ロッテ二木康太|初オールスターでエース格に成長!?

オールスターゲーム初出場することになった千葉ロッテ・二木康太投手。

最下位に沈み、低迷しているチームの中で、プロ4年目の右腕が昨シーズンから1軍に台頭。

そして今年、オールスターのメンバーにも選ばれました。

躍動する若き右腕・二木康太投手はこれからロッテのエースとなれるのでしょうか。

スポンサーリンク
アドバンク大

二木康太の経歴・生い立ち

将来の千葉ロッテのエースとして期待される二木康太投手は、現在歳。

プロ4年目の投手です。

二木 康太(ふたき こうた)- 千葉ロッテマリーンズ (2014 – )

二木康太(千葉ロッテマリーンズ)

生年月日 1995年8月1日(歳)
出身地 鹿児島県霧島市
身長 187cm
体重 85kg
ポジション 投手
投打 右投右打
プロ入り 鹿児島情報高等学校〜ロッテ2013年 ドラフト6位
NPB通算:2年 登23(先発:22) 防5.19(7勝9敗)投121.1 振84

鹿児島県出身の二木投手が野球を始めたのは、小学5年と比較的遅めです。

中学進学後は地元の中学の軟式野球部に所属しこの頃からピッチャーとしてプレー。

卒業後は鹿児島情報高校に進学。

鹿児島情報高校時代 鹿児島県 – ( 2011- 2014 )

1年秋にはエース格となりました。

二木康太(千葉ロッテマリーンズ)鹿児島情報高等学校

2年秋には野球部創設以来初めてとなる県大会優勝を経験。

二木康太(千葉ロッテマリーンズ)鹿児島情報高等学校

その原動力となったことで、プロからも注目される存在となりました。

身長187cmという長身から、当時は143キロの速球と変化球、抜群のコントロールが持ち味。

二木康太(千葉ロッテマリーンズ)鹿児島情報高等学校

3年最後の夏は、準決勝・樟南高にやぶれ甲子園出場経験は無し。

第95回選手権鹿児島大会 -甲子園投手成績 (2013 )

回戦・対戦校 投球回数 被安打 奪三振数 与四死球数 自責点
二回戦 鹿児島城西 4-0 9.0 6 9 1 0
三回戦 喜界 10-1 8.0 5 6 2 1
四回戦 鹿屋 0-4 8.0 8 8 4 1
準々決勝 神村学園 5-4 9.0 6 6 1 4
準決勝 樟南 1-5 9.0 6 4 1 5
計5 防:2.30 43.0 31 33 9 11

ドラフト会議 – ( 2013 )

2013年ドラフト会議で、6位という下位指名で千葉ロッテに入団しました。

二木康太(千葉ロッテマリーンズ)ドラフト6位
▲ 1列左)2013年千葉ロッテ6位(契約金2000万円、年俸500万円、背番号64)

ドラフト指名選手 – ( 千葉ロッテマリーンズ )

1位 石川 歩 投手 東京ガス
2位 吉田 裕太 捕手 立正大学
3位 三木 亮 内野手 上武大学
4位 吉原 正平 投手 日本生命
5位 井上 晴哉 内野手 日本生命
6位 二木 康太 投手 鹿児島情報高

彼女は? – ( 2017 )

そんな二木投手ですが、彼女がいるという情報はありませんが、AKB48の柏木由紀さんの大ファンであることを公言しています。

二木康太(千葉ロッテマリーンズ)

出身も同じ鹿児島というところも、魅力を感じたようです。

しかも、昨年は「新人王を取ったら対談してほしい」と希望を語り、球団側もその準備をしていたほど。

柏木由紀「実現して」ロッテ二木新人王でご褒美対談 2016年3月29日
AKB48の柏木由紀(24)が29日、ロッテ二木康太投手(20)との対談実現を願った。
30日の楽天戦で、二木はプロ初先発の予定。28日の練習後、今季新人王を獲得できれば、球団からの“ご褒美”として、同じ鹿児島出身の柏木との対談を希望していた。報道を受け、柏木がこの日、ツイッターで「びっくりうれしい! 二木選手頑張ってください… ぜひ対談実現してほしいなぁ。お時間あったらぜひソロツアーも来ていただけたらうれしいな…」とつぶやいた。

残念ながら新人王は獲得できませんでしたが、今後、活躍次第では夢の退団が実現するかもしれませんね。

二木康太のプロ入り後の野球人生は?

長身から投げ下ろす150キロ近い速球と、スライダー、カーブ、フォーク、シンカーなどといった多彩な変化球を持っているのが特徴です。

しかも、コントロールの精度が非常に良く、コーナーにズバッとストレートや変化球やストレートを決められるテクニックを持ち合わせています。

エースになれる素養は十分にある投手です。

ルーキー時代〜 – ( 2014 – 2015 )

入団後、コーチ陣からはその素質を高く評価され、1年目から2軍で実戦経験を積みました。

二木康太(千葉ロッテマリーンズ)

イースタン年度別投手成績 – (2014 )

2013年 (18歳) ロッテドラフト6位  契約金2,000万円

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 年俸
2014年(19) 2 4.50 00 2.0 0 500万
2015年(20) 26 3.45 33 94.0 64 500万

2015年の9月には早くも1軍昇格。

二木康太(千葉ロッテマリーンズ)

10月5日の日本ハム戦で2番手で登板し、5回1失点という好投を披露しました。

この年はこの1試合の登板で終わりました。

二木康太(千葉ロッテマリーンズ)

1軍-年度別投手成績 – (2015)

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 被安打
2015年(20) 1(先発0) 1.80 00 5.0 3 4

入団3年目 – ( 2016 )

2016年は開幕からローテーション入りを果たします。

二木康太(千葉ロッテマリーンズ)

同シーズン22試合に登板し、プロ初勝利を含む7勝をマーク。

一気にその素質が花開いたのです。

二木康太(千葉ロッテマリーンズ)

年度別投手成績 – (2016)

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 年俸
2016年(21) 22(先発21) 5.34 79 116.1 81 540万
NPB通算:2年 23(先発21) 5.19 79 121.1 84 1800万

チーム内ではエース石川歩投手、涌井秀章投手、スタンリッジ投手に次ぐ7勝を挙げ2017年は更に期待が高まります。

ロッテ先発投手陣 – (2016年成績)

登板(先発) 選手 防御率 投球回数 三振
23(23) 石川 歩 2.16 14 5 162.1 104
26(26) 涌井 秀章 3.01 10 7 188.2 118
27(27) スタンリッジ 3.56 8 8 162.0 99
22(21) 二木 康太 5.34 7 9 116.1 81
15(15) 唐川 侑己 2.84 6 6 88.2 64
16(16) 関谷 亮太 5.52 5 6 88.0 58

チーム五木 – ( 2010 )

ところで、二木投手といえば、同じチームメイトの三木亮選手と、二木と三木で「チーム五木」を結成しています。

三木亮選手とは、同じ年のドラフトで入団した「同期」。

二木投手は高卒、三木選手は大卒で入団。

年齢は違うのですが、2人で同時にお立ち台に立つことを目標にしています。

チーム五木(千葉ロッテマリーンズ)

2017年4月29日、二木投手が今季初勝利を挙げ、三木選手が1号本塁打を放ち、「チーム五木」の活躍で勝利し。

目標達成のチャンスがあったのですが、敵地での試合だったために、それは実現せず…。

しかし、この調子でいけば、実現する日も遠くはないでしょうね。

チーム五木(千葉ロッテマリーンズ)

ロッテ二木+三木=五木!薮田ガッツ継承
ロッテに新人2人の異色ユニットが誕生した。ドラフト3位の三木亮内野手(22=上武大)と同6位の二木(ふたき)康太投手(18=鹿児島情報)が10日、「チーム五木」を結成した。三木の「三」と、二木の「二」を足して「五木」。ロッテ浦和球場で行われた新人合同自主トレの2日目は、いつの日か2人でお立ち台に上がることを目標にタッグを組んだ。
即戦力内野手の三木と将来性が買われる投手の二木。接点の薄そうな2人だが、同期入団となったのは運命だったのかもしれない。三木は「同じような名前が同期にいるのには縁を感じる」と言った。そして「いつか2人でお立ち台に立てればと思う。ニキミキコンビ。いや、チーム五木でいこう」と後輩に呼び掛けた。二木も「いつか一緒に1軍で活躍したいと思う」と喜んで応じた。「チーム五木」誕生の瞬間だった。

初オールスターでエース格に成長か?

2016年シーズン、7勝をマークして、1軍定着の足がかりを作った二木投手。

2017年シーズンも先発ローテーションに入り、奮闘しています。

二木康太(千葉ロッテマリーンズ)

オープン戦成績 – (2017 )

年度 登板 防御率 勝敗 投球回 三振 四球
2017年(21) 1(先発0) 0.00 00 4.0 4 1

4月29日に今季初勝利を挙げ、そこから勝ち負けがつかない試合もありましたが、4連勝を飾った時期もありました。

チームが低迷する中でも、勝ち星を挙げています。

安定したコントロールを武器に、昨年よりも防御率は良くなっており、一層の成長を感じさせます。

月別投手成績 -(2017.07.11まで)

試合数 打率
4 2 防2.45(1勝0敗)投14.2 振13
5 4 防2.25(2勝0敗)投24.0 振22
6 3 防4.20(1勝1敗)投15.0 振15
7 2 防13.50(0勝2敗)投8.0 振8

チーム内にはルーキーの佐々木千隼投手や関谷亮太投手といったライバルいますが、その中でもコントロールの安定感は群を抜いています。

注目のルーキー佐々木千隼ロッテドラフト1位の実力は?
外れドラフト1位ながら5球団が競合した桜美林大学の佐々木千隼投手。 注目された進路は千葉ロッテマリーンズに決まりました。 今季の...
ロッテ関谷亮太投手!2017年今季先発の柱になれるか?
昨年のルーキー・関谷亮太投手。 社会人から即戦力として千葉ロッテに入団し、1年目から先発で5勝を挙げ、今季の飛躍が期待される右腕です。...

今ではチームに欠かせない先発の一角を担っています。

そしてオールスターにも監督推薦で選ばれました。

その素質はパリーグの他球団の選手や監督も認めているということでしょう。

まとめ

最下位に沈んでいるチームですが、二木投手の活躍は今後へ向けての大きな期待となっていることでしょう。

昨年は前半戦こそ好調でしたが、後半には息切れしてしまい、思うように勝ち星が伸びませんでした。

今年はシーズン通して、先発として投げることができれば、2ケタ勝利も視野に入ってくることでしょう。

そうなってくれば、エースに上り詰める可能性も、そしてあの憧れの柏木由紀さんと対談できる可能性も膨らんでくるでしょう。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク