好調!ソフトバンク柳田悠岐は再びトリプルスリーに輝くか!

2年前の2015年、打率3割6分3厘、34本塁打、32盗塁で見事トリプルスリーを達成した福岡ソフトバンク・柳田悠岐選手。

昨シーズンは全ての面で前年よりも成績がダウンする悔しいシーズンとなりました。

そんな柳田選手は今シーズン、調子を取り戻してきました。

果たして今年、再びトリプルスリーを達成できるでしょうか?

スポンサーリンク
アドバンク大

柳田悠岐の経歴・生い立ち

広島市安佐南区出身の柳田悠岐選手。

柳田 悠岐(やなぎた ゆうき)- 福岡ソフトバンクホークス (2011 – )

柳田悠岐(福岡ソフトバンク)

生年月日 1988年10月9日(歳)
出身地 広島県広島市安佐南区
身長 188cm
体重 93kg
ポジション 外野手
投打 右投左打
プロ入り 広島商〜広島経済大学〜ソフトバンク2010年 ドラフト2巡目
NPB通算:6年 試580 率.315(1952打615安打)本83 点301 盗104

ご両親と妹2人の5人家族で、柳田悠岐選手は一番上のお兄ちゃんとなります。

柳田悠岐(兄弟)

小学3年のときから野球を始め、伴(とも)中学、広島商高と進みました。

広島商業高校時代 – ( 2004- 2007 )

広島商業高といえば、夏の甲子園を7度も制覇した古豪。

柳田悠岐(広島商業)

3年時の夏は県大会ベスト4で敗退、甲子園経験はありません。

特段、目立つことのない選手で、高校通算11本塁打。

主な高校生強打者の通算本塁打

名前 通算 経歴
山田 哲人 31(甲-1) 履正社-ヤクルト
村田 修一 28 東福岡-日大-横浜-巨人
宮崎 敏郎 24 佐賀・厳木高-日本文理大-セガサミー-横浜
浅村 栄斗 22 立命館宇治-西武
松坂 大輔 14(甲-1) 横浜-西武-レッドソックス-メッツ-ソフトバンク
西川 遥輝 13 智弁和歌山-日ハム
柳田 悠岐 11 広島商-広島経大-ソフトバンク

柳田悠岐(広島商業)
▲ 広島商高時代は身長こそ180センチ近かったが、体重はわずか68キロ。

第88回選手権広島大会 3年生時- ( 2006 )

回戦 対戦校 勝敗
一回戦 福山明王台 7回コールド 11-4
二回戦 高陽東 4-3
三回戦 西条農 4-0
四回戦 総合技術 7回コールド 9-0
準々決勝 尾道 6-3
準決勝 如水館 7-11

広島経済大学時代 – ( 2007- 2011 )

大学時代は地元にある広島経済大学に通っていました。

広島経済大学の野球部は広島六大学野球という中央球界ではけして有名とは言えない存在のリーグ。

その中にあって、柳田選手は突出した成績を収めプロから注目されるようになりました。

柳田悠岐(広島経済大学)

高校時代は非常に線の細い選手でした。

大学に入って、プロ野球選手も使う有名な地元のスポーツジムに通い、今のアスリート体型の土台を築き上げていきました。

それにより確実性だけでなくパンチ力のある打撃が持ち味となりました。

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

ド迫力ボディーに圧倒された初取材
柳田との出会いは今から約5年前となる2010年8月。当時、柳田は広島経済大の4年生。約2カ月後に迫った2010年ドラフト会議の指名候補に挙がっていた広島六大学リーグを代表するスラッガーに取材を申し込み、練習日の野球部グラウンドを訪ねた。対面を果たし、真っ先に目を奪われたのは、ノースリーブのシャツからのぞく黒く日焼けした逞しい二の腕と贅肉を一切感じさせない均整のとれたド迫力ボディーだった。聞けば、広島商高時代は身長こそ180センチ近かったが、体重はわずか68キロだったという。
「高校時代もたいした成績を残せませんでしたし、こんな細い体のままでは大学でも同じことになってしまう」という思いから、高校野球が終わると同時に金本知憲氏(現阪神監督)が懇意にしていた広島市内のジムに足繁く通い、肉体改造に着手。大学入学までの数カ月間で10キロの増量に成功し、大学の4年間でさらに11キロ増。21歳の時点で187センチ89キロという鋼のような肉体を手に入れていた。「筋肉量が増えたことで50メートル走は6秒2から5秒9に、遠投は110メートルから120メートルにアップしたんです」と柳田。細身ながら元来、非凡だったツールをさらにスケールアップさせ、高次元の3拍子が揃ったプロ注目のアスリート系外野手・柳田悠岐が誕生した。

1年生の秋からレギュラーを獲得すると、いきなり4割6厘という驚異の打率で首位打者を獲得。

3年の春には打率5割2分8厘という打数の半数以上がヒットとなる驚異の成績で首位打者を獲得。

柳田悠岐(広島経済大学)

さらに秋のシーズンでも立て続けに首位打者を獲得しました。

4年間で首位打者4度、さらにはベストナインも6度輝き、通算打率はなんと4割2分8厘。

大学打撃成績 – ( 2007 – 2010 )

年度 試合 打率 安打 本塁打 打点 三振 盗塁 出塁率
07春〜10秋 82 .428 276/118 8 60

▲ 表彰/09春MVP・首位打者4回・ベストナイン6回

全国大会打撃成績 – ( 2008 – 2010 )

年度 試合 打率 安打 本塁打 打点 三振 盗塁 出塁率
08〜10 4 .154 13/2 0 0 4 4 .313

その打撃力はプロからも注目され、プロ野球11球団から上位指名候補としてリストアップされるほど。

柳田悠岐(広島経済大学)

広島経済大学時代からその打撃力には定評があり、将来トリプルスリーを実現できるだけの素質を持っていたのです。

ドラフト会議 – ( 2010 )

そして2010年、ドラフト2位という上位指名で福岡ソフトバンクに入団したのです。

柳田悠岐(広島経済大学)ドラフト指名
▲ 2010年 ドラフト2巡目、契約金7,000万円、年俸1,200万円

ドラフト指名選手 – ( 福岡ソフトバンクホークス )

1位 山下 斐紹 捕手 習志野高
2位 柳田 悠岐 外野手 広島経済大学
3位 南 貴樹 投手 浦和学院高
4位 星野 大地 投手 岡山東商業高
5位 坂田 将人 投手 祐誠高

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)ドラフト指名

柳田選手の性格

柳田悠岐選手はファンからもう非常に人気のある選手です。

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

天才的な打撃センスを持っていながら、日頃は天然ボケで、どこか親しみやすさがあります。

筋トレが大好きで、過去にサンタクロースからもらいたいものはと聞かれ、「筋肉」と答えてみたり、広島出身で大のカープファンであることから、「カープでプレーするためにFA取得まで頑張る」と驚きの発言をすることも。

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

それだけ嘘がつけない素直な性格なのでしょう。

柳田選手の彼女・結婚はしている?

かつては何人かの女性と交際が噂されたこともあった柳田選手。

そんな柳田選手はトリプルスリーを達成した2015年のシーズンオフ、その年の7月に福岡出身の3つ年下の女性と入籍していたという驚きの発表をしました。

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

2013年に知人の紹介で知り合い交際に発展したようです。

今ではすでに女の子のお子さんもいらっしゃる1児のパパとなっています。

ソフトバンク柳田交際2年、7月結婚済み赤ちゃんも 2015年11月30日
ソフトバンク柳田悠岐外野手(27)が29日、結婚していたことを明かした。相手は福岡県出身の一般女性(24)で、7月に婚姻届を提出した。13年夏から交際を始め、今季開幕前に柳田がプロポーズ。最愛の伴侶の支えもあり、グラウンドではトリプルスリー、MVP、日本一と最高の結果を出した。夫人は現在妊娠中で来春にも第1子が誕生する。球史に残る活躍の裏に、愛の力があった。柳田が結婚していたことを初めて公の場で口にした。「相手は3つ下です。明るいですね。元気がある。一緒にいると面白い。芸能人で言うと…。普通ですね。犬っぽい感じ」。照れ隠しなのか。珍説明を交えながら、24歳の一般女性と愛を育んできたことを言葉にした。13年夏に知人の紹介で2人は出会った。第一印象から「かわいいな」と思った柳田が、フルスイングとばかりに積極的にアプローチ。程なく交際へ発展したが、心が折れそうだった柳田を支えたのが彼女だった。当時柳田は右肩を痛めていた。同年6月25日に日本ハム戦で左中間の打球にダイビングし負傷。レギュラー定着目前に戦線離脱していた。時間の許す限り、そばで支える彼女の優しさが、心に染みた。

柳田悠岐のプロ入り後の成績

ルーキーイヤー  (2011 )

今やプロ野球界を代表する選手となった柳田選手ですが、1年目は1軍でわずか18試合。

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

即戦力として期待されながら、1軍ではプロの壁に当たったような感じでした。

年度別打撃成績 -(2011)

2010年(22歳) ドラフト2巡目 契約金7,000万

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2011年(23) 6 .000(5打数0安打) 0 0 0 0 3 1200万

しかし、2軍では13本塁打を放ち、ウエスタンリーグの本塁打王に輝きます。

また20盗塁、打率2割9分1厘と、将来のトリプルスリーを達成する選手になる予感を感じさせる成績を残しました。

ウエスタン年度別打撃成績 -(2011)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 長打率
2011年(23) 77 .291(251打数73安打) 43 13 20 2 85 .518

入団2〜3年目  (2012 – 2013 )

2年目も1軍ではなかなか結果を残せず、開幕1軍入りを果たした3年目も故障が相次ぎ、なかなか殻を破れないシーズンが続きました。

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

年度別打撃成績 -(2014 – 2015)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2012年(24) 68 .246(195打数48安打) 18 5 6 2 56 1200万
2013年(25) 104 .295(298打数88安打) 41 11 10 0 96 1800万

レギューラー格ヘ  ( 2014 )

そんな柳田選手が強打の福岡ソフトバンク打線でレギュラーの座をつかんだのが2014年。

プロ4年目のことでした。

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

この年、全試合に出場して、15本塁打、打率3割1分7厘という成績を残しました。

オールスターにも出場し、1試合4安打の活躍でMVPも獲得するとともに、ソフトバンクのリーグ優勝にも大きく貢献しました。

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

また日本シリーズでは打率4割で、日本一にも貢献し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞も受賞し、チームに欠かせない存在となったのです。

年度別打撃成績 -(2014)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2014年(26) 144 .317(524打数166安打) 70 15 33 0 131 3200万

トリプルスリー達成  ( 2015 )

そして、2015年のシーズン。

このシーズンこそ、柳田選手の名前を一躍全国区としたトリプルスリーを達成した年です。

打率3割6分3厘で首位打者に輝き、34本塁打、32盗塁という最高の成績を残しました。

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

年度別打撃成績 -(2015)

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2015年(27) 144 .363(502打数182安打) 99 34 32 0 101 9000万

パ・リーグでは2002年の松井稼頭央選手以来。

そして福岡ソフトバンクでは前身の福岡ダイエーや南海も含めて、チーム初のトリプルスリーとなりました。

日本プロ野球での達成者 -(2015迄)

達成年 達成者 当時の所属球団 打率 本塁打 盗塁
1950 岩本 義行 松竹ロビンス .319 39 34
1950 別当 薫 毎日オリオンズ .335 43 34
1953 中西 太 西鉄ライオンズ .314 36 36
1983 簑田 浩二 阪急ブレーブス .312 32 35
1989 秋山 幸二 西武ライオンズ .301 31 31
1995 野村 謙二郎 広島東洋カープ .315 32 30
2000 金本 知憲 広島東洋カープ .315 30 30
2002 松井 稼頭央 西武ライオンズ .332 36 33
2015 山田 哲人 東京ヤクルトスワローズ .329 38 34
2015 柳田 悠岐 福岡ソフトバンクホーク .363 34 32
トリプルスリーの難易度を検証
トリプルスリー…打率3割以上、本塁打30本以上、そして30盗塁以上。 これらをすべてシーズンの中で満たすことで得られる称号。 確...

2015年のこの年にパ・リーグMVPを受賞。

プロ野球史上初の「トリプルスリーと首位打者の同時獲得者」でもあります。

また年末には、2015年ユーキャン新語・流行語大賞をヤクルト・山田哲人選手と共に受賞。

トリプルスリー(流行語大賞)

タイトル・表彰

首位打者 1回 (2015年)
最高出塁率 2回(2015年、2016年)
MVP 1回 (2015年)
ベストナイン 2回 (2014年、2015年)
ゴールデングラブ賞 2回 (2014年、2015年)
日本シリーズ優秀選手賞 1回 (2014年)
サヨナラ賞 年間大賞:1回 (2015年)
月間大賞:2回 (2012年8月、2015年8月)
月間MVP 3回 (野手部門:2014年5月、2015年8月、2015年9月)
オールスターゲームMVP 1回 (2014年第2戦)
パ・リーグ特別賞 1回 (2015年)
報知プロスポーツ大賞 1回 (2015年)

2016

前年にこれだけの成績を残すと、相手のマークも厳しくなりパリーグ新記録となる16試合連続四球を記録する反面で、打率は低迷しました。

打率3割は達成したものの、全面的にトリプルスリーを達成した前年に比べて、成績はダウンしてしまいました。

ソフトバンク柳田

年度別打撃成績 -( 2016 )

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 犠打 三振 年俸
2016年(28) 120 .306(428打数131安打) 73 18 23 0 97 2億6000万
NPB通算:6年 580 .315(1952打数615安打) 301 83 104 2 484 2億7000万

2017

そして今年。

開幕から徐々に調子を取り戻し、再びトリプルスリーを目指して、好調をキープしています。

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

2017年ソフトバンク打線 (2016年度成績)

1番 川﨑 宗則 セカンド 試14 率.333(21打数7安打)本0 点1 盗2
2番 今宮 健太 ショート 試137 率.245(497打122安打)本10 点56 盗8
3番 柳田 悠岐 センター 試138 率.306(524打数131安打)本16 点73 盗23
4番 内川 聖一 ファースト 試141 率.304(556打数169安打)本18 点106 盗3
5番 デスパイネ 指名打者 試134 率.280(496打数139安打)本24 点92 盗0
6番 中村 晃 レフト 試143 率.287(488打140安打)本7 点50 盗6
7番 松田 宣浩 サード 試143 率.259(548打数142安打)本27 点85 盗6
8番 上林 誠知 ライト 試14 率.211(19打数4安打)本0 点1 盗0
9番 髙谷 裕亮 キャッチャー 試37 率.247(81打20安打)本2 点16 盗0

まとめ

本来の力を発揮すれば十分に、再びトリプルスリーを達成できるの可能性を持っている柳田選手。

苦しんだ昨シーズンからは一転して好調をキープしています。

柳田選手はトリプルスリーを達成する活躍を見せることで、福岡ソフトバンクの2年目の優勝にも大きく繋がっていくはずです。

東京ヤクルト・山田哲人選手以来、史上初2人目となる2度目のトリプルスリー達成なるか、注目されます。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク