若きチームリーダー丸佳浩!広島黄金時代に導けるか?

若きチームリーダー丸佳浩!広島黄金時代に導けるか?四半世紀ぶりにセリーグを制覇した広島カープ。

強力打線で次々と逆転勝利を手にし、圧倒的なリードで優勝をつかみました。

そんな今年のカープの強力打線を引っ張る存在だったのが丸佳浩選手です。

果たして丸選手はカープを黄金時代に導けるか、経歴と今季の活躍ぶりから探ってみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

丸佳浩の経歴・生い立ち

丸佳浩

丸 佳浩(まる よしひろ)

生年月日 1989年4月11日(27歳)
出身地 千葉県勝浦市
身長 177cm
体重 90kg
ポジション 外野手
投打 右投左打
プロ入り 千葉経大附高〜2007年高校ドラフト3巡目

丸佳浩選手は1989年4月11日、千葉県勝浦市生まれで、今年27歳になりました。

野球との出会いは小学3年のとき、ソフトボールを始めたことからでした。

中学から軟式野球を始め、卒業後は千葉経済大付属高校に進学。

丸佳浩高校時代 打者

入学当初は外野手でしたが、3年次に投手も任されるようになりました。

外野手ならではの強肩、そしてプレーに対する真面目さやストイックさといった、精神面の強さも買われてのことでした。

丸選手は高校2年生の時に夏の高校野球に出場したことで、初めて甲子園の地を踏みました。

そして3年の春のセンバツでの出場、甲子園は計2回の経験があります。

春のセンバツ時はチームのエースとして2回戦に進出。

丸佳浩高校時代 投手

第88回全国高校野球選手権大会(2006年)丸選手2年生時の千葉経大付試合結果

回戦 対戦校 勝敗
一回戦 八重山商工(沖縄県) 延長10回 6-9

第79回選抜高校野球大会(2007年)丸選手3年生時の千葉経大付試合結果

回戦 対戦校 勝敗
一回戦 中京(岐阜県) 4-5
二回戦 熊本工(熊本県) 延長12回 3-6

当時は打者としては高校通算49本塁打とパンチ力があり、投手としては最速140キロのストレートを投げ、野球センスの塊でした。

そんな高いセンスがプロからも注目を集め、2007年の高校生ドラフト3位で広島カープが指名し、入団することになったのです。

丸佳浩高校ドラフト

2007年 高校生ドラフト

1巡目 安部 友裕 内野手 福岡工大附城東高
3巡目 丸 佳浩 外野手 千葉経大附高
4巡目 中村 憲 投手 京都すばる高

チームリーダー丸佳浩の更なる覚醒はあるか

丸佳浩 2016年

丸選手はプロ入り4年目の2011年からレギュラーに定着します。

2013年には盗塁王で初のタイトルを獲得するとともに、初のゴールデングラブ賞を受賞しました。

2014年にはプロ入り後初の全試合出場を果たすとともに、打率.310をマーク。

初のベストナインにも選出されました。

しかし2015年は全試合出場を果たしながら、打率.249と低迷し、それが打線の低迷にも繋がってしまいました。

年度別打撃成績

2007年 (18歳) ドラフト3巡目 契約金4000万円

年度 試合数 打率 打点 本塁打 盗塁 年俸
2008年(19) 500万
2009年(20) 500万
2010年(21) 14 .158 1 0 1 550万
2011年(22) 131 .241 50 9 9 600万
2012年(23) 106 .247 22 4 14 1700万
2013年(24) 140 .273 58 14 29 2300万
2014年(25) 144 .310 67 19 26 5100万
2015年(26) 143 .249 63 19 15 9000万
2016年(27) 142 .292 90 20 23 8500万
通算:プロ9年 820 .271 351 82 117

そして今季、昨季の悔しさを晴らすべく、打撃フォームを改造して臨み、打率は2割9分前後をマークするだけでなく、自身初の20本塁打をマークしました。

4月30日の中日戦では、3ランを2本放つ活躍を見せ、また8月12日の横浜DeNA戦では、相手の守護神・山崎康晃投手から決勝弾を放ちました。

広島丸 DeNA山崎

オールスター戦でも自身初のホームランを放っており、今季の勢いを感じさせる活躍を随所に見せています。

そんな丸選手は、かつてカープに在籍していた「孤高の天才」・前田智徳さんを尊敬してやまないそうです。

丸佳浩 前田

打席に入ったときの、投手を目で殺すような強い視線、野球に対するストイックさ、そして打撃…すべてにおいて尊敬し、目標としています。

丸佳浩 前田

大先輩・前田智徳の言葉
印象に残ってるのは、まだ一軍に上がったばかりで試合が終わったときかな。ずっと室内で打っていることが多かった時に、前田さんに打つだけじゃなくて、体の調子を整えるというか、ずっと一軍でやってるとバランスがズレてくるから、そういうのも直すのも上達の近道と。

広島カープ前田智徳

前田 智徳(まえだ とものり)

生年月日 1971年6月14日(45歳)
出身地 熊本県玉名市
身長 176cm
体重 80kg
ポジション 外野手
投打 右投左打
プロ入り 熊本工〜1989年 ドラフト4位

今季の活躍ぶりで、徐々にかつてのカープのスターに近づいてきたのではないでしょうか。

さらなる覚醒で、より目標とする前田智徳さんに近づける可能性を秘めています。

嫁・子供はどんな人?

27歳とまだまだ若い丸選手ですが、2012年に結婚して、お子さんもいらっしゃいます。

奥さんは岩政里佳さんという方で、なんと中学1年の頃の同級生だそうです。

野球に対して真摯で真面目な丸選手ですが、愛も一途に貫いていたんですね。

彼女の大学卒業を待って、結婚に至りました。

結婚した年にお子さんも生まれ、ますます野球にも身が入ったのでしょう。

丸佳浩 2016年

ちょうど、丸選手自身がプロ野球選手としてレギュラーの座をつかんだ頃にも合致しています。

結婚することで、野球に集中し、今やカープの不動のレギュラーとして定着できたといっても過言ではありません。

まとめ

25年ぶりの優勝の原動力の1人ともなった丸佳浩選手。

カープに欠かせない主力であり、若きチームリーダーとなっています。

しかも、今季は優勝を経験したことで、さらに一回り大きな選手に成長したことでしょう。

若手の成長がカープという球団をより強くし、それが黄金時代へと繋がっていく可能性も十分にあるでしょう。

その中心メンバーに丸選手がいるのは間違いありません。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク