で、3月末の開幕に間に合うかどうかは不透明だ。これには、現場の首脳陣にもショックが広がっている。コーチの一人は「即戦力で獲った最上位の投手(1位は野手の吉川尚)が、いきなり投げられないってどういうこと? ちゃんと調べたの?」とスカウト陣に疑問の視線を向けた。
畠が右ヒジに“爆弾”を抱えていることは、ドラフト以前から周知の事実だった。それでも巨人が2位指名に踏み切ったのは、畠の大学の先輩でもある前スカウト部長の山下哲治氏の意向が大きかったという。指名後、山下氏は畠について「(手術をしても)春季キャンプには間に合う」と断言していたが、その言葉がいまではむなしく響くだけだ。その山下氏は昨年限りでスカウト部長を退任。後任の岡崎郁新部長はこの日、東京都内で開かれたメディアとの懇親会に出席し「高橋監督からも『チーム強化の基本はドラフト。自前で獲った選手を育てていかないといけない』と言葉をいただいている。責任重大だが、頑張りたい」とスカウト体制の強化を打ち出したが…。V奪回へ大補強した一方で、若手の育成も重要課題。余計な隙間風が吹かないよう、畠の早期復帰が待たれる。

その右肘も順調に回復し、イースタンリーグの先発マウンドに立てるまでになりました。

イースタンリーグの試合で先発マウンドに立った畠投手は、阪神の2軍打線を相手に5回を投げて3安打無失点の見事なピッチング。

畠 世周(はたけ せいしゅう)読売ジャイアンツ #28

復帰登板であったにもかかわらず自己最速のストレート152キロをマークしました。

復帰後すぐの登板と思えないような剛速球を投げ込み、闘志みなぎるピッチングで首脳陣を大きくアピールしたのです。

イースタン投手成績  – ( 2017.5月現在 )

年度 登板(先発) 勝敗 防御率 投球回 安打 三振 四死球 自責点
2017 2(2) 0勝0敗 0.00 9.2 7 9 4 0

今後もイースタンリーグで登板を重ねていくことになるのでしょうが、デビュー戦同様先発での登板が中心となってくるのではないでしょうか。

故障明けを感じさせない登板内容だったことを考えても、意外と早い段階での1軍デビューもあるかもしれません。

畠 世周(はたけ せいしゅう)読売ジャイアンツ #28

【巨人】ドラ2・畠“昇格試験”合格!2軍で最速148キロ 5月中に1軍へ
◆イースタン・リーグ ロッテ2―2巨人=延長11回=(9日・ロッテ浦和)
巨人のドラフト2位・畠世周(はたけ・せいしゅう)投手(22)が9日、イースタン・ロッテ戦(浦和)に先発した。100球をメドに、1軍への“昇格テスト”と位置づけられた試合で最速148キロをマーク。右肘術後最多の99球を投げ、5回途中を4安打無失点。合格点の好投で、交流戦前に1軍昇格の可能性も高くなった。3回2死満塁の危機。コーチ、内野陣が畠の元に集まり、一息ついた。直後、思い切り腕を振った初球。打球は高々と上がり、捕手のミットに収まった。ゼロに封じ「狙ってできたわけではなく、しっかり投げた中での偶然です」と語った。同期入団の谷岡、池田、リャオはオープン戦から1軍を経験。この日は、ともに3軍スタートした吉川尚が1軍に昇格した。「(自分が)投げられない悔しさはあった。それでも、焦らず自分のペースで力をつけたい」と冷静だ。今月中の1軍昇格が期待されるが、畠は「変化球の精度を上げて、もっとカウントを楽に取っていかないと」と課題を挙げた。

まとめ

右ひじ手術の影響で、スタートは順調とは行かなかった畠世周投手。

本来の剛速球を取り戻してきました。

巨人の投手陣は非常に層が厚く、その中で1軍の先発枠に入るのは至難の業です。

大卒ルーキーですが、伸びしろも大きくどんどん光を放ちそうな高い潜在能力の持ち主です。

この調子でいけば、近いうち1軍デビューできるでしょう。

1軍のマウンドでどのようなピッチングを見せるのか、その姿を見る日が待ち遠しく感じる、それだけ楽しみな投手です。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク