2016パ・クライマックスシリーズの試合日程・展望を投打データで分析!

2016パ・クライマックスシリーズの試合日程・展望を投打データで分析!今シーズンのパリーグは北海道日本ハムが最大11.5ゲーム差をひっくり返す大逆転優勝を決めました。

そんな北海道日本ハムの勢いはCSでもそのまま続くのか!?

それとも3連覇を逃した福岡ソフトバンクが巻き返すのか!?

さらに千葉ロッテの大下克上はあるのか!?

注目のパリーグクライマックスシリーズについて展開を予測してみましょう。

2016年 パ・リーグ順位 – 試合数 143試合 –

チーム 勝率 勝差
1位 日本ハム 87 53 3 .621
2位 ソフトバンク 83 54 6 .606 2.5
3位 ロッテ 72 68 3 .514 12.5
4位 西武 64 76 3 .457 8.0
5位 楽天 62 78 3 .443 2.0
6位 オリックス 57 83 3 .407 5.0
スポンサーリンク
アドバンク大

2016年パ・リーグ クライマックスシリーズ日程

ファーストステージ:ヤフオクドーム
10/8(土)
13:00
ソフトバンク 4-3 ロッテ
10/9(日) 13:00 ソフトバンク 4-1 ロッテ
10/10(月) 13:00 ソフトバンク ロッテ
10/11(火) 18:00 予備日
ファイナルステージ:札幌ドーム
10/12(水) 18:00 日本ハム 6-0 ソフトバンク
10/13(木) 18:00 日本ハム 4-6 ソフトバンク
10/14(金) 18:00 日本ハム 4-1 ソフトバンク
10/15(土)
14:00
日本ハム 2-5 ソフトバンク
10/16(日) 14:00 日本ハム 7-4 ソフトバンク
10/17(月) 18:00
10/18(火) 18:00 予備日 勝者
10/19(水) 18:00 予備日 勝者

▼チケット購入はこちら

3位 千葉ロッテマリーンズ 投打分析

千葉ロッテマリーンズ – 72勝68敗3分 –

得点 583(リーグ4位)
失点 582(リーグ3位)
本塁打 80(リーグ6位)
盗塁 77(リーグ5位)
打率 .256(リーグ4位)
防御率 3.66(リーグ3位)

首位から差が開くこと15ゲーム差、2位・福岡ソフトバンクとも12.5ゲームの差をつけられましたが今季貯金4で3位に滑り込んだ千葉ロッテ。

チーム打率はリーグ4位の.256、チーム防御率はリーグ3位の3.66と平均的な数字を残しています。

しかし千葉ロッテといえば、CSでの下克上のイメージも強いでしょう。

2010年3位で終了したシーズンもCSで勝ち上がり日本シリーズ進出、その日本シリーズでは4勝3敗で中日を下し逆転日本一に輝いたのです。

今年も3位という順位から「下克上」の再来の可能性は否定できません。

投手陣を見ると決して先発が揃っているチームではありませんが、今季14勝の石川投手、10勝の涌井投手と言う2枚看板がいます。

石川 歩(いしかわ あゆむ) -千葉ロッテマリーンズ (2014 – )

ロッテ石川歩

生年月日 1988年4月11日(28歳)
出身地 富山県魚津市
身長 186cm
体重 80kg
ポジション 投手
投打 右投右打
今季成績 防2.16(14勝5敗)試23 投162.1

涌井 秀章(わくい ひであき) -千葉ロッテマリーンズ (2014 – )

涌井 秀章(わくい ひであき)

生年月日 1986年6月21日(30歳)
出身地 千葉県松戸市
身長 185cm
体重 85kg
ポジション 投手
投打 右投右打
今季成績 防3.01(10勝7敗)試26 投188.2

この2人は当然ながら キーマンとなり、彼らでしっかり勝てるかどうかによっては、ファイナルステージにコマを進め、旋風を巻き起こす可能性はあります。

打線も派手さはありませんが、しぶとくつないでいく攻撃が持ち味のチーム。

その中で、主砲のデスパイネ選手のパワーを打線が活かすことができるかがカギを握りそうです。

アルフレド・デスパイネ -千葉ロッテマリーンズ (2014 – )

ロッテ・デスパイネ

生年月日 1986年6月17日(30歳)
出身地 キューバ
身長 175cm
体重 95kg
ポジション 外野手
投打 右投右打
今季成績 率.280(496-139) 24本 92打点 0盗

▼チケット購入はこちら

2位 福岡ソフトバンクホークス 投打分析

福岡ソフトバンクホークス – 83勝54敗6分 –

得点 637(リーグ1位)
失点 479(リーグ2位)
本塁打 114(リーグ3位)
盗塁 107(リーグ2位)
打率 .261(リーグ3位)
防御率 3.09(リーグ2位)

圧倒的な戦力と安定感で、優勝は間違いなしだろうと思われていた福岡ソフトバンク。

シーズン中盤以降の北海道日本ハムの猛烈な追い上げと、チーム自体が故障者続出で、一気にペースダウンしてしまったことで逆転優勝を喫してしまいました。

チーム防御率は3.09、チーム打率は.261といずれもパリーグ上位に位置しています。

637得点はパリーグ1位であり、打線の破壊力は申し分ありません。

ソフトバンク 主力打者

試合数 選手 打率 本塁打 打点 盗塁
143 松田 宣浩 .259 27 85 6
143 中村 晃 .287 7 50 6
141 内川 聖一 .304 18 106 3
137 今宮 健太 .245 10 56 8
122 長谷川 勇也 .271 10 51 2
120 柳田 悠岐 .306 18 73 23

ただシーズン終盤の故障者続出、中でも打線の軸を担っていた柳田選手の骨折による離脱は、チームに大きな影を落としてしまいました。

そんな柳田選手はすでに2軍で実戦復帰を果たしており、CSに間に合いそうな雰囲気が出てきました。

そうなってくると、当然打線のキーマンとなります。

柳田 悠岐(やなぎた ゆうき)-福岡ソフトバンクホークス (2011 – )

ソフトバンク柳田

生年月日 1988年10月9日(27歳)
出身地 広島県広島市安佐南区
身長 188cm
体重 93kg
ポジション 外野手
投打 右投左打
今季成績 率.306(428-131) 18本 73打点 23盗

柳田選手が戻ってくることで打線に軸が出来、安定感を取り戻せば十分に下克上の可能性も帯びてくるでしょう。

先発投手陣は和田投手の15勝を筆頭に、武田投手、千賀投手ら若手とベテランがバランスよく安定した成績を残しています。

ソフトバンク 主力投手

役割 選手 防御率 セーブ
先発 和田 毅 3.04 15 5 0
先発 武田 翔太 2.95 14 8 0
先発 千賀 滉大 2.61 12 3 0
先発 東浜 巨 3.00 9 6 0
抑え サファテ 1.88 0 7 43

だからこそ守護神がしっかり試合を締めることができるかがカギとなるでしょう。

そうなると今季43セーブを挙げたものの、7敗を喫しているサファテ投手がキーマンとなるでしょう。

デニス・サファテ  -福岡ソフトバンクホークス (2014 – )

サファテ

生年月日 1981年4月9日(35歳)
出身地 アメリカ合衆国
身長 193cm
体重 102kg
ポジション 投手
投打 右投右打
今季成績 防1.88(0勝7敗43S)試64 投62.1

▼チケット購入はこちら

1位 北海道日本ハムファイターズ 投打分析

北海道日本ハムファイターズ – 87勝53敗3分 –

得点 619(リーグ2位)
失点 467(リーグ1位)
本塁打 121(リーグ2位)
盗塁 132(リーグ1位)
打率 .266(リーグ1位)
防御率 3.06(リーグ1位)

大逆転優勝を果たした日本ハムは、チーム打率.266、チーム防御率3.06。

打率、防御率ともに僅差ですがパリーグ1位。

優勝に輝いたチームとしてのこの数字は安定感を物語っています。

シーズン中盤以降、15連勝を決めるなどの猛チャージの要因ともなりました。

そんな北海道日本ハムの投打のキーマンはもちろん 「二刀流」大谷選手。

大谷翔平(おおたに しょうへい) -北海道日本ハムファイターズ (2013 – )

日本ハム 大谷

生年月日 1994年7月5日(22歳)
出身地 岩手県奥州市
身長 193cm
体重 102kg
ポジション 投手
投打 右投左打
今季成績 防1.86(10勝4敗)試21 投140.0
率.322(323-104) 22本 67打点 7盗

投げては10勝、打っては打率3割・本塁打22本という、エースであり主砲でもある大谷投手を栗山監督が短期決戦の中でどのように起用していくかがカギを握りそうです。

また投手陣を見ると特にシーズン終盤は守護神が泣き所でしたが、今季21セーブのマーティン投手が復帰する可能性もあるようです。

クリス・マーティン  -北海道日本ハムファイターズ (2016 – )

マーティン 日ハム

生年月日 1986年6月2日(30歳)
出身地 アメリカ合衆国
身長 203cm
体重 98kg
ポジション 投手
投打 右投右打
今季成績 防1.07(2勝0敗21S)試52 投50.2

マーティン選手が復活となればチーム投手陣のキーマンとなるのは間違いありません。

日本ハム 主力投手

役割 選手 防御率 セーブ
先発 有原 航平 2.94 11 9 0
先発 大谷 翔平 1.86 10 4 0
先発 増井 浩俊 2.44 10 3 10
先発 高梨 裕稔 2.38 10 2 0
抑え マーティン 1.07 2 0 21

打線では中軸の大谷選手、中田選手、レアード選手と破壊力抜群であるだけに上位打線を打つ陽選手や西川選手がキーマンとなるでしょう。

陽 岱鋼(よう だいかん)-北海道日本ハムファイターズ (2006 – )

陽岱鋼

生年月日 1987年1月17日(29歳)
出身地 中華民国(台湾)
身長 183cm
体重 89kg
ポジション 外野手
投打 右投右打
今季成績 率.293(495-145) 14本 61打点 5盗

西川 遥輝(にしかわ はるき)-北海道日本ハムファイターズ (2011 – )

日本ハム西川遥輝

生年月日 1992年4月16日(24歳)
出身地 和歌山県紀の川市
身長 179cm
体重 76kg
ポジション 外野手、内野手
投打 右投左打
今季成績 率.314(493-155) 5本 43打点 41盗

日本ハム 主力打者

試合数 選手 打率 本塁打 打点 盗塁
143 田中 賢介 .272 2 53 22
143 レアード .263 39 97 0
143 中島 卓也 .243 0 28 23
141 中田 翔 .250 25 110 2
138 西川 遥輝 .314 5 43 41
130 陽 岱鋼 .293 14 61 5

CSでもしっかり出塁し中軸にチャンスで回すことができればシーズン同様の破壊力をキープできるでしょう。

▼チケット購入はこちら

パ・クライマックスシリーズの展望

パリーグのクライマックスシリーズもセリーグ同様10月8日からパリーグ2位福岡ソフトバンクとパリーグ3位千葉ロッテが福岡ヤフオクドームで対戦します。

優勝候補は何と言っても北海道日本ハムでしょう。

一時は最大11.5ゲーム差あったものの、それを見事に跳ね返して4年ぶりの優勝を決めたのですから。

戦力の安定感そして勢いは他の追随を許しません。

しかし千葉ロッテはかつて下克上を達成したこともあり福岡ソフトバンクは2連覇したという実績があります。

とりわけ福岡ソフトバンクはシーズン終盤の故障者が一軍に復帰してくるとなると強大な戦力を取り戻すことになりCSの台風の目になることは間違いありません。

北海道日本ハムが有利なのには変わりありませんがファーストステージを勝ち上がってきたチームも実力があるだけに目が離せません。

▼チケット購入はこちら

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク