VRとは?バーチャルリアリティが当たり前の時代になる!?

VRというのはヴァーチャルリアリティーの略であり、現在流行るものとして注目されている1つです。

一度は体験したことかある方が多いのではないでしょうか?

VR(バーチャルリアリティ)

VRとは

バーチャルリアリティの略で、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)と呼ばれる装置を頭につけ、仮想世界に入り込んだような体験をできるのがVRゲームなのです。

VR(バーチャルリアリティ)と聞くと、ゲームを想像する方も多いかもしれませんが、ゲーム以外でもたくさんの方面で役に 立つと考えられています。

VRはどのように使用されるのかイマイチピンとこない方のために現在見込まれている使用方法をざっと紹介します。

自分が考える使用方法も紹介しますので、是非目を通して頂けると幸いです。

スポンサーリンク
アドバンク大

バーチャルリアリティの未来の使用法は?

実際の活用方法として、まずはじめに挙げられるのがゲーム機器に取り入れるということです。

今はゲームが主流

ゲームの場合は言わずもがなVR(バーチャルリアリティ)の使用でよりゲーム空間に入り込み、没頭してリアルなゲーム世界を体感することができるということが挙げられると考えられます。

未来のVR(バーチャルリアリティ)の活躍は?

この先、医療方面でも活躍すると考えられています。

医療現場の場合には、値段が高いことに加え人権の問題も考慮すると、あまり頻繁には行うことの出来ない臨床実験を、VRを通して費用を抑えて行うことができるのではないだろうかと見込まれています。

このあたりは割と周知の事実として認識されており、とりたてて話す必要はないかと思います。

不動産にVR(バーチャルリアリティ)が活用できる!

私が考えていることが、不動産販売にも応用することが出来るのではないだろうかということです。

キッチンが〜畳、リビングが〜畳というときに使われる畳という単位…。

いまの若者の中でこの単位にピンとくる方は少ないのではないでしょうか?

感覚として、〜畳ならまぁ大きい、〜畳以下ならちょっと小さいかな・・・

このくらいの程度ならわかるとは思いますが。

一生に一度しかない買い物であるだろう不動産をあやふやに決めるのはどうかと思います。

確かに、実際にその家に足を運んでみることで大きさを確認することも可能ではあると思います。

でも忙しくてそのような時間を作ることすら厳しいという方には、VR(バーチャルリアリティ)を使って、ものの配置、間取りなどを体験することが出来るようにすれば良いと思います。

それにより、不動産という会社を訪れる人が購買意識を既に持っている客のみならず、家を買うのも良いかもしれないという潜在意識を持った客もターゲットにすることが出来ると思います。

まとめ

今大変注目されているVRという技術ですが、上記以外にも様々な活躍が見込まれています。

そんなVR(バーチャルリアリティ)によって、自分たちの視覚が支配される日も、そう遠く はないと思います。

これから来るであろう未来に適応することが出来るためにVR(バーチャルリアリティ)について調べてみるのも面白いかもしれません。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク