阪神・能見篤史投手|通算100勝目前・年俸・成績

阪神・能見篤史投手|通算100勝目前・年俸・成績阪神のベテラン左腕・能見篤史投手。

今シーズンも先発ローテーションに入り、巧みな投球を見せています。

そんな能見投手は昨年終了時点でプロ通算92勝。

通算100勝は目の前まで迫っており、今季にも十分達成できる可能性がありますが、果たして実現するでしょうか。

経歴や過去の成績とともに迫ってみましょう。

スポンサーリンク
アドバンク大

能見篤史の経歴・生い立ち

能見篤史投手は1979年5月28日生まれで今年歳になるベテランです。

能見 篤史(のうみ あつし)- 阪神タイガース (2005 – )

能見篤史(阪神タイガース )

生年月日 1979年5月28日(歳)
出身地 兵庫県出石郡出石町
身長 180cm
体重 73kg
ポジション 投手
投打 左投左打
プロ入り 鳥取城北高〜大阪ガス〜 阪神2004年 自由獲得枠
NPB通算:12年 登299(先発:217) 防3.28(92勝82敗13h)投1463.2 振1269

鳥取城北高校時代 – ( 1995 – 1998 )

「そば」が名物として知られる兵庫県出石町の出身ですが、高校は鳥取にある鳥取城北高校。

能見篤史(鳥取城北高校 )

甲子園出場経験はありません。

3年生の春季大会ではノーヒットノーランを達成。

プロからも注目される存在となりましたが、卒業後は大阪ガスに入社し、野球を続けました。

能見篤史(鳥取城北高校 )

第79回選手権鳥取大会 – (1997 )

回戦 対戦校 勝敗
一回戦 米子工 5-2
二回戦 鳥取西 2-4

大阪ガス時代 – ( 1998 – 2005 )

能見篤史(大阪ガス )

入社当初は故障も多く、ほとんど登板することができない日々が続きました。

そんな能見投手が頭角を現したのが入社5年目のこと。

能見篤史(大阪ガス )

140キロ台のストレートとスライダーやフォークなどを交えた技巧的なピッチングが魅力で、社会人の日本代表になったことも。

能見篤史(ハーレムベースボールウィーク日本代表)

ドラフト会議 – ( 2004 )

能見篤史(阪神タイガース )

そのピッチングが注目を集め、2004年のドラフト自由枠で阪神に入団しました。

能見篤史(阪神タイガース )

ドラフト指名選手 – ( 阪神タイガース )

自由獲得枠 能見 篤史 投手 大阪ガス
自由獲得枠 岡崎 太一 捕手 松下電器
4巡目 橋本 健太郎 投手 日本新薬
5巡目 大橋 雅法 捕手 北陽高
6巡目 赤松 真人 外野手 立命館大学
7巡目 高橋 勇丞 外野手 済美高
8巡目 辻本 賢人 投手 マタデーハイスクール
9巡目 玉置 隆 投手 市立和歌山商業高
10巡目 水落 暢明 投手 信太高

結婚は?– (2005 )

能見投手はすでにご結婚されています。

大阪ガス時代に知り合った彼女と2005年に結婚され、今では2人のお子さんもいらっしゃいます。

能見篤史(嫁:千江子さん )

マウンド上ではポーカーフェイスの能見投手ですが、自宅に帰れば優しいパパであるようです。

また動物も好きだそうで、動物が出てくる番組で涙することも。そこにもマウンドとは違う一面が垣間見れます。

能見篤史(阪神タイガース )

阪神エースとして

今ではすっかり阪神の左のエースとなっている能見投手ですが、入団当初は中継ぎに回ることもありました。

能見篤史(阪神タイガース )

開幕投手回数

3回 (2011・2012・2014)

中継ぎ時代 – ( 2005 – 2008 )

1年目から4勝を挙げましたが、即戦力の期待にはなかなか応えることができず、2年目は登板のほとんどが中継ぎ。

防御率は5点前後と、数字の面でもけして目立つものではありませんでした。

能見篤史(阪神タイガース )

年度別投手成績 – (2005 – 2008)

2004年 (26歳) 阪神自由枠  契約金1億円

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 年俸
2005年(27) 16(先発12) 5.57 41敗1h 64.2 64 1500万
2006年(28) 38(先発2) 4.98 24敗8h 47.0 46 1800万
2007年(29) 23(先発13) 4.38 44敗2h 74.0 51 1800万
2008年(30) 11(先発1) 4.76 00 11.1 10 2000万

先発へ転向 – ( 2009 – 2010 )

能見投手にとって1つの転機となったのは2009年。

能見篤史(阪神タイガース )

故障者が出た影響で、先発ローテーションに加わります。

その年のシーズン後半には安定したピッチングで白星を積み重ね、自身初の2ケタ勝利となる13勝をマークしました。

翌年は故障で離脱している期間もありましたが、8勝負けなしという結果を残しました。

年度別投手成績 – (2003 – 2014)

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 年俸
2009年(31) 28(先発25) 2.62 139 165.0 154 1800万
2010年(32) 12(先発10) 2.60 80 62.1 57 5000万

阪神エースへ – ( 2011 – 2016 )

2011年には自身初の開幕投手を務め、阪神エースの座を射止めると、2012年には172奪三振でセリーグの奪三振王のタイトルを獲得しました。

能見篤史(阪神タイガース )

2013年には11勝を挙げるとともに、先発、中継ぎ、抑えと投手の分業制が一般化する中で、その年のセリーグ最多の6度の完投を達成。

2014年からは3年連続でセリーグ最多の負け数となる不名誉な記録を作りましたが、それでも10勝前後をコンスタントに挙げています。

年度別投手成績 – (2003 – 2014)

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 年俸
2011年(33) 29(先発28) 2.52 129敗1h 200.1 186 5000万
2012年(34) 29(先発27) 2.42 1010 182.0 172 1億0000万
2013年(35) 25(先発25) 2.69 117 180.2 127 1億2000万
2014年(36) 26(先発26) 3.99 913 169.1 151 1億5000万
2015年(37) 27(先発25) 3.72 1113 159.2 125 1億4000万
2016年(38) 26(先発24) 3.67 812敗1h 147.1 126 1億4000万
NPB通算:12年 299(先発217) 3.28 9282敗13h 1463.2 1269 1億3000万

バッティング – ( 2011 – 2016 )

そんな能見投手は打撃が良いことでも知られています。

能見篤史(阪神タイガース )

そのことで、阪神からは能見投手が打席に立つ際の応援歌を独自に作ったほど。

かつてはホームランを放つこともあり、打撃の勝負強さもまた大きな魅力で、相手からすれば怖さのある9番打者でもあるのです。

日本代表歴 – ( 2013 – 2014)

能見篤史(阪神タイガース )WBC日本代表

2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表
2014 日本プロ野球80周年記念試合

WBC投手成績 – (2013)

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 四死球
2013年(35) 4(先発0) 3.52 11 7.2 9 4

タイトル・表彰

最多奪三振 1回 (2012年)
月間MVP 5回 (2010年9月、2011年10月、2013年5月、2013年6月、2014年4月)
JA全農Go・Go賞 1回 (最多奪三振賞:2009年5月)
オールスターゲーム敢闘選手賞 1回 (2012年第1戦)
セ・パ交流戦優秀選手賞 1回 (2013年)
第6回若林忠志賞 2016年

節目の100勝は2017年可能?

能見投手は2016年のシーズンを終えて、プロ通算92勝を挙げています。

左投手であることの宿命なのか、時には中継ぎに回ることもあるなど、必ずしも先発一本でやってきたわけではありません。

能見篤史(阪神タイガース )

それでも2009年の13勝をトップとして、2ケタ勝利を5度達成しています。

今シーズンも先発ローテーションの一角として起用されています。

阪神の左腕先発候補としては岩崎優投手や岩田稔投手といったところが挙げられます。

岩崎 優(いわざき すぐる)- 阪神タイガース (2014 – )

岩崎 優(阪神タイガース )

生年月日 1991年6月19日(25歳)
出身地 静岡県清水市(現静岡市清水区)
身長 185cm
体重 90kg
ポジション 投手
投打 左投左打
プロ入り 清水東高〜国士舘大学〜 阪神2013年 ドラフト6位
2016年成績 登16(先発:13) 防3.63(3勝5敗)投74.1 振59

岩田 稔(いわた みのる)- 阪神タイガース (2006 – )

岩田稔(阪神タイガース )

生年月日 1983年10月31日(33歳)
出身地 大阪府守口市
身長 179cm
体重 94kg
ポジション 投手
投打 左投左打
プロ入り 大阪桐蔭高〜関西大学〜 阪神2005年 希望入団枠
2016年成績 登6(先発:4) 防8.85(0勝3敗)投20.1 振14

それでも能見投手は毎年のようにコンスタントに成績を残すことができるのも大きな魅力。

かつてほど完投する機会は減りましたが今季、勝利の方程式が磐石な阪神投手陣にあって、6回までは試合を作ってくれる能見投手は今季も先発の一角として起用されることでしょう。

能見篤史(阪神タイガース )

阪神タイガース左腕通算勝利数

順位 選手 勝利 在籍
1 江夏 豊 159 1967-1975
2 山本 和行 116 1972-1988
3 能見 篤史 92 2005-
4 井川 慶 86 1998-2006
5 下柳 剛 80 2003-2011
6 湯舟 敏郎 59 1991-2000
7 仲田 幸司 57 1984-1995

今シーズン開幕時点で通算100勝まであと8勝に迫っています。

2009年に13勝をマークして以降、8年連続で8勝以上を挙げている能見投手。

この調子で行けば、今シーズンはすでにプロ通算1500イニングを達成していますが、プロ通算100勝に達成する可能性も十分あるでしょう。

年度別勝利ペース

2005 4
2006 2
2007 4
2008 0
2009 13
2010 8
2011 12
2012 10
2013 11
2014 9
2015 11
2016 8
通算12 年間平均 9.2

能見投手が今季引退?

ところで、能見投手といえば、今季限りで引退するのではないかという噂をちらほらと耳にします。

今年で38歳という年齢もあり、1年1年が勝負の年になっているのは間違いありません。

しかし、今も先発の一角として起用され、けして目だって成績が落ち込んでいるわけでもありません。

チームにとっては貴重な左投手。

すぐに引退ということはないのではないでしょうか。

まとめ

通算100勝が目前に迫ってきた能見投手。

先発、中継ぎにとフル回転で過ごしてきたプロ生活。

その中でも、まもなくプロ通算100勝という数字が見えてきました。

阪神先発ローテーション左腕、ベテランの味のある投球で、毎年、ある程度の成績を残してくれる貴重な存在。

ベテランがどこまで勝利を積み重ね、早い段階で100勝達成できるか、それは阪神の今シーズンの悲願の優勝の可能性をも左右するかもしれません。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク