春センバツ【早稲田実 VS 明徳義塾】 選抜・勝敗予想!

第5日 -第2試合-3月24日(金)一回戦 11:30〜

早稲田実
(東京)

5

VS
(延長10回)

4

明徳義塾
(四国/高知)

この選抜で最も注目されている打者・清宮幸太郎選手擁する早稲田実業と甲子園の常連である明徳義塾がいきなり1回戦で激突します。

1回戦屈指の好カードである早稲田実業・明徳義塾戦。

強打者・清宮と勝負師・馬淵監督との心理戦もさらに盛り上がりを見せそうです。

早稲田実 vs 明徳義塾 -2016年秋季成績

早稲田実
4年連続21回目
内容 明徳義塾
2年連続17回目
11 試合数 10
10 勝 利 8
1 敗 戦 2
107 得 点 60
32 失 点 12
.363 打 率 .336
9 本塁打 3
28 犠打飛 29
16 盗 塁 15
9 失 策 8
スポンサーリンク
アドバンク大

早稲田実・注目メンバー

早稲田実業の注目は何と言っても今大会屈指の強力打線です。

プロ注目のスラッガーである清宮幸太郎選手は高校通算79本塁打。

しかも昨年秋の大会では5本塁打をマークしています。

3番・清宮選手さらに4番に座る2年生スラッガー・野村大樹選手も昨年秋、4本塁打をマークしています。

昨年秋の東京大会では日大三高を相手に4点差を9回裏に跳ね返す大逆転勝利を飾るなど、打線には強さだけではなく驚異の粘りもあります。

大会No.1スラッガー清宮幸太郎選手

清宮 幸太郎(早稲田実)

清宮 幸太郎(きよみや こうたろう) – 早稲田実:184cm102kg 右投左打 一塁手

試合数 打数 安打 打率 打点 本塁打 盗塁
11 34 14 .412 14 5 0

四番・野村大樹選手

野村大樹(のむら だいじゅ)早稲田実業

野村 大樹(のむら だいじゅ) – 早稲田実:172cm80kg 右投右打 三塁手 遠投100m 50m6秒4

試合数 打数 安打 打率 打点 本塁打 盗塁
11 37 17 .459 18 4 1

エース・中川広渡投手

投手の中心は今度2年生になる中川広渡投手。

身長173cm と小柄なタイプではありますが、最速137キロのストレートとスライダーが武器。

十分に伸びる素質がある投手であり、甲子園では一回り成長した姿を見せる可能性もあるでしょう。

中川 広渡(なかがわ ひろと) – 早稲田実:173cm80kg 右投右打 MAX137km

中川広渡(早稲田実業)

試合数 投球回 自責点 安打 三振 四死球 防御率
7 33.0 8 27 20 16 2.18

早稲田実業高校 主なスタメン(2016年秋季大会成績)

打順 選手 守備 身長/体重 投打 学年 打撃成績
1番 福本 翔 右翼手 177/74 右投右打 3年
2番 横山 優斗 中翼手 174/72 左投左打 2年 率.216(37打数8安打) 0 5
3番 清宮 幸太郎 一塁手 184/102 右投左打 3年 率.412(34打数14安打) 5 14
4番 野村 大樹 三塁手 172/80 右投右打 2年 率.459(37打数17安打) 4 18
5番 小西 優喜 左翼手 175/81 右投右打 3年 率.273(22打数6安打) 0 6
6番 雪山 幹太 捕手 169/75 右投左打 2年 率.273(33打数9安打) 0 11
7番 橘内 俊治 二塁手 178/75 右投右打 3年 率.529(34打数18安打) 0 13
8番 中川 広渡 投手 173/80 右投右打 2年 率.538(13打数7安打) 0 5
9番 野田 優人 遊撃手 177/72 右投右打 2年 率.370(27打数10安打) 0 4

明徳義塾高校の注目選手は?

一方で明徳義塾はエースの北本佑斗投手の安定感が光ります。

昨秋に行われた明治神宮大会では、夏の甲子園の優勝校である栃木・作新学院に対して、9回2失点の完投で王者を下しています。

北本 佑斗(きたもと ゆうと)3年 – 明徳義塾:170cm70g 左投左打

北本佑斗(明徳義塾)

登板 完投 完封 投球回 自責点 安打 三振 四死球 防御率
8 5 2 63.0 7 37 30 31 1.00

一方で打線の中軸を任されているのが、四番・西浦颯大選手です。

50m5秒9の俊足であり外野手としても非常に守備範囲が広く尚且つ強肩。

西浦 颯大(にしうら はやと)3年 – 明徳義塾:178cm70kg 右投左打 外野手

西浦颯大(明徳義塾)

試合 打数 安打 打率 打点 本塁打 盗塁
10 36 12 .333 6 1 5

明徳義塾 主なスタメン -(2016年秋季成績)

打順 選手 守備 身長/体重 投打 学年 打撃成績
1番 田中 闘 三塁手 170/67 右投左打 2年 率.364(22打数8安打) 0 5
2番 中坪 将麻 中翼手 174/66 右投左打 3年 率.233(30打数7安打) 0 2
3番 今井 涼介 遊撃手 171/67 右投右打 3年 率.421(38打数16安打) 1 6
4番 西浦 颯大 右翼手 178/70 右投左打 3年 率.333(36打数12安打) 1 6
5番 谷合 悠斗 左翼手 178/83 右投右打 2年 率.276(29打数8安打) 1 6
6番 久後 健太 一塁手 178/68 右投右打 3年 率.480(25打数12安打) 0 5
7番 近本 攻生 二塁手 175/70 右投右打 3年 率.462(26打数12安打) 0 7
8番 筒井 一平 捕手 170/70 右投右打 3年 率.316(19打数6安打) 0 5
9番 北本 佑斗 投手 170/70 左投左打 3年 率.318(22打数7安打) 0 4

見どころ・勝敗予想

名門校同士の注目の一戦。

がっぷり四つの戦いが期待できますが、明徳義塾に比べて早稲田実業の方が投手力に不安があるため、明徳義塾がやや有利でしょうか。

明徳義塾はエース北本投手がどこまで強力な早稲田実業打線を封じ込むことができるか。

一方で早稲田実業は乱打戦に持ち込みたいところです。

打ち合いとなれば早稲田実業が大きく有利となるでしょうが、明徳義塾は清宮選手敬遠策があるのかも注目されます。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク