ヤクルト・ブキャナン投手の成績・年俸は?

セリーグでも屈指の打線を誇る東京ヤクルトが、2年ぶりのペナント奪還のためには、投手力を高めることがポイントとなります。

その戦力として、今季新加入したデビット・ブキャナン投手。

過去にどのような成績を残しているのでしょうか。

そして日本では活躍できるでしょうか。

スポンサーリンク
アドバンク大

デビット・ブキャナン投手の生い立ち

ブキャナン投手は1989年5月11日生まれで、もうすぐ歳となる投手。

アメリカのジョージア州、五輪も開催されたことがあるアトランタ出身です。

デビット・ブキャナン -東京ヤクルトスワローズ (2017 – )

デビット・ブキャナン(東京ヤクルトスワローズ )

生年月日 1989年5月11日(歳)
出身地 アメリカ合衆国テキサス州オースティン
身長 191cm
体重 91kg
ポジション 投手
投打 右投右打
MLB初出場 2014年5月24日 ロサンゼルス・ドジャース戦
2016年:AAA成績 登27(先発:26) 防3.98(10勝9敗)投167.1 振95

7人兄弟という大家族の中で育ちました。

191cmの長身投手で、プロ入りしたのは2010年のこと。

実はその前年にニューヨーク・メッツから指名されるも拒否し、翌年フィリーズに入団したという経緯があります。

結婚はしている?

そんなブキャナン投手は昨年11月に結婚したばかりの新婚さん。

デビット・ブキャナン(東京ヤクルトスワローズ )

お相手は小学校の先生をされているアシュリーさんですが、これが本当に美人なんです。

まだ新婚さんですから、お子さんはいらっしゃらないようです。

どんな投手?野球経歴は?

日本にやってくる外国人選手は、メジャー球団を多く渡り歩いているケースが多いのですが、ブキャナン投手は入団からずっとフィリーズ一筋。

フィリーズ時代  – (2010 – 2016)

ブキャナン(東京ヤクルト)

ブキャナン投手のストレートは最速で151キロ。

微妙に動かしながら相手バッターの芯を外し、チェンジアップやカーブなどで緩急をつけるピッチングが持ち味です。

プロ入り後はマイナーでの生活が続きましたが、その役割は先発が中心。

マイナー年度別投手成績 – (2010 – 2016)

年度 階級 登板(先発) 防御率 勝敗 投球回
2010年(21) A-級 13(13) 2.79 31 62.0
2011年(22) A級
A+級
20(20)
6(6)
4.53
4.53
115
32
125.0
32.1
2012年(23) AA級 12(12) 3.29 35 72.1
2013年(24) AA級
AAA級
22(22)
6(6)
4.53
4.53
611
42
130.2
39.0
2014年(25) AAA級 12(12) 3.29 62 57.0
2015年(26) RK級
AAA級
2(2)
10(10)
4.53
4.53
10
42
9.0
54.2
2016年(27) AAA級 27(26) 3.29 109 167.1
マイナー通算 130(129) 4.53 5139 157.0
AAA通算 55(54) 3.29 2415 177.2

2014年に初めてメジャーに昇格し、20試合に先発して6勝8敗の成績を残しました。

年俸もこの年のオフに6000万円程度となっており、ブキャナン投手にとってはキャリアハイの成績となっています。

デビット・ブキャナン(フィラデルフィア・フィリーズ )

2015年には15試合に先発し、2勝9敗、防御率6.99と成績を落とし、昨年はメジャー昇格はなく、3Aで27試合に登板。

そのうち26試合で先発、10勝9敗の成績を収めています。

コントロールもまずまずで、変化球も多彩であるため、非常に実戦的な投手であり、日本向きといえるかもしれません。

MLB年度別投手成績 – (2014 – 2015)

年度 登板/先発 防御率 勝敗 投球回 三振
2014年(25) 20(20) 3.75 68 117.2 71
2015年(26) 15(15) 6.99 29 74.2 44
MLB通算 35(35) 5.01 817 192.1 115

開幕絶好調!年間通して活躍はあるか?

メジャー、マイナーを通じて、中継ぎで投げたのはわずか1試合というほどの先発専門の投手。

当然ながら東京ヤクルトに移籍しても、先発での起用が中心となるでしょう。

デビット・ブキャナン(東京ヤクルトスワローズ )

オープン戦でも2試合に登板して、合計9イニングで2失点。

四球も3つで持ち味であるコントロールの良さが表れています。

オープン戦投手成績 – (2017)

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 四球
2017年(27) 2 2.00 0勝0敗 9.0 4 3

そしてシーズンに入ってからも絶好調。

来日初登板となった4月4日の阪神戦では、いきなり8回1失点の好投で来日初勝利を手にしました。

デビット・ブキャナン(東京ヤクルトスワローズ )

ヤクルト、バレ乱闘退場も逃げ切り! ブキャナンが8回1失点で来日初勝利
(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、1回戦、4日、京セラ)ヤクルトが競り勝った。一回、制球の定まらない阪神先発の藤浪晋太郎を攻め、二死一、二塁から5番・雄平が、左前にポテン適時打で先制。三回にはウラディミール・バレンティン外野手(32)が中堅5階席に推定飛距離140メートルの特大弾を放った。騒然となったのは五回。藤浪が畠山の左肩付近へ死球を与え、両軍の首脳陣、選手が入り乱れる乱闘騒ぎに。グラウンドに飛び出して怒ったバレンティンが阪神・矢野コーチを突き飛ばし、退場処分に。矢野コーチもジャンピングニーパッドで“応戦”し、退場処分を受けた。球審は両軍に警告試合を宣告した。主砲がベンチに下がったヤクルトだが、九回に1点を追加。新助っ人右腕のブキャナンは8回5安打1失点と好投し、来日初勝利を飾った。

その後も、安定したコントロールのあるピッチングで試合を作っています。

同じく今季加入したオーレンドルフ投手も先発として期待されており、外国人枠の関係上、ライバルになります。

ロス・オーレンドルフ -東京ヤクルトスワローズ (2017 – )

オーレンドルフ(東京ヤクルト)

生年月日 1982年8月8日(歳)
出身地 アメリカ合衆国テキサス州オースティン
身長 193cm
体重 109kg
ポジション 投手
投打 右投右打
MLB初出場 2007年
2016年:MLB成績 登64(先発:0) 防4.66(5勝7敗2s3h)投65.2 振68

ブキャナン投手の場合、緩急をつけ、コントロールのあるピッチングが持ち味であるため、日本に適応するのも早いのではないでしょうか。

実際、来日初のマウンドでも冷静なピッチングを見せており、東京ヤクルトの先発の戦力アップに十分貢献しています。

年間10勝以上の期待もできるのではないでしょうか。

2017年先発投手陣  – ( 2016年成績 )

選手 登板 防御率 投球回 三振 WHIP
石川 雅規 20(先発20) 4.47 8 8 116.2 52 1.35
小川 泰弘 25(先発25) 4.50 8 9 158.0 114 1.27
山中 浩史 22(先発22) 3.54 6 12 140.0 54 1.13
館山 昌平 10(先発9) 3.84 1 4 46.0 33 1.98
原 樹理 13(先発13) 5.91 2 8 67.0 33 1.57
オーレンドルフ(MLB成績) 64(先発0) 4.66 5 7 65.2 68 1.39
ブキャナン(AAA成績) 27(先発26) 3.29 10 9 167.1 95 1.21

まとめ

東京ヤクルトの課題は投手陣。

その戦力補強として獲得したブキャナン投手は、ここまで日本の野球に早くも順応し、高い安定感を見せています。

もしブキャナン投手がシーズンで10勝以上挙げられるようになってくると、東京ヤクルトとしても大きな戦力となりV奪還の糸口も見えてくるでしょう。

順応性が高いブキャナン投手の今後の活躍が期待されます。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク