西武ドラ3源田壮亮の経歴・新人王の可能性

西武ドラ3源田壮亮の経歴・新人王の可能性埼玉西武の2番打者として、レギュラーに定着しているのはなんと今年のドラフト3位ルーキー・源田壮亮選手。

ルーキーとは思えないハツラツとしたプレーと積極的な打撃と走塁で、今やチームに欠かせない存在となっています。

そんな源田壮亮選手のこれまでの経歴と新人王の可能性に迫ってみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

西武・源田壮亮の生い立ち

源田壮亮選手は1993年2月16日生まれの現在歳。

大分県大分市出身の埼玉西武に所属している内野手です。

源田 壮亮(げんだ そうすけ)-埼玉西武ライオンズ (2017 – )

源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)

生年月日 1993年2月16日(歳)
出身地 大分県大分市
身長 179cm
体重 73kg
ポジション 内野手
投打 右投左打
プロ入り 大分商〜愛知学院大〜トヨタ自動車〜西武2016年 ドラフト3位
オープン戦成績(2017年) 試11 率.300(30打9安打)本0 点4 盗2

小学3年のときにソフトボールを始め、中学時代から地元のボーイズリーグに所属し、本格的に野球を始めました。

大分商業高時代  – ( 2008- 2011 )

源田壮亮(大分商業)

中学卒業後は地元の大分商業高校に進学。

3年間で最高成績は3年春の大分大会の準優勝。

甲子園出場はありませんでしたが、地元では素質の高いショートとして注目されました。

源田壮亮(大分商業)

第92回選手権大分大会 (2010年)

回戦 対戦校 勝敗
二回戦 別府青山 10-0
三回戦 大分上野丘 8-1
準々決勝 日田林工 0-2

3年夏打撃成績 – ( 2010 )

年度 試合 打率 安打 本塁打 打点 三振
2010県夏 3 .545 11/6 5

愛知学院大学時代  – ( 2011- 2015 )

高校を卒業後、愛知学院大学に進学。

1年生の秋からショートのレギュラーに定着しました。

源田壮亮(愛知学院大学)

当初は、卓越した守備力はあったものの、打撃面が課題でした。

しかし、4年生のときにはリーグ戦で3割7分を超える打率を残し、打撃でも大きく成長。

チームの主将としてリーグ優勝にも貢献し、ベストナインのタイトルも獲得しました。

源田壮亮(愛知学院大学)

大学打撃成績 – ( 2013 – 2014)

年度 試合 打率 安打 本塁打 打点 三振 四球 出塁率
13春・14秋 49 .306 193/59 0 19 15 19 .368

表彰/14春:MVP 14秋:敢闘賞 14秋:ベストナイン

トヨタ自動車時代  – ( 2015- 2017 )

大学卒業後は社会人のトヨタ自動車に入社。

元々ショートの守備には定評があったため、1年目から公式戦に出場。

源田壮亮(トヨタ自動車)

社会人打撃成績 – ( 2015 )

年度 試合 打率 安打 本塁打 打点 三振 四球 出塁率
2015 3 .333 3/1 0 0 1 0 .462

源田壮亮(トヨタ自動車)

ドラフト会議 – (2016)

源田壮亮(トヨタ自動車)
▲ 西武ドラフト3位・契約金6000万円、年俸1200万円

プロでも通用すると評価が高かった守備力と、コンパクトな打撃力がプロからの注目を集め、2016年のドラフト会議で埼玉西武の3位指名で入団しました。

源田壮亮(トヨタ自動車)ドラフト3位

ドラフト指名選手 – ( 埼玉西武ライオンズ )

1位 今井 達也 投手 作新学院高
2位 中塚 駿太 投手 白鴎大学
3位 源田 壮亮 内野手 トヨタ自動車
4位 鈴木 将平 外野手 静岡高
5位 平井 克典 投手 Honda鈴鹿
6位 田村 伊知郎 投手 立教大学

結婚はしている?

一方でプライベートはというと、源田壮亮選手はまだ独身です。

源田壮亮(トヨタ自動車)ドラフト3位

彼女の噂も特にありません。

これだけルーキー時代から1軍の主力として活躍しているとなると、多くの女性から注目を集めそうですね。

源田壮亮のプレースタイル

源田壮亮選手の魅力は何と言ってもスピードです。

源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)

50m5秒8という俊足は守備でも走塁でも大きく生かされています。

主に守っているショートの守備では、俊足と肩の強さを生かし、広い守備範囲と矢のような送球が持ち味です。

源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)

打者としてひとたび出塁すれば、すかさず次の塁を狙う盗塁技術もまた大きな武器です。

入団当初、打撃に課題があるとされていましたが、守備や走塁の技術はプロでも十分に通用すると高評価。

守りを固めて余計な失点を与えない守備力を兼ね備えたプレーが光る選手です。

源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)

オープン戦打撃成績 – ( 2017 )

年度 試合 打率 安打 本塁打 打点 三振 四球 出塁率
2017 11 .300 30/9 0 4 3 2 .364

2017年新人王候補に

源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)

首脳陣から一目置かれるショートの守備力。

ルーキーながら開幕戦の9番・ショートでスタメン出場を飾りました。

西武ライオンズでルーキーが開幕戦でスタメン出場となるのは1981年の石毛宏典さん以来となりました。

石毛 宏典(いしげ ひろみち)-西武ライオンズ (1981 – 1994)

石毛宏典(西武ライオンズ)

生年月日 1956年9月22日(歳)
出身地 千葉県旭市
身長 180cm
体重 75kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り プリンスホテル〜1980年 西武ドラフト1位
NPB通算:16年 試1796 率.283(6472打数1833安打)本236 点847 盗243

開幕当初こそ、課題の打撃で打率1割台に沈むこともありましたが、徐々にプロ野球での適応力を発揮。

4月21日の北海道日本ハム戦以来、4試合連続でマルチヒットをマーク。

【西武】「2番・遊撃」源田、3戦連続マルチは技ありタイムリー
◆オリックス―西武(14日・京セラドーム大阪)
西武の源田壮亮内野手(24)が14日、オリックス戦に「2番・遊撃」で先発出場。2回先頭で、オリックス先発・山岡から6試合連続安打となる中前安打を放つと、次打者・浅村の2球目に二盗に成功。今季の盗塁数を9に伸ばすと、5回1死三塁では、フルカウントから低めへ沈むチェンジアップをバットの先で拾い上げる、技ありの中前適時打を放った。3試合連続のマルチ安打で、今季13度目の複数安打とし、「次の1点が大事だと思っていたので、ランナーをかえせてよかったです」とコメントした。

打率を一気に伸ばし、パリーグの打率10傑に名を連ね、打撃面では急成長を見せています。

また盗塁ではパリーグのトップに立ち、ルーキーとは思えないような活躍ぶり。

源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)

現在は2番・ショートとしてレギュラーに定着しています。

2017年・西武オーダー (2016年成績)

1番 秋山 翔吾 センター 試143率.296(578打数171安打)本11 点62 盗18
2番 源田 壮亮 ショート
3番 浅村 栄斗 セカンド 試143 率.309(557打172安打)本24 点82 盗8
4番 中村 剛也 ライト 試108 率.238(387打数92安打)本21 点61 盗2
5番 メヒア ファースト 試137 率.252(511打数129安打)本35 点103 盗1
6番 栗山 巧 指名打者 試135 率.279(477打数133安打)本3 点41 盗0
7番 木村 文紀 ライト 試28 率.167(30打数5安打)本0 点2 盗1
8番 炭谷 銀仁朗 キャッチャー 試117 率.218(294打数64安打)本1 点22 盗0
9番 外崎 修汰 レフト 試37 率.176(51打数9安打)本2 点5 盗6

西武のショートといえば、金子侑司選手や外崎修汰選手、呉念庭選手といった若手に加え、永江恭平選手、鬼崎裕司選手らもいます。

埼玉西武にはショートのライバルがたくさんいるのです。

現在まで源田壮亮選手の活躍ぶり、そのインパクトは他のライバルたちを大きく圧倒するものとなっています。

打撃で苦しむかと思いきや、その課題を見事に克服し、ルーキーながら他の追随を許さないほど。

チームには欠かせないショートストップとなりました。

源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)

長いシリーズを戦い抜くに当たって、当然調子の波はあるでしょうが、もちろん今後もショートのレギュラーとして起用されることでしょう。

そして、今シーズンのルーキーは千葉ロッテ・佐々木千隼投手やオリックス・山岡泰輔投手らのように投手が注目されています。

佐々木 千隼(ささき ちはや)-千葉ロッテマリーンズ (2017 – )

佐々木 千隼(ささき ちはや)

山岡 泰輔(やまおか たいすけ)-オリックス・バファローズ (2017 – )

山岡泰輔(オリックス)

そんなライバルを横目に野手である源田壮亮選手は現段階で新人王に最も近い存在であり、このままいけば最有力候補となるのは間違いありません。

まとめ

西武のショートといえば、かつては松井稼頭央選手。

松井 稼頭央(まつい かずお)-西武時代:西武ライオンズ (1994 – 2003 )

松井 稼頭央

生年月日 1975年10月23日(歳)
出身地 大阪府東大阪市
身長 177cm
体重 85kg
ポジション 内野手
投打 右投両打
プロ入り PL学園〜1993年 ドラフト3位

そしてオリックスに在籍している中島裕之選手。

中島 裕之(なかじま ひろゆき)-西武時代:埼玉西武ライオンズ (2001 – 2012)

中島裕之

生年月日 1982年7月31日(歳)
出身地 兵庫県伊丹市
身長 180cm
体重 90kg
ポジション 内野手
投打 右投右打
プロ入り 伊丹北〜2000年 ドラフト5位

古くからのファンであれば田辺徳雄さんや石毛宏典さんといったところを思い浮かべる方も多いでしょう。

近年はレギュラー候補はたくさんいても、なかなか活躍する選手はいませんでした。

そこへ流星の如く現れたのが源田壮亮選手です。

新人王を獲得するかのような素晴らしいスタートを切りました。

果たして今シーズン、どのような成績を収めるのか、そして西武の球史の残るようなショートの成長するのか、今後が注目されます。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク